虹色の花

ヘミシンク日記始めます。
ついにゲートウェイを購入しました。

このブログは・・・。

基本的にヘミシンクを聴いた感想を書いています。ゲートウェイ6巻セットは2011年1月に購入しました。初心者なため、妄想全開な内容の記事等あるかもしれませんが、記録の為に一応書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月食の日☆その後

2018-02-22 16:29:14 | 日記


ヘミシンク的記録。


そして、 ここもまだ月食の日の当日か、次の日あたりだったかと思いますが。
(うろ覚え)

どうやら、カフェで話を聞いてみると。

セーラープルートの姿になった彼女がやり残した事。というのは、ド◯クエ11の時の番人セニカがやったように、時を戻してやりたい事がある…


というような会話をしました。
(うろ覚え)

何故そう思ったかというと。
セーラープルートも時空の番人ですし。
その前の姿も、ドラク◯11の時の番人みたいな風体でしたし。

さらに、このドラク◯11の時の番人の正体は、セニカという伝説の賢者であり。

かつての勇者ローシュが殺されてしまった際に、恋人だったセニカは、なんとかして時を戻そうとしたんだけど失敗して、あんな姿になっちゃったんですね。

まあ、とにかく見てるアニメとかゲームのフィルターや物語使ってメッセージらしきもん送ってくることは多いので。

過去に戻ってやりたいことあんじゃねーのかな?

て思って会話してたんですけど。

責任感と罪悪感ループから、それはできない。て留まってた。
みたいな感じでしたが、プログラムを書き換えてループから抜け出したので、やっと本来の彼女の願いを叶えて、リトリーバルする気(される気?)になんのかなと思ったんすわ。

しかし、彼女の願いは、ド◯クエ11のセニカみたいに、過去に戻って会いたい人がいるとかじゃないんだよねー。

魔法使いのカフェで、 その子が言った風な事をまとめると。

どうやら、自分が改造されてしまう時に、プログラムでメビウスの輪みたいにされてたところだけ、過去に戻って直したい。

ていうものでした。

過去に戻って、助けてあげたい人は…
兵器に改造されてしまう過去の自分自身。

だけど、改造を阻止するとか、大掛かりな過去の改変じゃなくて。
せめて、罪悪感と責任感のループがなければ。ここまで苦しまなかったのに…。

そんな、願いのようなもの。
行いも過去も何も変えられなくても。
自分の心は変えられるように。
あの場所に、ずっと留まらなくてもいいように。

プログラムのバグなのか。
または、裏切り防止為のプログラムなのかわかんねーけど。
外に意識が向くんじゃなくて、自分を責める事に意識が向いちゃうんですね。

繰り返し、繰り返し。思考がループするのを止めてあげたい。

魔法使いが扉を出してくれて。
過去へと続く扉を開いて進んでみました。

浮かんできたのは、手塚治虫の火の鳥の未来編みたいな感じで、でっかいホルマリン漬けの溶液がぽこぽこしてるような。その中に、コードがうねうねしてて、今まさに改造されてますよ。ていう、そういう姿のイメージの中で。

菱形の石を触り、メビウスの輪の捩れを普通の輪に戻すという、それだけをやって、元の場所に帰りました。

実際に過去に戻った、というよりは。

ブロックとして影響してた、大元の大元まで行って、その部分のプログラムの書き換えをさらにピンポイントでしました。

て感じなんですよね。

他の部分変えちゃうと、また意味が変わってしまうから。ほんと、変えたのは一つ捻れていた部分だけ。
でもそれが後々に、大きなブロックになって散らばってたんだ。
みたいな。

責任感と罪悪感のループの時は、そのせいで自分を許す事すらできなかったのかなぁ。なんて思うんですよ。
だから、その時にもしも、そのループがなかったとしたら。

という可能性を作りたかったというか。

それで満足したのか、もう一度、彼女をレセプションセンターに連れてくと。

なんか、大勢の人が迎えにきてくれてて。その子も、今度はちゃんとセンターに行ってたようでした。よかったよかった。

ドロッセルの姿をしたガイドがひょいっと出てきて。

セーラープルートの姿のガイドではなく、機械のその姿を見て。
この姿は、自分の中では、罪悪感と責任感をきちんと分けて受け止められるようになったガイドの象徴だったのかなと思った。

自分の事や、起こった出来事こと全部、たとえ理不尽な事でも目を瞑らずに全部受け入れたかったのかな。

それが、貴方の姿になるのかな。

セーラープルートのような姿までだと、ブロック自体は解消できたとしても、そこでまた時が止まってしまうというか。
改造された事自体が、無かったことになっちゃうというか。

機械とか兵器?になっちゃった自分(?)
ていうのを受け入れて、その先を見てるのは、ドロッセルの姿の方が確かに、相応しい気がした。

これが、同じ機械に改造でも、攻殻機動隊のフィルターじゃなかったのが、後からジワジワきまして。

やっぱ…地球が舞台ではなく、宇宙人ていう姿?アピールだったんかな。

てか、待てよ。

ていうことは、過去を改変した後にガイドになったのが、ドロッセルなのか???

と、体調悪くて怒涛のイメージが急ピッチで湧きまくったんですが。スピードが早すぎて自分ツッコミも追いつかず。

ていうかついてけねーよ!!!!

こんなん書けるか!!
(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

と、日記に書くかどうかも迷った。

まーしかし、どう考えてもこんなの恥ずかしくて書けねーよ!!!!て思ってました、ら。

そのさらに2日後に、TOMOKOさんからこんな絵葉書が。





なん…だと?
…菱形っぽい石の絵だよ!!!orz


うそやーん。
なにこのシンクロ…(。-∀-)

書けって……事ですよね。_:(´ཀ`」 ∠):

だから書いた。かいたよ…_:(´ཀ`」 ∠):
(実際メモってなかったので、思い出して書きました。もうちょい急スピードで唐突にどんどんイメージ湧いてくる感じでした。よく思い出せたもんじゃよ。)



ともこさんからは、
―――-
「結晶」という感じがしました☆
なにか、ずーっと頑張ってきたことがカタチになるような。。
あと、言葉の音が同じということで、「決勝」も気になったり芽
――――

てことでね。
何かが結晶化しつつあり。
さらに決勝する(決勝した?)そうです。←

ともこさんいつもありがとうございます!!(´;Д;`)





全部の絵が繋がって見えるよね

ほんで、ここまできて。

うーん。でもあれかなー。
こんなイメージバンバン出てきたけども実は自分を騙してて。
本当は愛されてないんじゃないか
とか。そんなブロックとかじゃないのー?
とか、疑ってみたりもしたんですが。

でもやっぱり、大元は責任感なのかなー。
て散歩してた途中で改めて気がつきました。

これ以上、責任負いたくないから、言わない。やらない。
て思ってた事沢山あったなと。
しかも、それは後々考えると、無責任だからそうしてた訳じゃなくて、むしろ責任感感じ過ぎて自分がめっちゃ辛いから。
ていう事が多かったんですよ。

それが、見たくないもの見るの辛い。

なのかもしんないと。

見たら、そこで責任が発生する。
見てしまったら、もう無視できん。

切り離して考えたり、受け止めることができなかったブロックの一つだったのかなと。

まー、これで解消!てほどうまくはいかんかもですが。意外といい線いってんじゃねーかと思うのと。
こういうのって、半年、一年スパンで気がつく事も多いんで。

てことで、とりあえず荒ましではありますが、一旦、ブロック解消っぽいワークしてたっぽいので記録しました。

そんで、昨日。

寝るときにふと。

やっぱグレイ型の目が大きい宇宙人て苦手なんだよなー。怖いんだよなー。
だからガイドの姿がグレイ型宇宙人じゃなく、ギリギリ、ドロッセルみたいなロボットなんだろーなー。

て思ったら、急に子供の頃の事を思い出しまして。

寝てる間に、宇宙人に突然攫われて改造される(機械を埋め込まれる)

ていうのを、もう異常に恐れて夜眠れなくなってたな。1日2日じゃなくて、随分長い間恐れてた。

てのを思い出しました。_:(´ཀ`」 ∠):
いや、確かこの頃テレビでそんな番組あった気がするんですよ。
でも家族にも誰にも、怖いてことを言えなかった。

そん時の宇宙人がグレイ型宇宙人てやつでさー。見るたびに怖いのなんのって。
なんで、そんなにリアルに本気で怖がってたんか、ちょっとわかった気がした。汗

てことで、何かしら、他の宇宙人?から狙われるくらいには、目が良い(?)ていうか。観ることの能力高めの宇宙人だったんでしょーね。
た、たぶんね…わかんないけどね。
_:(´ཀ`」 ∠):



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月食の日

2018-02-21 16:25:44 | 日記


前回から1ヶ月後。


さらに、ここから。
またしても殆ど動きがなかったんですが、1月入った途端に風邪で22日間も具合が悪かったもんで、その後も体調が戻るまで行ったり来たりて感じでしてね。

一日置きにものすごく疲れてたりしてたんですが、先日の1月31日の月食の日は、何故か物凄い疲労感がすごくて。
一日ほぼ、全く起き上がれませんでした。

とにかく身体がきつくて、眠くて。
風邪の症状とも違うから、いつもの自律神経とかなんか関係してる体調不良かな。て思って、諦めて寝てたんですね。

でも、今日の体調不良はなんか変だー。うーん。月食だから?笑

とか思ってましたら、こういう体調不良の時は、ヘミシンク聞いてる時の感覚になりやすくて。
うとうとしながら、白い発光体のイメージと共に、ヘミシンクは聞いていないけどワークしてる感覚になりました。

メモしてなくて、時間が経って落ち着いて書いたので、記憶が曖昧なところもあります。

なーんでこんな、ドラクエ11の時の番人みたいな形(フィルター)してんのかなー。
やっぱり宇宙人てことなのかなー。

って、思いつつ。
うとうとしながら、色んな事考えてたんですね。
白い発光体の目的って、なんなんやろ?

前回の日記から、
恨み辛みじゃ、ないんよねー。

やっぱ、責任感と罪悪感がセットになってるから動けない。

てのがしっくりくるんだよなー。
この責任感と罪悪感を和らげてあげる事はできんもんなんかねぇ。

とか思ってました。

ほんで、風邪が治ったあたりから、何故だか私、雷の杖を持ってるイメージが何度もあったんですよ。

王の帰還のお試しセッションを受けたからなのかな?関係あるのかないのか。
年明けから。

丸いオーブがついてて、そのオーブの中身がビリビリと電気が走ってて、王の杖みたいな感じのもの。
それをずーっと持ってる感じでした。

その杖の事を思い出して。

なんか使えるんかな?

そういえば、この白い発光体、肉体は機械に改造(?)されてるぽいから、この姿は精神体みたいなイメージなんだっけ。

雷玉の杖を持ったまま、そんな事を考えてたら


私一人、幸せになる訳にはいかない。
離れるわけにはいかない。

みたいな気持ちが湧いてきました。

故郷の星の映像を映しながら、ずっと眠りながら、ここに居続けたのは、誰かが帰ってくるかもしれない。
と、ずーっと待っていたのだと。

そしたら、またしても昔のイメージ?みたいなものが見えた。

故郷の星の住人が連れ去られ、全て機械に改造(?)されて、戦争を起こしてくような感じのイメージ。

もう、この星に誰も戻ってこないことは薄々気がついているけれど。
それでもこの責任感と罪悪感で、動けないでいるみたいな。
そして、戦艦の者もまた、私と同じ気持ちを共有して動けないでいるのだ。

と、いう感じだった。

ああ、そうか。この白い発光体だけでなくて、前にこの子が居た戦艦は、彼女の身体みたいなもんなのかも。
そして、乗組員やネモ船長みたいな存在も、一員として全部がセットになってブロックになっとるのか?

そりゃあ重たいわな~。

白い発光体の額の菱形の石と、
戦艦にある大きな菱形の石が思い浮かんだ。

この石がブロック?みたいなもんで、外さないと、リトリーバルできんてことか。

白い発光体である彼女(?)自身も、どうやら薄っすらとは救われたいと望んでるんだけど、ブロックが邪魔してそう思うことができない。

機械の身体で、精神もある程度コントロールされているから。

てなイメージが浮かびましてね。

じゃあ、アプローチするべきは、戦艦の方なのか?
てことで、ネモ船長のフィルターが出てきた、戦艦の方に行ってみた。

組員らしき人もいて、ネモ船長に、この戦艦にも菱形の大きな石があるの?

と聞いたら、あるという。
それがこの戦艦の動力源だと。

案内されて、目の前の大きなクリスタルを見た。ブルーウォーター(ふしぎの海のナディアに出てくる)のでっかいやつ。

ここで、流石に躊躇した。

うーむ。

この石を
壊す…てこと?

彼らを救うてのは、この戦艦を破壊することなのか?

それとも、他の方法があるのか?

いや、やっぱ壊すのは違うだろ。


精神体をコントロールされてる。
てことはよ。プログラムを書き換えできたらいいんじゃないの?

このブルーウォーターみたいな石に、そのプログラムが書き込まれてんじゃないの?

と思いつく。
右手には電流バチバチの杖を握っていた。

あ、雷っていうか、電流がバチバチいってるこの杖て、もしかして、機械とか、このクリスタルそのものに、アクセスするものなのかも?

そう思いついて杖を振ってみた。
すると、この杖に反応して、大きなクリスタルが動いて、空洞のような、洞穴のような穴ができる。

入れる。内部へ行ける。

しかし、一人で行くとか怖~。

真っ暗闇な空洞に見えて。
せめてガイド連れてこうと思ったときに、ミカエルとか魔法使いとかじゃなく。
何か関係あるかもしれんとギルガメッシュフィルターのガイド(王の帰還で理想の王として出てきた存在)を呼んで付いてきてもらった。杖も雷カラーっていうか、金色だし。

中を進んでゆくと、暗闇の中から突然、コンピューターが沢山並んでるような部屋に来た。

ぱっと見、最新鋭のコンピュータのようでいて、昔のウルトラマンとか、ゴジラ映画に出てきそうな、手塚治虫の漫画ちっくな古いコンピュータがずらりと並んでいる。
デスクのようなものがあり、そこに、何故か魔法使いがいた。


は?…なんで????(;・`д・´)


よく状況が飲み込めない。
なんでお前がそこにいんの??

一緒に入ってくるならまだしも、既に居るってどういうこと????


「ここまで来ることはわかっていたからね。先回りさ」

みたいなノリでいました。ご都合主義か!?

ここまで来ることができるのかどうか、どうやらそれは、私の選択肢次第だったらしく。

あのクリスタルを破壊というルートも一応、あったらしい。そしたらどーなったかはしらんが。←

そして、彼は魔法使いなんだけど、厳密にはガイドの魔法使いじゃないような…。うーん。私の知覚がぼんやりだから雰囲気だけでうまく説明ができないんだけども。
一応、魔法使いということで。

クリスタルの内部のプログラムを書き換えできるのはボクだけだからね。

という事で、出張っていたらしい。

しかし、勝手に書き換えはできないので、私がGOを出すかどうかと言われた。

…あー。どーしよ。
ただのイメージだとしても、躊躇するわー。

書き換えていいもんなの?
そもそも、どう書き換えるのよ。

そう悩んでいたら。

「キミは、まだ恩恵に気がついていないから、悩んでいるのかもしれないね。
ブロックだとしても、そこにも必ず、恩恵は存在している。それを見つけられたなら、自ずと書き換えるものが何なのかに気がつけるはずさ」

そんな風に言われた。

ただテキトーに、良さげに修正!ではなく、ピンポイントで指定しなければいけないらしい。
しかも、それはバグやマイナスだけのものだった。という解釈ではなく、その件に関しての恩恵も理解した上で、書き換える。ということらしい。

責任感と罪悪感がセットになって、あんなイメージ見せられて。
恩恵なんてもんが、あんの??

暗い部屋の中で、しばらく考えていた気がする。恩恵…?
うーん。
何かを、学ぶ為だったんだろうか。

不思議なことに今回の一連のブロック解消の出来事は、たみえさんのセッションから始まったけれど。
白い発光体だけでなく、それに連なる過去生の繋がりが見えて(?)いたように感じる。
それら全てを通して、知りたかったもの、理解したいものが、やっぱりあったんじゃないか。

責任感って、本来は良いものだよな。
ブロックになるてことは、過剰だからそうなってるだけで。いい塩梅なら、そうならなかったはずだし。
そしたら、罪悪感だって生まれなかったかもしれないし。

でもその二つ、もし最初に過剰なくらいにプログラムされていたとしたら。
その二つを強く感じる事によって、解った事も沢山あったのかもしれない。
最初からいい塩梅だと気づけない事もあったのかもしれない。

まだ、うまく言葉にはできないけれど。そういう視点を持った途端に。

メビウスの輪が見えた。

ぐるぐると同じところを裏と表で周っているような、そんなイメージとともに。

もしも、このメビウスの輪がただの輪なら、正常だったのに。
裏も表もわからないから、永遠に回り続けるしかない。

そんな、回路のようにみえた。

本来は、責任感と罪悪感は別物なのに、
この捻れの所為で、うまく分離できずに、

責任感→罪悪感→責任感→罪悪感…

というループが抜け出せない。そんな感じで。

このメビウスの輪の捻りに切り込みを入れて、捻りを戻して、金色の真っ直ぐな帯にしてから、端を繋いだ。
イメージで
直したのは、ただこれだけ。

過去も、行いも、何も変わらない。
だけど、プログラムの一部だけ置き換わった。同じところをただぐるぐると回る、その一点だけ直した。途端。

クリスタルが光を帯びてきて。光る粉のように砕け散りながら消えた。
破壊ではなくて、光に帰ってくようなイメージ。。

戦艦の人たちが全員光に包まれる。

光る発光体の彼女の所へ戻って、額の石にも同じように、メビウスの輪を普通の輪にしてみた。
すると、菱形の石が光のようになって砕け散る。


宇宙人だった姿が変わり。

最初、ぱーんと浮かんだ姿は、火星のイメージからなのか、セーラーマーズに見えてたんだけど。


徐々に、いや違うわ。よく見たら
セーラープルートの姿になりました。

鍵のような杖を持っていて、髪が長くて、褐色に近いような肌。

その姿になった途端、私の方に埋められてた菱形の石も連動してぽろっと取れた感じになりました。

そして、その石がポロっと取れた空洞から、重たーい鎖がでてきて、それをどんどん引きずり出して取って、ミカエルに頼んで光に返す作業をして。

あ、これもうリトリーバルできるのかも?

そう思って、F27のレセプションセンターにみんなを連れてってみた。

大勢の乗組員やネモ船長達が、センターに入っていった。

しかし、光る発光体からセーラープルートになった彼女はまだやる事があるから。と動かない。

この辺メモ取ってないから、記憶が曖昧なんだけど。
もしかしたら、光る発光体→レセプションセンター→セーラープルートの姿で帰ってきた。

のどっちかだった気がする。けどあんま思い出せん。w(どっちでもいいか?)


なので、
てっきり、セーラープルートのイメージは、ガイドとしての姿なのか?と思ったのだけど。

よくよく考えたらドロッセルがガイドとしての答えの姿だしなぁ。

と思ったので、まあもうしばらく付き合うかぁ。
とセーラープルートだけ、魔法使いのアクセサリーカフェへと連れていったのでした。

まだもうちょい続く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時の番人

2018-02-09 13:08:25 | 日記
時の番人 ヘミシンクの記録


http://blog.goo.ne.jp/nijiflower/e/7b01072218abe817b96b3eaf9455c1d9
http://blog.goo.ne.jp/nijiflower/e/02759aa32eb45ac316bc54ba18067b34


これの続き。

たみえさんからセッションを受けてから、とりあえず目に関するブロックをヘミシンク的に解消できるのかどうかアプローチしておりまして。(多分)


さて、この前の記事から、数週間。
またしても、その後は全くと言っていいほど動きはありませんでした。

しかし、たまに様子を見に行ってみると、じわじわと、白い発光体の目が開き始めてるような感じもあったんですね。

それで、ちょくちょく様子を見て終わってたんですけども。

この頃から寝る前にディープ10を聴く習慣が復活しまして。これでアクセスしやすくなったんかなと思いました。


ほんで、
その前後でドラクエ11をプレイしてましたら。


時の番人というキャラクターが出てきました。

ストーリー的にネタバレなので、プレイしてない人は注意ですが。


↓↓↓

















ドラクエ11は、一度魔王を倒してクリアしてエンドロールが流れるまでが中盤でして。

クリア後の世界から、ある人物を助けるために過去に戻って、歴史を改変する流れになるんです。

ほんで、私は攻略は殆ど見てないので。
ふつうに魔王を倒して、エンドロール見て、

END

の後に、すぐさま

to be continued

の文字が。

うわー!!こうなんのか!
と鳥肌が立つほど画期的!!
とドキドキしながらプレイしてたんですけどw

今までのドラクエは、全てクリアした後の世界は、ほとんどやり込み目的のおまけ的な要素しかなかったものが。

ドラクエ11は、クリア後の世界の方が、むしろ本番な所があるわけですよ。

そして、魔王を討伐したクリア後の目的とは、死んでしまったある仲間キャラクターを、過去に戻って助ける為なんですよね。

んで、この時の番人が出てきた時に。


私が、光る発光体としてイメージしていた存在に近くて。めっちゃ驚きました。
さらに、額ではないけれど、胸に象徴的な菱形の石が…!!!∑(□`;)

まるで、自分に問いかけられているような気がして、思わず写メを撮って。
そのままセーブして終わりました。


その後に、心がざわざわするような気持ちになって。
光る発光体のいる所をイメージしてみた時に。

何故かガイド(?)になった姿のドロッセルも並んでその場所に居て。

私は、なんとなく話しかけてました。

ゲームの中で、覚悟を問われて。
私は、逆に、あなたが覚悟したものは何なのだろうと、考えちゃったよ。

あなたがここに居る目的は何なのか、考えちゃったよ。

たぶん、助けたかったよね。故郷を。
取り戻したかったよね。全部。
でも、取り戻せない事も解ってて。
せめて、兵器の象徴であるその眼をつぶる事で責任を取ろうとしたんかな。
いつか、取り戻せる時がくるまで、
いつか、助けられる時がくるまで。
忘れないでいようと。
誤魔化さないでいようと。

白い発光体は、微動だにしない。

ドロッセル(ガイド?)が、ふいに

「その眼をつぶる事で、その後に起こる、悪い事も見ないで済む代わりに、恩恵を観る事もできなくなったわ。
彼女は矛盾して居るのよ。
取り戻す事を望んでいるのに
眼をつぶる事でその可能性を潰しているの」


うーむ。他の選択肢は無いの?


私が認識している、てことは。
もう解消できるステップに居るて事なんだよな?
光る発光体を見てずっとそう思っていた。

貴方の眼は、攻撃にしか使えないんだろーか。

私がもっと観えるようになったら……。
もっと、沢山の作品を作りたいかなあ。
綺麗な景色をもっと見て、美しいなにかを形作って。誰かを、自分を喜ばせたい。
破壊の為じゃなく、創り出すことに
そのために、貴方の目を使いたい。


唐突に、白い発光体の中から
赤ん坊がでてきた。
それは、ギャンギャンと大きな声を出して泣き喚いてた。
感情そのものを発露するような。
抑え込んでいたものの象徴みたいに。
押し込めてた
子供の自分を解放するかのように。

ぽんと出てきたその子を抱きしめてから、ミカエルとかラファエルとか、天使にとりあえず預けてみた。
この子は本体じゃなくて、感情そのもの。それが、赤ちゃんに見えてた感じ。

第1段階終了。

そんな感覚。

それから、しばらく白い発光体は認識できなかったのだけど。
少し経つと、またイメージの中で現れていた。まだ解消とまではいかんわな。


そして、その赤ん坊のイメージが出て天使に預けて(?)から。

私って、子供だなー

て思う事が、ものすごく増えました。
ずっと抑え込んでた自分?ていうか。

あれ。
私って…こんな子供っぽかったんだ。
こんなに、甘ったれ(笑)なんだ。

小学生の頃には、子供っぽい自分を出さないようにしてた気がする。
大人になりたいと思ってたというよりは、子供っぽい自分はダメだと抑え込んでたような感じ。
妹からは、ねーちゃんは子供の頃はクールだった。と言ってたし、私もそうだなーって思ってた。

なのに、なのに…今更
大人になって結婚してから、
超絶怒涛に、子供っぽくなっとる。笑
はしゃいだり、感情を素直に出すことを、前よりも抑えられなくなっているというか。


そんなこんなで、しばらく子供っぽい自分てやつに付き合ってやるかー。
という感じでおりました。


さらに続く。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨年12月15日の記録 ☆責任感

2018-01-27 17:11:01 | 日記

ヘミシンクの記録
昨年12月15日に記録していたもの。



ふとした時に、
光る発光体の宇宙人がガイドになった姿(?)として、ドロッセルというキャラクターが出てきました。

この辺説明しにくいですが、結構デカめのブロックがある人が出てきた場合、
それを解消した姿というのも同時に出てくる事が多いんですわ。

んで、私の場合は、

ブロックがある人格と
そのブロックを既に解消して、ガイドっぽくなってる人格の違いを感じて。
解消する方向に持ってく感じなのかなーて思ってるんだけど。

出てきた光る発光体宇宙人が、まったく話そうともせず、故郷への哀愁とか、悲しみとかがほんのちょびっと。
感情的なものも殆ど感じなかった為。

あれから放置してたんですけども。

今日ふと、またこのドロッセルが出てきました。

ディズニーではあるものの、かなり異色のキャラクター。本編は2分の短編が何個も続く、ギャグが多めのロボットCGアニメ。

簡単なあらすじはこれ。
——————-
メルクール暦48650年。地球ともそうでないとも明言されない惑星において、4万8千年以上前にイルカや猿、鳥といった野生動物とそれを含む自然環境は壊滅し、人類は自らの統治をロボットに委ねていた。しかしロボットはやがて貴族化し人類はそれに抵抗を見せ始め、人類の軍隊とロボット貴族との戦争はすでに2万年に及んでいた。


ドロッセルの父である故フリューゲル公爵は人類との共存を望みながら道半ばにして没する。残された一人娘ドロッセルはお屋敷のデータベースと執事ゲデヒトニスから人類とは、生命とは、そして貴族としての矜持と使命とはなにかを学びつつある。しかしお屋敷の外に一歩も出たことのないドロッセルはそのどれにもはっきりとした答えを見つけることができない。

——————

んで、一応、ガイドとして出てきたっぽい彼女に話をしてみたんですよ。

ドロッセルという姿がフィルターだとしても、私にこの姿で伝えたいことはなんだろう?

そんな視点でぼーっと会話してたらですね。



ドロッセル「セキニンカンよ」

私 「責任感?」

ドロッセル「そう、セキニンカン。彼女が目を開くのを拒む理由があるとするなら、それね」

私「なんで責任感でそうなるのよ」

ドロッセル「その瞳が兵器であった頃、その視界に見えた全ての凄惨な出来事が私の責任だと感じた。その記憶を今でも引きずっているの。もう兵器ではなくなった今も。」

私「そんなの、望んでやってた訳じゃないでしょ」

ドロッセル「望もうが望みまいが、こうなってしまった。という出来事は変わらないわ。だから感情は無くなりかけても、それだけは残ったわ。それが責任感という名前のブロック。彼女の今の姿よ」

私「普通は責任感て良い言葉に聞こえるのに、ブロックなんだ」

ドロッセル「過剰な責任感は、ただの強い意固地で自分勝手な思い込みよ。今はもう兵器でなくなっているのに、目を開く事も拒み、世界を観る事を拒否している。
セキニンという名の盾を手にして、自分の所為だと全てに目を瞑るの」


ものすごく漠然としたイメージで、
前にこの光る発光体がブロックの象徴として感じられた時に、
自分の目から沢山の糸が伸びて、連なるように過去生(?)の記憶みたいなイメージが次々と見えた事があったけど。
これは、もしかしたらこの沢山の連なる過去生らしきものをひっくるめて解消する為に起こってた事なのか?と思った。

もしかしたら、責任感(またはカルマやブロック)から、自分が悲惨な目に合うのを望んでいる過去生もあったのかもしんない。わたしにはわからない部分で、それを望む自分というのがいたのかもしれない。

そして、たみえさんのセッションで、見たくないもん観るの辛い。
ていうブロックの中に、赤ちゃんの時にお母さんの顔を見て、無表情だったのを自分の所為だと感じた
というのがあったのだけど。

これだって、よくよく考えたら、自分の所為だと感じるのって、変だよね。
そう思う人も居て、そう思わん人も居て。でも、私は無意識にそう思った(らしい)
自分の記憶にない部分で無意識にそう思うブロック。

それって、責任感という名のブロックなのかもしんない。

目の前に起こる事が、自分の所為じゃないのに、自分の所為だと強く感じるブロック。

それが転じて、見たくないもの観るの辛い。

になるんじゃねーの??

目の前の出来事は、
自分とは無関係で、自分の責任とは関係ない。という視点で見たら、辛いという風にはならんわなぁ。
または、責任感という気持ちが過剰じゃなければ、線引きも出来るわけで。


そんで、ドロッセルが出てきた理由もちょっとわかったんですよね。
このCGアニメの設定が、二万年人類と戦争している機械のお話なんだけど。

ドロッセルは唯一、人類との共存を目指してるんですよ。
ものすご重たい設定と、責任を背負ってる筈なのに、アニメの中ではゲデヒトニスとの掛け合いや、ギャグとトンチンカンな会話ばかり。笑

でも、あれくらい軽くなるのが理想なのかもな。て思ったんです。


続く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドロッセル

2017-11-17 15:11:51 | 日記

先日の白い発光体のようなイメージの宇宙人(?)
これが、一応私の、観ることに対するブロックの象徴のようなもん。だと思ってるんですが。

しばらく、その赤茶色の大地に降り立って微動だにしない姿だったんすけども。

数日前に、ふと、
この子とは別に、ファイアーボールのドロッセルが浮かびました。

一瞬、
何を意味しているのか混乱。

しかし、あれーそういえば、
私のブロックの解消パターンといえば…

ブロックの象徴となる人を発見!

の直後か前後に、

ブロックを解消してガイドになった姿

もほぼ同時期に出てくる事が多いんすよ。

これが何故なのかわかんねーんですけど。
ヒントみたいなもんなのかなと思ってて。

んで、ファイアーボールのドロッセルだと何故感じたかというと。

数年前に、ファイアーボールをDVDで見て知ってたんですけど、ここ数ヶ月前に新作が放送されるとかで、再放送してるアプリをダウンロードしていて、それをたまたま見てたんですよ。
ほんで、新作放送の関係て、
旦那もたまたま、ツムツムにドロッセルが出たよ!とか言って見せてくれてたり。

そんなんが一気に、寝る前にばばばばっと走馬灯のように頭の中を走り抜けて。

あれ、もしかしてガイドのフィルターイメージに使われてるんじゃあ。。。
て思いました。汗


よくよく考えたら、ドロッセルは目を開いてて、映像ではほぼ、目を閉じるシーンもなくて、おめめパッチリ。
さらにその目は水色に光ってますからね。

うあー、私の見てたイメージと丁度、
真逆じゃん!(*゚Д゚*)

しかも、ドロッセルはロボットで、人類と戦争中ではあるのだけど、それでも、人類との和解を目指してるんですよねー。

あからさまに不気味な宇宙人のフィルターだと私が怖がりそう(?)だから、ドロッセルなのかもしれんけど。汗
意味深だなーと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加