超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3LDKの花子さん 第27話 感想(週刊少年チャンピオン 2013年52号)

2013-12-01 20:13:45 | 漫画(雑誌感想)















もう12月ですね・・・
あと1ヶ月頑張って更新してゆきます。














今週は、信が花子さんを自発的に庇ったのが良かったですね
そういう精神がある限り一応ハッピーエンドへの素養はちゃんと備わってるのかな、と
でも文化祭の準備の回では逆に庇われてたあたりこれもまたある種の「成長」なのかもしれません
まあ今すぐタフガイになられてもネタに困るのでこういう風に着実に相互関係を築いていければいいですよね
何気ないシーンですが以前は前述のように庇われてた姿を晒していた為ちょっといい感じに見えたシーンでした。
これからもこんな風に信が花子さんのために奮闘する場面もちょいちょいあればいいな、とか思いつつ。

先週は不憫キャラになってましたが今週はいつもの詩ちゃんでした(笑
しかしまあキャラデザが抜群なせいかどこか憎めない可愛らしさがあるのも事実
こういう子の恋ネタとか、
或いはクロオとの人情ネタなんかも見てみたいですね
相変わらずの美少女っぷりが眼福でした。

おじいちゃんはこけしボディからスマホボディになった、という事で
今後は未来ネタなんかも増えていくんでしょうかね
今週はそこまでオチに力を入れてない感じにも思えましたがその分その設定自体は活かされていきそうです
まあ花子さんの存在自体がある種の便利キャラ的なポジションでもあるので能力増加は、
この漫画に関しては規定路線なのかもしれません
これを媒体にして他キャラの掘り下げエピなんかもあれば嬉しいところですね。

そして、きれいに内またな花子さんの乙女っぽさに少しニヤッとしました(笑)。












掲載順は多分今までで最も低い、
下に短期集中連載しかないような掲載順で正直へコみました
だから当日感想を書く気力も無かったんですが、まあ出来る事は地味な応援だけですね
こっくりさんと花子さんで少し百合っぽい(?)描写もあったしでそれもまた楽しめました
ちょっとでも送ったアンケ、ファンレターの分が反映されれば、、、と思いつつ。



コメント