超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サクラサク症候群 2巻/保志レンジ

2013-12-04 20:16:31 | 漫画(新作)





















保志レンジ「サクラサク症候群」2巻読了。






















この漫画は「少年ライバル」って言うその名の通り少年誌でやってるラブコメな訳ですけど
少年誌のラブコメと言うと基本的にヒロインが複数居て、
片想いのようでいて実は相思相愛で~ってパターンが自分の見た限りでは大半、
というかそれがある種の基本になっていて私自身そういう作品を好む趣向があるんですが
そういう「お約束」から考えるとこの漫画は随分異端に映るんですね。

まず、主人公が誰からも想われてない(笑)。
2巻の段階でもそれを貫いていたんで正直ビックリしました
片想いは片想いのままだし、かといって主人公を想ってくれる新ヒロインも現れない
あくまで景虎というヒロインに恋焦がれつつある若竹、という構図は2巻でもそのまま
そういう関係に悩みつつ迷いつつ試行錯誤しつつも
距離が縮まったり、
青春の猶予期間を疑似体験出来るような心地良い内容に仕上がっています
「実はヒロインも主人公を好きだった」「他のヒロインも主人公を好きになる」という
2大お約束をきっぱりと回避している上にその景虎自身はあくまで若竹を「最高の友達」だと思っている
男女間の友情を信じ切っているからこそなんとなく読んでて切ない気持ちになってしまう・・・
凄く話題になっている訳ではありませんが
何気にかなりのニュータイプ、稀なラブコメとして成立していると思います
青年誌とかではまた違うのかもしれませんが、少なくとも少年誌ラブコメとしてはかなり貴重な存在ですね。
だからラブゲームの行方とかではなく純粋に若竹の頑張りを応援したり
秘めた恋心の揺れを楽しむのが面白い漫画になってます
少年誌ラブコメで「このヒロイン健気だな~」って思う事は多いですが
まさか主人公に対して健気でいじらしいな~って思えるのはちょっと少ないですね
この巻では葛藤の末に叶わない恋を愚かながら選んでしまう若竹、
だからこそ少しは彼が報われる時が早めに訪れればいいなあ・・・なんて思ってしまう
物悲しくも、時折挟まれる心地良い距離感の描写に心が温かくなる漫画です
正直こういうの「も」待ってた気がする
オルタナティブだと思います。


また、この作品はそういう二人の距離感や若竹の恋心の進捗の様子以外にも
「未成熟な若者の成長」というテーマ性もあるようにはっきりと感じられました
まずちょっとおてんばが過ぎる景虎のキャラ性の時点でそれは結構感じてたんですけど(笑
でも、それ以外のサブキャラ達、美々ちゃんの共通観念に従ってしまう弱い性格、
連帯感から逃れられない選択が上手く出来ない性格の描写
スズメというこれまた未成熟故に自己中心的な行動を取ってしまう女の子、
ただただ「好き」なだけで無鉄砲な将鷹、
そして何が正解なのかも自分では分からず暗中模索を続ける迷いの胸中の若竹・・・
どのキャラも思春期の穴にハマっているようなキャラクターたちばかりなのは多分作為的なものかと思われます
二人の関係描写や各々の片想いの行方と同時に「青春の機微」も同時に描こうとしているのを感じられて
その意味でも深みを感じるような内容になってました
景虎はおてんばなだけじゃなく、親との確執も発生しましたし
そういう思春期全般のあれやこれをあまさず拾おう、という志の高さを感じます
なので、ラブコメとしての期待と同時に思春期ものとしての期待も同時に持てる所が益々好きですね
今後スズメというキャラクターがどういう変遷を遂げていくのか、
将鷹にもきっと悩みがあるだろうし
他キャラの恋愛に関しても微妙に気になってたり・・・
若竹が最終的に高校問題に関してどういう決断を下すのかも中々楽しみですし
そういう猶予期間、モラトリアムのモヤモヤだったりちょっと晴れた時の美しさだったり、
一歩一歩手探りで成長していく感覚が恐らくこの漫画のもう一つの売りなんだと個人的には思いました。

加えて、美々や将鷹の存在に良い影響を与えてもらって
若竹が辛い恋を健気に選んで、自分の「好き」を貫き通したあの結果に関しては
その事実だけでちょっと涙が出そうなくらいグッと来てしまいました
まだ面と向かっては言えない、
まだ行動に移すほどの勝手さは持てない
だけど、その気持ちを殺さずに守って、尚且つ「好き」という意思もハッキリさせて、、、という
そういう若竹がまた一つ成長出来た姿と景虎がおてんば娘から思い遣りを与えてもらって
少しは他人を思い遣れる子に変化しつつあるというこれまた一種の「成長」もまた
この巻を読んでいて確かに嬉しかった事実の一つでした
二人は今は最高の友達、
でも疎遠から心温まる友情を戻す事が出来た時点でひとつカタルシスを生む事が出来ている気もします。
二人でお忍びの勉強会や景虎の妹が邪測する事で生まれたラブコメっぽい空気も好みでしたし
今後きたるべき二人の遊び回にもまた大きな期待が懸かりますね(笑
景虎の成長に関しては前半がおてんば維持だった分
後半できちっとその片鱗を見せてくれて少し安心した部分もありました
その上である意味不穏な引きがやや気になりますが、今の二人ならきっと乗り越えられるはず。
親の相互関係など気になる要素を多々含みつつ3巻もまた相当に楽しみにしています。
今回もまた少年誌ラブコメの基本から離れた独特の内容にカタルシスもらいました。頑張れ、若竹!













それにしても、ちょっと恋愛関係?みたいに周りに邪測されると
若竹には追い風だろうなあ、って思えて少しニヤニヤしてしまいます(笑
美々ちゃんも景虎の妹もそういう役割的に貢献してやって欲しいですね。
若竹の間接的告白を思いっきり聞いてしまった美々ちゃんのシーンは可哀想だけど笑った。
若竹、不遇だけど男的には格好悪いけど、その姿には感情移入してしまいますね。ある意味カッコいいよ。


コメント

食戟のソーマ 5巻/附田祐斗・佐伯俊

2013-12-04 14:45:37 | 漫画(新作)






















附田祐斗・佐伯俊「食戟のソーマ」5巻読了。






















まず巻のサブタイが「躍る料理人」なのが個人的に分かってるなあ、って感じで
その時点で好印象でした(笑 あの回はソーマ史上3本の指に入るくらい好きなエピソードなので。

「食戟のソーマ」は、正直初期から人気自体は安定していたと思います
掲載順は所謂補正期間を抜けてからグンと上昇してたしカラーも連発していた
しかしその状況を更に好転させたのが例の四宮シェフとの対決シリーズだった訳で
あれでハッタリが効いた少年漫画好き、或いは元々のファン以上に
「王道の少年漫画好き」がこぞって反応してくれたのはこの漫画の地位を高く押し上げる結果になった
あの決定打のお陰で今や割と普通に「ソーマいいじゃん」って勧められる空気が出来たのは事実
だけど、この巻で描かれている「それから」の描写もまた、
四宮編に負けないくらいクオリティが高いんですよね。

あの四宮編は田所ちゃんの成長と、創真の少年誌主人公としての覚醒を中心に描かれてましたが
この巻で描かれているのは創真自身の成長ですね。
田所ちゃんに至らぬ点(勇気、踏ん切りのなさ)があったように
創真もまた完璧ではないし大衆食堂の出身、という設定自体が彼の足を引っ張る結果にもなった
創真は初期こそ無双系の俺つえー主人公でありましたがこの巻以降は徐々に「成長」がテーマになります
それは自分本位だったのに徐々に相手を認めるようになった3巻の時点で芽生えてましたが
この巻で一気に開花していく印象ですね。


で、4巻のあの絶望的な引きの続きが気になってた方も多いと思いますけど
個人的にも驚くくらい地に足の付いた方法論で解決してたのにビックリしました
まず創真がピンチに陥ったのは大衆食堂出身が故にビュッフェに関しては未経験だった
その経験不足による予測の出来なさが失策を招いた結果に
時間が経てば萎んでしまう料理を選んでしまった訳なんですね。つまり見た目の派手さにこだわってしまい
「持続性」に関しての思慮が足りなかった、と。
ここで複線として、
①料理自体は完成度高い
②隣がえりなだから人が賑わっている
という二つの点が後々一気に一つの線に繋がる事になります

創真が解決法として選んだのはその場しのぎの新作でなく、根性論やミラクルを起こすでもなく
ライブクッキング、つまりは派手なパフォーマンスをやってのける事で人を呼び評価を得る方法論
元々完成度が高い、というのは既に提示されてる上にえりなの隣な訳ですから
みんなが注目して手に取ってくれれば即座に消費されていく、という寸法
味だとか見た目とか持続性とかじゃなく
人を惹きつける様な調理の仕方でその内容の素晴らしさを証明した形になった、と

これは本誌を読んだ時も感心したのですが
単行本で一気に読むと益々美しく思える流れで素晴らしかった
作画のスピード感も併せてこのお話も今作屈指のエピソードに仕上がったかなと思ってます。
何よりいつもは不敵な創真の珍しくダウンしたところが新鮮で面白かったのと
それによる「格落ち」を事情を添えて避けてたのもプラスでしたね
それは最後の締めが凄く良かったのも作用してるとは感じるんですけど。
少年漫画はこと「勢い」に頼りがちではありますが、このシリーズはそういう縦(その場)ではなく
横(積み重ね)的な面白さ、地に足の付いた作劇をしっかりと展開出来ていたのが素晴らしかったと思う
この「納得」は個人的には四宮編にも負けないカタルシスを感じられて一気に読んでしまいました

そのカタルシスの決定打になったのが締めの創真のセリフ、
「失敗したっていう「経験」は得た」というシーンですね
今回の創真の選択は明らかに未熟な上に完全な失策であったワケですけど
それを恥じるんじゃなく汚点として捉えるんじゃなく
貴重な「経験」としてこれからに活かさん、とする姿勢は個人的には胸を打たれた、と同時に
この漫画屈指のメッセージ性たりえたんじゃないかなあ・・・とも感じられて大好きなシーンです
創真がどうしてここまで強くなれたのか、その源泉がしっかりと感じられるエピソード
それと同時に彼の「成長」もはっきりと感じさせるエピソードで
今後の活躍が楽しみになる描き方、ラストだったからこそ余計にこのビュッフェ編お気に入りなのかな、と
いつまでもぐじぐじ後悔するよりは、むしろそれを糧として捉えるという美意識。
そういうものを提示してくれた心地良い締めだったかと思います。


あと、細かい点なんですが
アリスが創真をやたら気に掛けてたのも
主人公だから~って理由じゃなく4話の大胆不敵な宣告が理由だったんですよね
これ正直今考えると凄く上手かったなー、というか
宣告をしたのは大衆食堂が小バカにされてる空気感を受けたからこその反抗だと思いますけど
だからこそ踏み台扱いされた人々が創真に食って掛かる「理由」も作れている、という
やっぱりあの4話がこの漫画にもたらしたものは大きかったのかも、なんて
アリスとの触れ合い描写を眺めてたら改めて感じたな
創真が話題の中心になるのが補正じゃないというか
それが自然な流れになってる辺りが附田祐斗の裏の真骨頂なのかな、と。

そんなアリスのキャラクター性は最高ですね
飄々としていて不敵で、でもどこか憎めない可愛らしさもある
言い方は悪いですがツンツン状態のえりなを正しくリファインしたようなキャラ造詣
えりなが苦手な人もアリスは結構な確率で好きになってくれるのでは
えりなに抗う理由もちゃんと付随してるしね(笑

材料切れの為に「一応は」えりなよりも結果は下、というのも
もし材料が切れてなかったら・・・?と想像を掻き立ててくれてそういう部分もまた良いですね
そんな訳で、「憎めない強敵」であるアリスとの直接的な対決が真っ当に楽しみにもなりましたね
それと純粋にアリスの作った料理と作戦自体も面白いと思えるものでした。
彼女のこれからの活躍や立ち位置にも注目して行きたいです。

かなり好みのタイプです(笑
カバー裏のちょっと清楚な姿とオチもまたグッと来させてもらいました。


で、個人的に手応えを感じたビュッフェ編が終わり
その次に校外で商店街の町おこしの為に奮闘する唐揚げ編が始まります
始まります、って言ってもこの巻中でしっかりと終わるものでもあるんですが。
これはまず進退が懸かってない、例え失敗しても創真の境遇自体に変化がないのが分かってるので
それまでの対決や試練と比べると若干緊張感という点に関しては低いかもしれません
逆に言えばその分気楽に読めるようなお話にもなってますね
ラブコメっぽい描写もあり、
創真が意外と人情に熱く人をしっかり観察出来ている事も分かるようなエピソード
そしてこの話の肝は純粋な料理の味でなく客層を意識した品で巻き返しを目論む、という
きちんとそれまでの経験が活かされている点ですね
多分味自体が勝った、って話でなく
客層的により好むものを仕上げられたという話だと思うんです
そういうアプローチと共に相手の意見を尊重し認める姿勢と
割とオーソドックスな小休止に思えて何気に成長の成果を発揮出来ているエピソードでもありますね
ライブクッキングもさり気に取り入れてるところもポイント高し。
完璧にドス黒いポジションで登場したきぬさんが「純粋さ」を取り戻すオチも良かったです
多少毛色は違いますがこれはこれで安定して楽しめたお話だったかなと。

そして、小休止だけでなく十傑の会議の様子をチラ見せしたり
創真の目標に向かう真っ直ぐさを34話で描いたり後々の展開を予測させる複線を撒いたり
選抜に向けての因縁や期待感を煽ったり早くも次の高みに向けての仕込みもゾクゾクと垣間見れます
あとは途中で卓球漫画になったり(笑)
今回もまたすっごく濃ゆくメッセージ性の高い内容に仕上がっていました
今巻はとみに創真が格好良く一段とタフに成長する姿が見れるので、ハッタリ描写好きや
ヒロインの可愛さ、或いは作者買いしてる人以外に純粋な少年漫画ファンにも触れて欲しいな、と。
そう思えるくらいには主人公としての矜持が光っていた新刊でした。
面白かった!















さて、6巻もネタバレになるので控えますがかなり面白い展開が待ってますよ
間の附田祐斗の挿絵も結構こなれてきていて普通に可愛いと思えるレベルになってます(特に倉瀬さん)
倉瀬さんみたいなタイプこそ附田祐斗らしいヒロインなのかもしれないですね。あと田所ちゃんも。
勿論新機軸のキャラ達も大好きですが。

他にちょこちょこと内容に関連したおまけカットも付いてます
郁魅と倉瀬さんの武装した姿での戦いっぷり、正装の一色先輩に驚く創真、
あとはドレス姿でおめかししてるアリスのカットが良かったです。個人的にアリスと田所ちゃん推し!



コメント