新沼健 日々独言

ブティック自由が丘101とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、街歩き、世相などなどを書いています

自由が丘 大人の音楽教室 ホームページ

自由が丘 大人の音楽教室 ホームページ

やはり「JETS」には勝てなかった!ドラマ「チア☆ダン」大団円!!

2018年09月16日 09時13分33秒 | レビュー 映画・ドラマ
▲ やはり「JETS」には勝てなかった!ドラマ「チア☆ダン」大団円!!


自由が丘大人の音楽教室の新沼健です。

「自由が丘大人の音楽教室」とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、世相について思うことなどをこちらに書いています。

今期ドラマの中で、私がダンスシーンを中心に何度も何度も見返したドラマが「チア☆ダン」でした。

主演の土屋太鳳をはじめ「ROCKETS」のメンバーが(1〜2人を除き)女子高生に見えないことや、筋立てや設定が結構テキトウ(説明不足?)なことなど、”本格”ドラマファンからの評価は低いかもしれません。

しかしながら、スポ根ものが特に大好きな私にとってはそれらの「粗」は全く気にならず、最終回まで楽しめました。

登場人物の全てが元気で前向きな女子であることがドラマを明るく、最後まで楽しいものにしてくれました。また、エンディングタイトルの入り方が絶妙で、次週を待ち遠しく感じさせました。

スポーツマンシップ、あるいはチアの心のイイトコどりしたような「JETS」のメンバー、特に花房月子役の小倉優香は適役でした。彼女たちには負けてもしょうがないと思わせる「心技体」の充実感がありました。

ただただ残念だったのが、最終回に姿を見せなかった広瀬すずと、五十嵐先生役の天海祐希です。
最終回には一瞬でいいから出て欲しかった。

断然のベスト回は「第4話 ROCKETS福西商店街登場編」です。

今期一番のドラマ「グッド・ドクター」最終話が残念!劇場版「コード・ブルー」と被りすぎ!!

2018年09月15日 11時05分22秒 | レビュー 映画・ドラマ
▲ 新境地開拓の山崎賢人と上野樹里の好演が光った「グッド・ドクター」


自由が丘大人の音楽教室の新沼健です。

自由が丘大人の音楽教室とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、世相について思うことなどをこちらに書いています。

今期ドラマの中で、私が一番に評価する「グッド・ドクター」が最終回を迎えました。

新境地開拓の山崎賢人をはじめ、ヒロインを務めた上野樹里の好演が光った、とても上質のドラマでした。

いかに上質なドラマとはいえ、舞台設定上の展開で亡くなる子供達が多く、見返すことがとても少なかったお気に入りのドラマでした。

さて、最終回はずっと小児外科に入院していた松下伊代(16歳?誰かに対するリスペクト?)が、肝臓と大腸の移植手術を受け、学校生活が送れるまでに回復するというハッピーエンドでしたが、肝臓を提供してくれた女児が両親の前で亡くなるという展開でした。

これって、劇場版「コード・ブルー」のエピソードの一つとほとんど同じで、少々興ざめでした。

無論、偶然の一致なのでしょうが、同じフジ系列なのだから、なんとかならなかったのでしょうか?

ベスト回はハートをわしづかみにされた「初回」と、病院をたらい回しにされた挙句に亡くなった女児の思いを母に届けた山崎賢人を描いた「第三話」です。

続編は期待しますが、あまり簡単に子供が死なない展開にしてほしい。それこそ、すべての子どもを大人にしてほしい。

「池田慶弘&前田翔太 デュオリサイタル」

2018年09月14日 06時34分09秒 | レビュー 映画・ドラマ
▲ 「池田慶弘&前田翔太 デュオリサイタル」


自由が丘大人の音楽教室の新沼健です。

自由が丘大人の音楽教室ピアノ講師・前田翔太が出演する、「池田慶弘&前田翔太 デュオリサイタル」に行って来ました。

今度の公演は、8月に前田講師の地元、愛媛県で行われたものの再演だそうで、二人の息がとても良くあっていました。

ピアノ、ヴァイオリンともにソロ演奏があり、ともに10分を越す曲を暗譜して演奏されていました。

ヴァイオリニストの池田慶弘氏は、前田講師と同窓の桐朋音大出身で10月からドイツ・リューベック国立大学大学院への留学が決まっている俊英で、なかなかのイケメンです。

ヴァイオリンは、演奏中も微動だにせず、弓は弦に対して常に垂直、正に「ヴァイオリン演奏のお手本」といった奏法でした。

アンコールで披露されたパガニーニ の「ラカンパネラ」がとても聞き応えありました。

次週いよいよ最終回! ドラマ「チア☆ダン」

2018年09月10日 09時07分55秒 | レビュー 映画・ドラマ
▲ 次週いよいよ最終回! ドラマ「チア☆ダン」


自由が丘大人の音楽教室の新沼健です。

自由が丘大人の音楽教室とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、世相について思うことなどをこちらに書いています。

毎週楽しみにしていたドラマ「チア☆ダン」、次週いよいよ最終回です。

全国大会出場には、福井大会でJETSを破らなければ出場できないものだと思っていましたが、関西地区予選2位(1位は多分JETS?)ということで全国大会に出場決定!

全国大会でのJETSとの最終決戦ということになりました。

実在のチームとドラマ上のチームとの対戦、どちらが勝っても議論を呼びそうですが、両チームともどのような素晴らしいダンスを披露してくれるか今から楽しみでなりません。

ネット上でドラマ「チア☆ダン」関連の情報を見ていた時に見つけた動画です。
ドラマの振りと同じようで少し違うようなかんじですが、OGたちも現役とあまり変わらないくらい上手なのに驚きました。

「できっこないを やらなくちゃ」 サンボマスター

とても丁寧に作られた作品だが盛り上がりに欠ける「泣き虫しょったんの奇跡」

2018年09月09日 05時41分32秒 | レビュー 映画・ドラマ


東京自由が丘大人の音楽教室、の新沼健です。

自由が丘大人の音楽教室とは関係無い、映画・ドラマの感想、美味しかった料理、世相について思うことなどをこちらに書いています。

地元在住の監督作品と知り、おっとり刀で鑑賞して来ました。

あらすじ

幼少期より将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田龍平)は、プロ棋士の登竜門である新進棋士奨励会に入会する。しかし、「26歳の誕生日までに四段昇格」という規定への重圧から勝てなくなり、年齢制限により退会する。途方もない絶望と挫折感を味わう晶司だったが、親友の鈴木悠野(野田洋次郎)や家族など周囲の人々に支えられ、夢をかなえるため再び立ちあがる。(シネマトゥデイより)

監督がプロ棋士を目指していたということもあるのか、とても丁寧に作られた作品でキャスティングも豪華です。

しかしながら、明確な敵役を設定していないため、主人公が将棋に勝利しても、いまひとつ達成感・爽快感が乏しいと感じてしまいます。
そのあたりは、「3月のライオン・前編」の新人戦エピソードに比べるとだいぶ見劣ります。
かなりの良品だが、盛り上がりに欠ける、というのが私の評価です。