ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

その2

2007年11月26日 | Weblog
そして、大野桃代さんの、『赤い屋根の家』
後ろの家は、電気がつきます。透明な窓の景色がステンドグラスの様になります。
赤い屋根の家の中には、クッションも入っていて、暖かそう。
犬と鳥と住んでいる女の子の、小さな森の家。
桃代さんのロマンチックは、静かで幸福です。

ある作家さんから、ニヒル牛は終わらない大学の学祭みたいだと言われました。
そういう所に居たくて、ニヒル牛にいると。
私は、自分はずっと、よくも悪くも、終わらない祭りの中を生きていくのだと思っているので、ちょっと納得してしまいました。
だけど、踊る人では無いので、祭りを見ている人なので、続けていけるんだなあと。
なるほどー。宿命なのかなー。ビューティフルドリーマーだなあー。
・・ちょっとまぬけな宿命だなあー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« いよいよと 贈り物展 また1 | トップ | にぎやかっす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事