超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

marble 空中迷路vol.18「ゆるmarble忘年会」~今年はお試し2Days~@新宿SACT! 13.12.27

2013-12-28 14:55:02 | ライブレポ



















前更新の地続きで、今度は二日目のレポートです!

















メルマガだとセットリストはそこまで違わないっぽい感じでしたが
実際行ったら流れが違っていたりこの日だけの曲があったり正直満足度高かったですね
個人的に二日間行って良かったなあ・・・とつくづく思いました
今年はこれでmarbleのライブ収めですけど、既に来年2月にワンマンも決まってるので早くも先が楽しみ。
昨日に引き続いて感想を書きたいと思います 宜しければ初日のレポートも是非読んで下さいね。














この日はSACT!の開演前SEの調子が悪くて音が飛びまくっていました
トークコーナーのBGMを若干心配しましたがその頃には飛んでなかったと思うので良かったです
しかしあそこまで音飛びまくってると不協和音にしか聞こえないのが何とも(笑
原曲がどれも素晴らしいだけに。

一曲目は「a faint sound~」からゆったりと静謐な始まり
流石の歌の上手さを感じつつ前日よりもギターは渋めに鳴らされてた印象
そして「流星レコード」~「つつまれて」と沁み入るような楽曲を連発
後者はmiccoさんの父親に対する想いが反映された曲でもあります
私自身父親は健在ではあるんですけど、もう二度と会えない人達を想起しながら聞いていました
この曲は「会いたい、でも会えないのは既に分かってる」って半分は悟っている大人っぽさが何とも素敵です
でもそんな風に思い描けるシーンの数々に気が付かない内に背中を押されてるのかもしれません。
この曲はシングルでも良さそうな曲ですね、改めて。

デビュー曲「芽生えドライブ」を披露した後に
「唯一北海道で(TVから)流れた曲」という事で「空中迷路」
この曲は個人的にmarbleで一番好きな曲なのでここで聴けて嬉しかった
前日行かなければ久々の「clover」は聴けなかったし
この日行かなければ一番大好きな「空中迷路」は聴けなかった
同じコンセプトのライブでもマメにセトリや曲順を変えて両方行く人でも新鮮に楽しめるようにしてくれる
そんなサービス精神に感謝しつつ・・・やっぱりこの曲のメロディと歌詞は至高ですね
私は楽観的な歌詞より能動的な歌詞の方が好きなのでこういう曲はかなり好みなんです
ワンフレーズ毎に伝わるエネルギーとコーラスワークの美しさに陶酔しつつ
また機会があればやって欲しいな、と
オシャレかつグッと来るバランスが好きです。

鉄板の「初恋limited」で盛り上がった後に恒例のトークコーナーに突入。


この日は順序を入れ替えてまず「2013年走ったこと」から
相変わらずライブ関連の話題が多くてファンの熱さが伝わって来ましたが
実際大阪のライブで東京でよく見る顔を見ると菊池さん曰く「心強かった」そうです
でも別の場所でライブを観るのって新鮮で楽しいですし、来年は久々に遠征もしてみたいですね

ちなみにこのブログにコメントをよく頂ける&marbleライブレポをツイートして下さる
きょむりんさんの回答が読まれてて嬉しかったです 六本木ケントス以来でしょうか・・・?
この日も長崎から来てる人もいるそうでそりゃ即日完売になるわ、と(笑
「たまゆら」のくじを120回引いたとか
東京から広島までバイクで13時間とか・・・
凄い人達もいるもんですね(笑 私は昨日読まれましたが内容は一応伏せます。恥ずかしいので。

一年を振り返るコーナーでは「たまゆら」に再び出演した事に触れて、
菊池さん「Blu-Rayでは実写になってますから。」
miccoさん「いやいや、そういう嘘言わないで(笑)」と
突然菊池さんがボケをかましたのが個人的に面白かったですね(笑)。
こういう二人中心のライブだとたまに菊池さんがボケ側のコメントを出すのが楽しい。

このシリーズの初回から来ている方がいたり、
marbleのファンはずっと応援しているような人が多いですね
バースデイライブも是非ソールドしてみんなで楽しめたらいいな、と。
菊池さんのバースデーライブは「覚えてたらやる。」そうです。
菊池さんのバースデーライブやるとしたら歌は必須だと思いますが・・・(笑)。


トークコーナー後はお馴染みPatさんを加えて3人体制でライブ再開
新曲の「ねがいごと」が既に名曲だと感じられるクオリティと熱量で・・・
願いが叶う、んじゃなくてまず砕け散るっていうのが地に足が付いていて素敵でした
ポップで口ずさみやすいメロディに不穏な言葉を混ぜることでバランスを取る上手さは健在ですね。

「未来スコープ」はライブで聴く度に良くなってるなあ、と感じる曲です
ファンを想って作った曲だけに相応の熱量と思いの丈を感じさせるのがイイんですが
ふんわりとした始まりからサビで一気にストレートに弾けるメリハリも個人的に大好きだな、と
「不器用な落書き」って言葉も何気に自分に当てはまるので感情移入しつつ、聴く。

north piccoの「ぐるぐる」をまさかの披露
やっぱりこの曲は程好くノスタルジックで気持ちの良い曲だなあ、と
Patさんの奏でる音色も気合が入っていてとても鮮やかでした。
 最後はその熱量を保ったまま「さくらさくら咲く~」で本編は締め
この曲はアコースティックでやると原曲以上に素朴になって、
なんだか青春映画の主題歌にも出来そうなくらいの爽やかな情景が浮かびますね
バンドで盛り上がるのもいいけど、アコースティックでやっても違った良さが滲み出る楽曲です
正直凄く心地の良いラストでした。ありがとうございました。


アンコールでは中島愛の「神様のいたずら」をカバー
昨日はインディーズ時代(手のひら)の歌い方を想起させるような選曲でしたが
この日は王道のバラッドを選曲 オリジナルと言われても違和感のない仕上がりで良かったです。

そういえばアンコール前にアドリブでオリジナルソングをPatさんと菊池さんで披露してましたが
最終的にmiccoさんも入って「マブ達ありがとう~♪」ってワンソングに仕上がってたのが面白かった
ああいうフリーダムな感じもこのライブイベントっぽいな、と(笑

最後の最後は昨日本編最後だった「君とうたう。」で終了
後半の「ララララ♪」の部分は無条件で楽しくなれる多幸感があるな、と
「Lingering Fizz」とはまた別の意味で会場の一体感を受けられる楽曲ですね
ああいう狭いハコでみんなが楽しそうに歌ってる風景が好きです。


終了から間を置かずにmiccoさんと菊池さん客席に登場
このイベント限定であろうカレンダーにサインしてもらい感想を伝えて会場を後にしました
今年は二日間あってたっぷりと温かいエネルギーを貰う事が出来て凄く幸せでした。
この日は後半の熱量が特に印象に残りつつ大好きな「空中迷路」を聴けたのが嬉しかったですね。
















セットリスト
1.a faint sound~随分と時間が経ってしまったようで~
2.流星レコード
3.つつまれて
4.芽生えドライブ
5.空中迷路
6.初恋limited
7.ねがいごと(新曲)
8.未来スコープ
9.ぐるぐる(north picco)
10.さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~

アンコール
11.神様のいたずら
12.君とうたう。












そういえばこの日のプレゼントコーナーは久々に当たりました・・・(笑
手袋でしたが、何気にmiccoさん袋も渡してくれた事に優しさを感じました。
来年のライブ活動、リリースにも大いに期待ですね。二日間すっげえ楽しかったです!



コメント (2)