にいや徒然エッセイ

「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る。

マイ草刈機をゲット

2020-09-22 | 田舎暮らし

里山の暮らしは草との闘いだ。

母は長年草刈りをしてきた。

いつもエンジンが掛からないと

苛立っていた。

母は2年前にやっと草刈りすることを

手放した。

私がそのおさがりを整備してもらった。

1度は使えたが

先日はとうとう掛からず。

草刈りの為に早起きして臨んだのに。

相当イラッとした。

草刈りに苛立つのはDNAかもしれない。

それからも敷地内の草がドンドン伸びる。

わが家には幾種類もの草刈機がある。

別の機械で草刈りすれば良いのだが、

その草刈機には紐じゃなく

円盤状の金属

俗にいう「歯」が付いたままだ。

広い平らなところを刈るには良いが

凸凹した狭い敷地だから

歯ではきれいに刈れない。

紐に付け替えればよいのだけれど

以前手をつけたらばできなかった。

ネジを回したら外れると思うが

ネジと歯が一緒に回るのだ。

どこまで行ってもグルグル状態。

「どうなってるんだ」とイライラもした。

悪戦苦闘する私を見かねた

お隣さんがやってくれた。

この家のかちょーがやってくれたら

一発で解決するが

土日も何やかやと不在。

ボーボーは嫌だ、

どうにかしたいと2週間耐えた。

やっと次の週末が来た。

カチョーが草刈りをしてくれただろうと

安堵したが

道路脇の倉庫周りだけが美しくなっていた。

それから数日間また考えあぐねた。

右のお隣さんの助力で

歯を紐に取り替えて

左のお隣さんの助力で

紐を歯にもどしておこうか・・。

そのアイディアを母があははと笑った。

毎回そんなことするのもな~。

カチョーは「取り換える」とは

ついぞ言わず

電動の草刈機を2、3万円で

売っているぞという。

所用のついでに見に行った。

電動は円盤式がメインで

紐の代わりにプラスチックの2枚歯が

ついていた。

紐を回すのはドウリョクが必要だそうで

充電して30分~40分が限界だそう。

エンジン付きに勝るものはない。

軽くてパワーがある上に

以前よりだいぶ安くなっている。

買いました。

母が。

それは私のマイ草刈機だ。

白菜の苗を植えた後で草刈り開始。

刈れる刈れるドンドン刈れる。

気持ちが良い。

敷地もすっきり。

と思ったら築山の2メーター四方が

木の死角になって残ってしまった。

次のお楽しみだ。

 


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耕すシンガー | トップ | 猪突猛進な人 »

コメントを投稿