上杉ともゆき「新潟大好き!」

ふるさと新潟に元気注入!!

やっぱり、筋肉痛!

2009-11-30 | 日々の出来事
昨日の綱引きで張り切りすぎ、全身の筋肉が悲鳴をあげました。無理は禁物です。

12月議会に向けて一般質問の準備。来年度予算の編成方針についても聞きたいのですが、今年は事業仕分けの影響もあり先が読めません。

昨日のブログで「水と土のアート制覇」と書きましたが、スタンプはもうひとつあることが発覚。ただし、実行委員会では非公認の関連作品と位置付けているとのこと。ウ~ム、ちょっと遠いし、どうしようかなぁ…?

夜は青年ネットワークのミーティング。来年度、日本都市青年会議の全国シンポジウムを誘致することが決まり、その準備が始まりました。新潟らしいアイデアで発信すると同時に、新たな仲間づくりにもつなげていきたいと思います。

大学時代の仲間が長崎の県知事選挙に立候補することを知りました。ビックリ!


今日の新潟はのち
コメント (1)

制覇!

2009-11-29 | 新潟大好き
午後から水土のアートめぐり。


河口龍夫「関係-蓮の屋敷」(中央区・旧齋藤家夏の別邸)
芸術祭をきっかけに、この別邸の素晴らしさを多くの市民に知ってもらえたことがとても嬉しかったです。






紅葉は見ごろを過ぎていましたが、晩秋から初冬の風情もまた素晴らしいものでした。


坂爪勝幸「水のためのインスタレーション」(中央区・燕喜館)
外から眺めることは何度もあったのですが、中に入るのは初めてでした。これですべての作品を回り終えました。まだまだ何度も見たい作品がたくさんあります。これからは雪景色とアートの組合せも楽しみです。

からだ痛っ!

2009-11-29 | 日々の出来事
上所小学校区スポーツ振興会主催のミニ運動会に参加しました。玉入れや障害物ゲーム、ボール送りなどは子供たちが主役なので、ほどほどに参加していればよかったのですが、最後の綱引きだけは本気勝負です。引き分けなしの三本勝負。2-1で負けた悔しさよりも、全身の筋肉痛がつらいです。得点に関係のない全員参加のパン食い競争が楽しくてよかったです。

今日の新潟はのち夜は一時

うま博

2009-11-28 | 新潟大好き
朱鷺メッセで開催されている「新潟うまさぎっしり博」に行ってきました。新潟デスティネーションキャンペーンのシンボルイベントで、東京からも団体ツアーが来ています。


14時半ころに入場したのですが、お昼頃はもっと混雑していたとのこと。


丼、ラーメン、スイーツなど、人気のブースは大行列。既に売り切れのお店も。タレかつ丼にも行列ができていました。


やはりB級グルメに注目。みかづきの「越後ハーブ鶏のイタリアン」、うま博限定です。

県内各地から名店が出展しているのですが、大半がイベント向け特別メニューになっており、地域の郷土食などの発信が弱いように感じました。また、会場内の演出も、地域の祭を紹介するなどのアピールが不足しているように感じました。県外客に新潟の魅力がきちんと伝わっているのか気になります。


今日の新潟は時々
新潟交通労働組合第10回年次大会に出席しました。

事業仕分け

2009-11-27 | 日々の出来事
万代シテイもクリスマスムード。


ここに来て、今年の流行語大賞の有力候補となった感のある「仕分け人」。事業仕分けについては、どこに行っても話題になります。まちづくり交付金やオムニバスタウン事業など、新潟市の政策課題に関わるものも数多くありました。税金の無駄遣いをなくす点では賛成であっても、自分の生活や利益に関わるものは残してほしい。多くの国民が多かれ少なかれそう思っているでしょうし、仕分け結果については様々な異論反論が出てくるでしょう。ただ、ある大学教授が「政治とは税金の使い道を公の場で決める過程だ」と言っていましたが、その意味で今回の事業仕分けは政治を「公の場」に出した点で評価できると思います。

今日の新潟は

ちょっと落ち込む…

2009-11-26 | 日々の出来事
毎日、夕焼けばかりですが…。


久しぶりにある市民活動の会議に参加したのですが、主宰者から「今後、利害関係者の参加は断わる」と言われてしまいました。常に一市民の立場で活動しているつもりなのですが、その方にはなかなか理解してもらえません。会の皆さんとは仲良くやってきただけに非常に残念です。

11月臨時会は最終日の本会議。職員の給与改定などの全議案が可決されました。さて次は、来週12月2日から始まる12月定例会に向けた準備をしなくては。一般質問ではたくさん言いたいこともあるのですが、どのような答弁を引き出すか、展開と詰めに悩んでいます。

今日の新潟は未明に、日中は
コメント (2)

臨時議会2日目

2009-11-25 | 議会報告
明日も晴れるかな?

さて、11月臨時議会2日目は常任委員会の審査。市民厚生委員会では開会に先立ち、先日ご逝去された若林国昭委員のご冥福をお祈りし黙とうを捧げました。議案は人事委員会の勧告に基づく職員給与と期末勤勉手当の引き下げ及び人事異動に伴う人件費の補正について。デフレスパイラルが危惧される経済状況の中、民間の給与水準に合わせて公務員の給与を下げていては、さらに民間の給与を下げてしまう恐れがあります。今回の引き下げ率は許容できるぎりぎりであり、勤務時間の短縮などの取り組みも早期に実現してほしいものです。

午後からは男女共同参画推進議員連盟の研修会。担当課長からDV防止の取り組みについて説明を受けました。DVは個人の問題とせず、社会の中にある要因を見出す必要があるとのことでした。


今日の新潟は

まちづくりビジョン

2009-11-24 | 政策課題
第24回新潟JCフォーラムが新潟ユニゾンプラザで開催されました。今回のテーマは「新潟の価値あるまちづくり」~みらいの夢を共有しませんか~。篠田昭 新潟市長と田村秀 新潟大学法学部教授をゲストに、これからの新潟のまちづくりビジョンについて語る内容です。会場には何の申し合わせもないのですが、まちなか同志隊のメンバーも多数見に来ていました。

市長からは現在の新潟市が行っているまちづくり施策についての説明。田村教授からは新潟のまちづくりについての課題提起がありました。さすがB級グルメの研究者とあって、タレかつ丼をもっとアピールすべきとの発言も。

また、新潟青年会議所の新潟拠点化推進委員会がまとめた「新潟の拠点化推進に向けた調査・研究報告書」を基にした「新潟みらい創造プラン」も発表されました。
・賑わいと活気に溢れるまち
・北東アジア経済を受け入れるまち
・住民の深い絆で結ばれたまち
という三つのビジョンはなかなか良くまとまっており、私の考えと一致する点も多くありました。今後はJCがどのように主体的に関わっていくのか、さらなる議論の発展が期待されます。


今日の新潟はのち
臨時議会が召集されました。主な議案は人事委員会の勧告を受け職員給与等の引き下げを行うものです。明日の委員会審査を経て明後日の本会議で採決となります。

ラストスパート

2009-11-23 | 新潟大好き
水と土のアートめぐりもラストスパートに入りました。


栗林隆「ツビッシェン・ラウム」(中央区・山二ツ米倉庫)
額縁の中にたくさん写っているのは自分の顔。現代版のガマの油か!?


鈴木勲「新潟―水の旅」(中央区・天寿園)
電動カートが作品…ではなく、旅そのものがアート。不思議な展示です。


旅の動力となった水力発電で旅の映像を映し出しています。


木村健世「Earth ON AIR」(東区・貯木場)
月潟駅と同様に、FMラジオから周辺地域の音の風景が聞こえます。小学生の歌声に子供たちが反応し、一緒に口ずさんでいました。


日比野克彦「THE SEEDS TRIP 2009 横浜→新潟」(中央区・みなとぴあ)
開港150年の横浜から開港140年の新潟をつなぐ作品。ワークショップに参加できなかったのが心残りです。

これで完全制覇まで残すところあと2ヶ所となりました。


今日の新潟は時々

新聞の読み方

2009-11-22 | 日々の出来事
N日報 「参院選2人擁立へ努力」
M新聞 「2人目は検討課題」
A新聞 「『2人目』擁立断念へ」
Y新聞 「参院選、民主2人目断念へ」
S新聞 「参院選、民主は田中直紀氏の1人公認に」

昨日の県連大会を扱った今朝の各紙。こんなにも違う見出しになりました。私たちは新聞の記事やテレビのニュースを、あたかも客観的な事実であるかのごとく無批判に受け入れてしまいがちです。しかし、同じニュースでもこれだけ違う内容で報じられるのです。しっかりと読み比べて、真実を見つける努力が必要だと改めて実感しました。

この味、想像以上!

2009-11-22 | 新潟大好き
三条のご当地B級グルメ「カレーラーメン」。新潟タレかつ丼の強力なライバルです。


大衆食堂 正広 さんのカレーラーメン(750円)
スープは懐かしいカレー南蛮風味で、程良いとろみで麺としっかりと絡み合い、ゴロゴロとした野菜やお肉も柔らかく、想像以上においしかったです。大汗をかきながらも最後の一滴まで飲み干してしまいました。


ここでもマップとノボリのセットは基本です。ただ、ノボリのデザインは共通でしたが、個々の店舗のアピールも入っているすぐれものでした。三条カレーラーメンのパワーに圧倒されました。また、食べに行きたいです。

将来は科学者か職人か

2009-11-22 | 日々の出来事
子供たちのリクエストで、三条市の県央地場産センターで開催中の「青少年のための科学の祭典2009 新潟県大会」に行ってきました。県内の企業や大学・高校などがブース出展し、子供向けの科学実験や理科工作が体験できます。子供たちは各ブースを次々に周り、葉脈見本や偏光板を使った万華鏡、磁気スライムなどを作って大喜びでした。また、同時開催の「第26回新潟県伝統的工芸品展」では、三条仏壇の職人さんに指導してもらい、銅板細工のキーホルダーづくりを体験。こちらのコーナーも順番待ちの大人気でした。このイベントを通して多くの子供たちが科学やものづくりに興味を持ってくれるといいなと思います。

今日の新潟はのち

大変なことに…!?

2009-11-21 | 日々の出来事
民主党新潟県連の第12回定期大会に代議員そして大会運営委員として出席しました。



政権交代が実現して初めての大会であり、また、来年の参議院議員選挙の候補者選考の件など話題性があったためか、報道陣もかなり多く来ていました。大会は参議院議員選挙の対応について若干の質問と意見が出ましたが、全ての議案が承認されて無事終了。

続いて民主党躍進パーティーへと移るのですが、これが大変なことに…。


なんと600人を超える参加者が集まり会場に入りきれず、廊下やロビーにテレビモニターを出して中の様子を中継するほどでした。県知事をはじめ県内の各市町村長も大勢いらしていました。これが与党の勢いなのかと、会場の隅っこの方で驚いていました。


今日の新潟は時々

まちなか再生本部~その2~

2009-11-20 | 政策課題
第2回新潟市まちなか再生本部会議が開催されました。今回はアドバイザーである高松丸亀町商店街振興組合理事長の古川康造さんによる講演がメインです。

古川さんからは「高松は成功例ではない。16年かかってようやくスタートラインに着いたところ。」と、商店街のこれまでの取り組みについてお話をいただきました。

(高松は今年1月に視察しています。こちらをご覧ください。)

委員からは
・まちづくりは暮らしづくり、コミュニティが大切。
・消費者の欲しいもの=まちの魅力=「古町らしさ」が必要。
・古町商店街の実態把握が急務。
・新潟の逸品を揃え、観光客にも来てもらえる古町に。
・トイレやベンチなど優しい街に。
・商店街をオープンにし、市民運動とも連携を。
・農家と連携しファーマーズマーケットから始めては。
などの意見が出ていました。

最後に古川さんから
・最初から行政と協力している新潟市がうらやましい。
・「なぜ中心市街地なのか?」について市民のコンセンサスが必要。
・活動原資を稼ぐことも大事。
といった補足がありました。

私から見ると、なぜ今ごろ古川さんの講演なのかが理解できません。高松の事例はまちづくり関係者には教科書の1ページですし、新潟にも何度も講演に来ていらっしゃいます。「いいお話でした」などと言っている時はとっくに過ぎており、「新潟にはこんな問題がある」「ここが乗り越えられない」等といった具体的な課題についてアドバイスをいただく時期ではないかと思います。本部会議は次回もアドバイザーによる講演とのこと。ちょっと悠長すぎやしないかと感じます。


今日の新潟は時々
連合新潟地域協議会の定期総会交流懇親会に出席。
コメント (2)

学校適正配置

2009-11-19 | 政策課題
第8回中央区自治協議会を傍聴しました。来年度の特色ある区づくり予算について議題になったほか、教育委員会学務課から学校適正配置審議会の中間報告について説明がありました。審議会では児童数の将来予測をもとに規模の適正化を図るため、統廃合のパターンを示しています。委員からは地域の事情が反映されていない、コミュニティ協議会はどうなるのか、万代長嶺の問題は未だ解決していない等といった意見が出ていました。私は審議会の報告はあくまでも数字合わせだと考えます。児童数が少なくても地域の学校として存続させるのか。あるいは学校は統合してもコミュニティ協議会だけ残すのかなど、それぞれの地域が自分たちでどんどん意見を出して構わないと思います。学校と地域の結びつきは効率だけで割り切ることはできないのではないでしょうか?

今日の新潟は時々
寒いと思っていたら、あられが降りました。