ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

「病気と医者」作品紹介前半

2019年11月03日 | Weblog

お待たせしました!
作品をどどーんとご紹介いたします!
よけいな説明はいりますまい。
素晴らしいから見てね。
まずは今回の企画提案者、собака и кошкаさん。


カバンなのですが、見た瞬間にもうぐっときましたね。


お次はディスプレイを担当してくれ氷国青年団さん。

なぜ神様?はぜひタグを読んでください。かっこいい神様柄は、後半には長袖シャツになって登場予定です!


次は今回のBGMも作ってくれたジョルジュデコヤツさん。



この柄のカバンかTシャツが欲しいと聞かれた心臓のポストカードも、ジョルジュデコヤツさん作。


それから、11/9には朗読ライブがある平田真紀さんは短歌集。

チラシのコピーは、今回の展示の裏テーマになるんじゃないかなと。


展示準備をするメンバーを、一番ざわつかせたのは、やはり金座座団さん。

その名も『鬱壇』。とにかく、そっと開いてみて欲しいなと。売約済みです。

前半最後はヤブウチマリさん。

夢見るような胎児は、ブローチになっています。この箱に収めればオブジェとして飾ることも。


うーん、いいなあ。
明日の後半に続きます。

 

 

コメント