新沼健 日々独言

自由が丘大人の音楽教室とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、街歩き、世相などなどを書いています

2019年 冬ドラマ雑感 今期No.1の「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」

2019年03月21日 09時48分30秒 | レビュー 映画・ドラマ
▲ 冬ドラマNo.1の「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」


自由が丘大人の音楽教室の新沼健です。

「自由が丘大人の音楽教室」とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、世相について思うことなどをこちらに書いています。

2019年の冬ドラマが続々最終回を迎えているので、その雑感です。

今期の私の一押しはテレ東のドラマBiz枠、「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」です。

あらすじ
中堅都市銀行・よつば銀行の女性総合職・原島浩美は、グループでも成績最下位の台東支店への異動を命じられる。

渉外担当となった浩美は、支店の業績を上げるために新規取引先の開拓を提案。

顧客ニーズの的確な把握と大胆な交渉で、これまで獲得できなかったシンワ商事との取引に成功する。

その後も浩美は、顧客のために銀行が果たす役割とは何かを中心に考えながら、負債を抱えていた渡辺興産のテーマパーク事業に道筋をつけ、ベンチャー企業の日本マイクロテクノロジーを企業乗っ取りから救う。(wikipediaより)


原作が人気漫画ということで、ストーリーもよく練れている上、主演の真木よう子がこの役によくはまっていました。

1話完結型で1時間の枠にちょうどよく起承転結が収まり、最後に原島浩美が問題を解決するという王道の展開も心地よく、毎週、次回が楽しみでした。

中でも松田葉子役の西野七瀬が、出番が少ないながら、陰ながら原島浩美に協力するという役柄も良く、実に好印象で次回作に期待させます。

残念だったのは最終回が詰め込みすぎで、バタバタした印象で、一番面白くなかったのが残念です。

逆にベスト回は第3話、窓際融資係の奮起・協業というのが良かったですし、西野七瀬が良い役回りでした。
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 朝日新聞大嫌い!? とある... | トップ | 2019年 冬ドラマ雑感 まず... »
最近の画像もっと見る

レビュー 映画・ドラマ」カテゴリの最新記事