超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏休みのエリナ 簡易感想ほか(週刊少年ジャンプ 2014年 4・5号)

2013-12-21 14:16:11 | クロス・マネジ(WJ系)



















瓶子イジりすんなら「幕張」レベルじゃないと。
未だにああいうのが出てきて欲しい幻想があるなあ。
















■夏休みのエリナ

よく「色恋沙汰にかまけて~」とかそういう台詞あるけど、
実際のところ色恋沙汰にかまけないと色々とやっていけないですよね(笑
色恋沙汰にかまけた結果こうやって生命があるわけですしね。まあ彼女はまだ若いし
これから幾らでもチャンスはあるだろうし、問題はそれが創真なのか?って事だけですね
個人的にはアリスか田所ちゃんが良いんだけど、まあ本格的にデレてないから発揮はこれからなのかな。

それにしてもやっぱりえりなよりもアリスのが私的には好きだな~、なんて思いました(笑
どっちも態度は不敵なんだけど、アリスはそこに不思議な愛嬌が付随してる感じ
そんな彼女の笑顔や水着カットを見れただけでも眼福な番外編でした
あ、でもタオルにくるまってるえりなは可愛かったかも(笑
今度は二人の子供時代のお話も・・・って
作中でも言われてたけど何気に仲悪くないよね、この二人。




■ニセコイ

「すげえなお前!!」のコマが何となくスケットダンスっぽい、
っていうかツッコミ自体に微妙にスケットの影響を垣間見ました(あくまで個人的な感想)

もっと言えば、スケットダンス無き今最もスケットに近いポジションをキープしてる漫画なのかも
深く掘り下げれば「ボンボン坂高校演劇部」ポジションというか・・・。
基本コメディでたまに恋愛要素に着手する、
そう考えると良い具合に伝統を引き継いでる気もするから不思議ですね
今週の話もあんまり恋愛に関係ないコメディでしたけど
ネタ元自体はラブコメっぽいネタ元だったのでさり気に「っぽさ」はそこはかとなく味わえましたし
これはこれで悪くないのかもしれないですね。というか結構純粋に面白かった。

あと、やっぱり千棘が一番可愛い!私服センスいいね。




■ニューカマーギャグ祭

伊原大貴のは毎回なんでこんなに性的なんでしょう
性的というか、思春期を感じさせるエピソードというか・・・。
個人的にはスクエアあたりで思春期ギャグを、或いは青年誌でもいいからやって欲しいですね
この人は本当にいつも飛び抜けててイイですね 観寺さんはもっとキャラものに吹っ切れてもいいのかなと。




■HACHI-東京23宮-

仲間の死、という犠牲まで使って突き詰めた地図が無効化か
そりゃ確かに絶望感ありますわな というよりも虚無感に近いのか
アポロンは無邪気な悪っぽくて中々にキャラ立ちしてますね
前回が明らかな噛ませだっただけに今回はアポロンにも何かしらの感情が抱ければいいなあ。
取り敢えずは白紙に戻った状態でどれだけ抵抗出来るか、ですね

それにしても毎回思うけどやっぱ個性的な絵柄ですね
中性的というか、男性っぽくも女性っぽくもある感じ
大手振って応援するほど夢中にはなってないけど、密かに生き残らないかな、って思ってます(笑)。



■こち亀

千葉には「船橋ソースラーメン」っていうのがあるんですよ。
いつか取り上げてくれないかな。いや、その前に食った事ないんですが。















ミウラタダヒロ、そっち方面行っちゃうかー。
お色気ラブコメが再び普及すんのがまた遠くなっちゃって残念だ。
高山としのりに期待ですな。

それにしても最近ラブコメ→新ジャンルに挑戦って流れが結構本格的になって来ましたね
それを思うともりしげさんみたいな方は個人的にありがたい
でも林崎文博みたいにまた戻ってくるパターンもありますけど。
それはそれで嬉しいですけどね。個人的にはやっぱり恋愛ものの方が好きなので。



コメント