超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LOST IN TIME「LIFE IS WONDER」全曲レビューその2「遠すぎた橋」

2013-12-10 20:38:26 | LOST IN TIME 全曲レビュー




















2.遠すぎた橋




















しんしんと降り積もる雪のようなアルペジオと、清廉なるサウンドの美しい調和
そこに海北大輔独特の透明感のある青年感溢れる歌声が乗っかって唯一無二の聴き心地を与える一曲
一音一音から伝わってくる繊細且つシリアスな感情に思わず襟を正してしまうようなそんな曲
基本的には心の中のナイーブな部分をナイーブに歌う曲なんですが
途中で一気に心情を激しめに吐露するパートもあったり、
かと思えば最後は透明感、というよりは少し複雑な匂いを漂わせて良い意味で後味悪く曲は終わったり
(良い意味で後味悪い~って言い方は随分アレですけど 笑 
 要するに少し考えさせられる余韻を残して終わる感じ)
一曲の中で様々な感情が蠢いているような楽曲ですね
本当は口に出せない、出しちゃいけないと思ってるのに心の中で反芻する言葉達、
本当は向き合わなきゃいけない、無関心じゃいけないのに臆病にひれ伏してしまう自分
そして、時々耐えられなくなるくらいに「正しい」この世界に対する憎しみや憤りにも似た感情。

とどのつまり、言葉では上手く表しきれない感情であり
解決の糸口もなく、解決しようとも思わない、だけどどうしても気にしてしまう心のモヤモヤ・・・
そういう気持ちの宛てのない心情をじっくりと歌ってくれている曲だと私は解釈しています
それぞれ心の奥に隠して嫌われたくないから言わない多数の事柄、
みっともないから口に出せない醜い弱音、
悔しくなるくらいに渡せない遠すぎた橋の数々・・・
しかも、それをどうにかしよう、とか前向きになろう、とかそういう方向性で終わる訳でもなく
最後の最後まで気持ちの底に沈んだままで終わるのがまた安易にポジティブでもなくいいですね
それでも「書き留める託すべき愛を」と、「それでも」の感情が歌われてるのがこの歌唯一の救いかな
本当は出したいけど出せない醜い気持ちに心を焦がされながらも、だからといって動く事はやめない
それでも「すべき」事は確かに目の前にあって、そうしたい気持ちもあって。
それだけが今の自分が握れる手綱であり希望。

そう考えると、最悪の状況を示唆しつつもそこから一歩進ませる為のナンバーなのかもしれません。
いかにも重苦しい曲のように書いてますが前述のように歌声は透明感あって青年っぽくてアレンジさわやか
要するにスルっと入ってきて深く根を張るタイプの楽曲だと思いますね
今まで棄ててきたもの
棄ててきた感情
その総てに申し訳なく思う気持ち
それでもそれを糧に今も歩まんとする気持ち・・・
人生は、あなたが考えているよりもずっとシリアスなものなんだよ、って
自覚させるための曲でもあるのかも そして自覚したからこそ今すべき事にも力が灯る。
私個人的にはそんな風に勝手に感じているナンバーです。ライブでの想像以上の迫力も凄かった。


「努力」「頑張る」という行為に勤しめどそれが必ず実を結ぶとは限らない
「努力」「頑張る」では到達出来ないポイントを知った時の絶望は計り知れません
そこで力尽きるのも一つの選択肢ではありますが
一度悲しみに浸り切って、
「負けた」「ひれ伏した」ことを自覚して
散々自分の中のモヤモヤと一緒に過ごしてあげた先に、また一歩進める「余白」が生まれる
無理矢理明るく誤魔化すんじゃなく、「届かなかった」「渡せなかった」という事実を自覚すること
そこからまた「やってやる!」という強い気持ちが生まれていくのもまた事実
こういう曲を聴いてると一種のセラピーのようなものであると同時に
自分の弱さを自覚する事って大切なんだなあ・・・としみじみと思います。その上で、何をすべきか。
そんなメッセージもまた含まれているような気もする渾身のミディアム・ソング。

無駄にしてきたいくつもの何かや、感情を忘れない為に。













「忘れ行く事すべてに懺悔を」





コメント