相談料・着手金無料 新潟の弁護士による交通事故ブログ(新潟県の交通事故) 

弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会)のブログです。交通事故の記事をまとめました。お悩みの方は025-211-4854にお電話を

散歩中の犬により歩行者が転倒した事故の賠償責任(交通事故)

2018-04-17 12:49:39 | 過失割合(その他)

 大阪地裁平成30年3月23日判決は、ランニング中の人が、散歩していた犬を避けようとして転倒した事故について、犬の飼い主に賠償責任を認めています。

 これは散歩中の犬が突然走り出し、飼い主が手に持っていたリードが放たれ、驚いたランナーが転倒したというものです。転倒時の犬とランナーの距離は50センチメートルほどでした。

 裁判所は、まず、動物の占有者は動物を散歩させる際、動物を係留させる義務があったとしました。それにも関わらず、飼い主が特別な事情もないのにリードから手を離したことの過失は大きいとしました。

 他方、ランナーにも前方不注視の過失があったとしました。

 以上を踏まえ、飼い主9割、ランナー1割の過失割合で飼い主の賠償責任が認められました。

 確かに犬のリードから手を離すことは重大な落ち度ですから責任が認められたことは穏当といえるでしょう。

 

交通事故でお悩みの方は当さいとうゆたか法律事務所(新潟県弁護士会所属)の弁護士齋藤裕にご相談下さい。交通事故の相談料は無料です。まずはお電話(025-211-4854)かメールをなさって下さい。

 

                       弁護士 齋 藤 裕(新潟県弁護士会所属)

新潟の弁護士による交通事故ブログトップ

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見通しがきかない交差点と過... | トップ | 右折自動車とその後方から走... »
最近の画像もっと見る

過失割合(その他)」カテゴリの最新記事