超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

THE NOVEMBERS「To(melt into)」全曲レビューその1「永遠の複製」

2011-09-04 15:41:18 | THE NOVEMBERS 全曲レビュー





THE NOVEMBERS「To(melt into)」全曲レビュー・・・って事で
先日シングルの4曲を終えましたので次はアルバムの全曲レビューに着手します。
このフルアルバムの方なんですけど、
すっごくいいんですよ(笑)。
聴けば聴くほど味が出る、楽曲の意味を理解していくって方向性の内容で
「Misstopia」ほどのポップさはないけど
発売から1ヶ月経った今、それに匹敵するくらいの名盤だとも思えて来ました。詞の出来が相当良いです。
恐らく不満だとかモヤモヤ抱えて生きてる人間にとっちゃある種の救いになるんじゃないかな。

という訳で、一曲目いきます。





1.永遠の複製




「始まってすぐにしくじって リセットボタン探す馬鹿がいて」

このタイトルからして
どういう内容の楽曲か想像は付くと思うんですけど
不穏でありながらどこかエキゾチックな匂いもするスリリングなアレンジに
不気味に勢いを増す歌のエネルギーが非常に快感もので
生で聴いても気持ち良いし
音源で聴いても気持ち良いし。
ライブだとスピード感を増して奏でられていたんですが
音源だとジワジワと蝕んでいく感じでどっちも種類の違う良さがあるっていう印象で
その意味では一粒で二度おいしい的な・・・。
あくまで先日行ったライブアレンジの印象でしかないのですが
あれは凄く新鮮でカタルシスがあったのでね。

毎日は同じ事の繰り返し、とはよく言われるものですが
その実本当に同じ事なんてないって思うんです。同じようでも何かが変わってることは間違いない
けれど、それもまた意識の持ちようなんですよね。
同じだと思えば同じだし
思わなかったら当然違うものだし。
自分が動かなくなっても明日は来るだとか
今日も無事に一日終わったな、だとか
それもまた幻想に過ぎないって思うんです。本当に今日は終わったの?
今日を終われるほど立派な事をしたのか
そこに悔いはないのか?
明日は来る、っていっても、そこで何もしなければ、結局「今日」を量産してる事と同じなんです。
同じ毎日云々っていうのは、同じ事しかしてないから同じに見えるんです。
そこから一歩抜け出そうとすれば、
何かを、意識を変えようとすれば、
同じように見えても、心で感じるものや、結果だって違ってくると思う。
でもそこに向かうことがこれ以上ないくらい難しかったりするんですよね。
何かの漫画やアニメの話じゃないですけど
結局人間は自分の出来る範囲の事しかやれなくなってしまうから、無限ループを繰り返してるのと
この日常って実はあんまり変わらないと思っていて
誰かの命令だったり、
世間の誘導だったり、そんなもので受動的に生きてるって事実も変わらなくて。

何かをやめたり、諦めたりする事は簡単だし
時には重要だとも思うけど
それやったらやったで、次の苦悩が待っているんですよ。そこから逃れられる事なんて永遠に出来ないし
辞めたら辞めたで、また次の苦難の入り口が待ち構えていて
そこに入らざるを得ない。
そんな流動的に続く毎日に、どれだけ爪痕だったり、足跡を残せるかどうか。
少しでも自分なりに抗えるかどうか。

明日は来るさ、といっても
同じ事繰り返してちゃ、それは今日をもう一度やるのと同じだよ、と。
そんな事が言いたい曲、って個人的には解釈してます。
それを、かなりキツイ言葉と不穏なアレンジでまくしたてて聴かせてるので
その辺も結構にヘビーで教訓を感じざるを得ない曲だなあ、とも思います。一曲目として勢いもあって良い。





【もう帰るから心配しないで
 でも帰るまで安心しないで】


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-15 第9話「部長Xファイル... | トップ | 花咲くいろは 第23話 「夢... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

THE NOVEMBERS 全曲レビュー」カテゴリの最新記事