ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

山中奈緒子、ダンボールの街

2015年12月04日 | Weblog
今回の舞台は炭坑の街。


寂れて、壊れて行く場所。


記憶を刻んだ建物。

そんな街並に、どこかで見た・・。

崩壊した扉から、とぼとぼと出て行く人影も、心なしか私の知っている人々だ。

これが物語りの始まり。

この街に住む人々を募集中です。


宝探しに参加されたお客さんには記念品も。

お客さんにちょっとだけ待ってもらって、開店前のニヒル牛2で少し泣きました。
見る事が出来ない未来が。
空間も時間もねじ曲がっていて、だけどこれは、私達の物語りだ。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ニヒル牛は、今日から! | トップ | 街に住む人 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事