ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

まさか、ここで会うなんて

2018年05月06日 | Weblog
赤ちゃんの時から知っている。
友人の娘さんが、ニヒル牛に登場しました。

パーツも自分で作ったアクセサリー達。



シックで、ちょっとアンティックな時代物にも見える。



へえ。
こんな色を持っていたんだ。

新規作家ゆとりさん。
お父さんは、石川浩司の仲間、滝本晃司さん。
そう。Gさんです。
CDばかりの箱に、一緒に並べてくれました。
そんな事を知らないお客さんが立て続けに買われていって、またまたへえと。
まさか、ニヒル牛で会えるなんてね。
これからよろしく。
コメント