blog-cafe

マダムnihaoのフレッシュ搾りたてブログ。お気軽にお立ち寄りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もし私が図書館長だったら

2010-08-29 11:25:00 | 読書
 





 私が利用している図書館では、貸し出した図書を印字してくれるようになった。
この紙片を日付順にノートに貼り、簡単な感想などをメモしておけば自分用の読書ノートが作成できる。
読書ノートまでは作らないにしても読んだ本のタイトルなどが一目瞭然なので、忘れっぽい私にとっては大変便利だ。
著者名の印字がされていない点が少々不満だが。

 最近はブックレビューを怠っているが、実はたくさん読んでいる。 
5月27日から8月23日までの約3ヶ月間で計50冊借りているから、2日で1冊以上のペースで読んでいることになる。
6日間で5冊読んだ週もあって自分でも驚く。

 猛暑の夏を家でじっと読書しながら乗り切っていたんだなと思うと...
誰のためにもならない非生産的な時間を過ごしていたものだと恥ずかしくなる。
しかもほとんどがミステリーかホラー小説だから、おどろおどろしい澱(おり)のようなものが溜まる一方だ。
しかし全く無意味だった訳ではなく、【桜庭一樹】さんや【柳広司】さんという個性溢れる新進作家との出会いは衝撃的な読書体験だった。

 
 さて、私が読み終わった最新の作品は↓





  『霧の塔の殺人』 大村友喜美 角川書店 H21・9・30  (写真下段)

 
 大村友喜美さんは第27回横溝正史ミステリ大賞受賞作家。
お見かけしたことはないが実はご近所に住んでいらっしゃるので、私は熱烈な応援団のひとりだと自認している →【辛口ですが
受賞作と受賞後第一作は書店で買い求めたが、既に第三作が刊行されていたことは知らなかった。
一年に一作のペースで、丁寧に練り上げた作品を世に出されていることは嬉しい。

 『霧の塔の殺人』は、前二作とは趣を変え社会派風ミステリーとなっていた。
緻密な描写と伏線の多さが際だつ作風で、さらに日本社会が抱える今日的問題や東北の寒村の厳しい現実を浮かび上がらせている。
今回は全く異なった二つの事件が交錯しているが、映画やTVドラマにしたら面白くなりそうな作品だと思った。
大村作品は最後まで読まないと真犯人が判らないようになっているが、実は最初の犯人登場からなんとなくピンとくるものがあった。
この予兆を感じさせる雰囲気作りが映像的であると感ずる次第だ。
大村作品のシリーズには、藤田警部補と一方井記者という名探偵役が登場する。
ぜひ彼らが日本ミステリー界で確固たる市民権を得て、金田一耕助や十津川警部のような人気者になってほしいと願う。


 ところで、もし私が図書館長だったら......
(1)図書館に大村友喜美コーナーを作る。
 なぜなら、この横溝正史賞受賞作家のことを地元民は知らなすぎるから。

(2)大村作品を地元民への課題図書に指定し、作者を招いて一大読書会を催す。

(3)同じくご当地作家の【高橋克彦さん】と大村友喜美さんのお二人を招き『ミステリーの夕べ』を催し、ミステリー誕生までの秘話などを話していただく。
参加者全員でミステリークイズ大会を行う。

 だって今年は『国民読書年』!!
図書館には、なにかワクワクすることを考えて欲しいものだ。



コメント (8)   この記事についてブログを書く
« あれもこれも | トップ | 加齢なる仲間たちへ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うらら)
2010-08-30 12:58:38
貸出を受けた本の書名を印字してくれるのは良いですね!
以前にも借りた本をまた借りてくる、なんて事が何度もあるので。
でも、何枚も溜まったらやっぱり同じかな?
一時、PCに読んだ日付、書名、作者名をリストにして保存していました。
エクセルに保存していたので検索は簡単だったけれどいつしか止めてしまいました。
なので印字した紙を出してもらっても、やはり役立てる事は無いかも。

3ヶ月で50冊の本を読むとはスゴイ!
私も読書量は多い方だと思うけれど、月に10冊から12冊。
3ヶ月で最大でも40冊でしょうか。

>誰のためにもならない非生産的な時間
私などは怠惰な格好で読むので、そのままウトウトする事も多く、なんとも非生産的です。
が、ミステリーやホラーは読みだしたらやめられません。
高橋克彦氏の作品も一時は随分読みましたよ。
うららさんへ (nihao)
2010-08-30 16:56:40
これって、どこでもやっているのかなと思っていたらそうでもないのですね。
本の確認などには確かに便利ですが
>でも、何枚も溜まったらやっぱり同じかな?
う~ん、やっぱりゴミになる。

もし私が図書館長だったら......
この紙片をもう少し大きくして、貸し出した図書の印字だけではなく、新着図書情報とかミニ図書館報などにも利用してみたい...

3ヶ月で50冊なんて、他にやることがなかったのかと恥ずかしいです。
「読書の秋」と言うけれど、「猛暑に読書」は専業主婦の特権ですね。
それにしても早く涼しくなってほしいです。
Unknown (京こまめ)
2010-08-30 20:43:58
ずいぶんたくさん読まれたんですね。やっぱりア行から制覇されているのかな?
ミステリーやホラーは私も好きですよ。最近はご無沙汰してますが。

うちの地域の図書館の「貸出期限票」は次の予約人数も表示してあるので、予約者0人なら延長もできて何かと便利です。

予約と言えばこのあいだ「予約の本が入りました」と図書館からメールがあり、今難儀しているところです。
ずいぶん前に予約していた伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』なんです。
読みやすいのでなんとかしたいところですが、最近目が充血するのでちょっと時間がかかりそうです。
というか、暑いのと眠いのとで時間がかかちゃって、のらないと読めないものですね。情けない。
こまめさんへ (nihao)
2010-08-30 21:37:49
ア行から制覇計画は頓挫しました(^_^)
今は手当たり次第です。

>次の予約人数も表示
これ、ウチも書いてあります。興味深い数字ね。
でもつい早く読まなければと焦ってしまいます。

天災と予約した本は忘れた頃にやってくる...
何ヶ月も待たされたら、こちらの事情も変化していますが、待った時間を無駄にはしたくないし...迷うところですね。
夏は確かに眠い!
私もいつも読みながらうとうとしていますが、眠らせてくれない本に出会うと実に嬉しいです。
 (百子)
2010-08-31 12:48:06
2日で1冊とはすごい!
私なんて、今年はまだたったの3冊しか読んでません。
自分でも信じられないくらい少ない。。。。少なすぎます。
それだけ、気持ちに余裕がないってことなのかも?
大村さんの本、表紙が私好み(何か不穏な空気が漂って)で読みたくなっちゃいますね~。
読書の秋もそろそろということで、
どっぷり本の世界に浸りたいと思うこのごろです。

↓ビデオデッキ。。。我が家はありません。。。
録画してもたぶん見ないし。。。という理由から(笑)
百子さんへ (nihao)
2010-08-31 16:03:05
百子さんのブックレビューを参考にしていた私ですが、今年はお仕事が忙しくて本を読む時間がなさそうですね。
そのうちまた物語が恋しくなる時期がきたら、たくさん読んで紹介してください。

私の場合は、読み始めるとその他のことがおろそかになるので危険信号です。
とにかく今年の暑さは本を読んでじっとしているしか方法がありませんでした。

>ビデオデッキ。。。我が家はありません。。。
そうそう、録画までして見る番組って、実はそんなにありませんよね。
私もいつまでたっても使い方がわからなくて(笑)
読書 (すずめ)
2010-09-01 18:12:12
3ヶ月で50冊とは、さすが~!すごいですね!
ベッドの枕元には、これから読む予定の本が2~3冊置いてあります。

でもこの本には催眠導入剤が入っているようで、読もうと開くのですがいつのまにか夢の中でございます(笑)

残暑が終われば、涼しい読書の秋、秋の夜長を楽しみたい、と思ってはいるのですがね~果たして・・・
すずめさんへ (nihao)
2010-09-01 20:43:36
私も、貸し出しカードを調べてみてビックリ!
でも、こんなに読むのは決して誉められたことではない...
読書の時間が多くなると、いろいろなことを手抜きするので、家庭の危機でございます。

ちなみに本をたくさん読むコツは...私の場合は、お茶の間用と寝床用と2冊の本を並行して読むことです。
混乱しないような本選びが重要ね(^_^)

早く残暑が終わって欲しいですね。
手仕事や庭仕事が気になっています。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事