For Crying Out Loud By ギタリスト竹田和夫

ロスアンジェルス在住のギタリスト 竹田和夫
何でも書いちゃいます。For Crying Out Loud !

成毛滋さんの思い出 パート1

2007年04月06日 | 音楽
驚きのニュースが入ってきた。
あの成毛滋さんが亡くなった。 色々な思い出がある素晴らしいギタリストだった。 孤高のチャレンジャーというイメージが強い。 自分にも音楽にもそれは厳しい人だったと思うけど、その人間性は本当に良い人だった。 

始めて成毛さんのプレイを聞いたのは日本中の多くのギターファンがそうだったように、フジTVの勝ち抜きエレキ合戦だった。 フィンガーズというインストバンドのプレイしたヴァイオリンの名曲 <チゴイネルワイゼン>は脅威のテクニックで当時のエレキギタープレイヤーの常識をはるかに上回ってお釣りがくるほどで、それは強力だった。

その後の活躍はギターファンならば皆知っていて、説明の必要なしだと思う。 個人的には十代終わりの頃よくフェステイヴァルや色々なコンサートで一緒になったりした。 今 色々と 記憶の糸を手繰り寄せて思い出していたところだが、、

たしかTVのフィンガーズ以降に始めて実際に氏とあったのは多分、69年に新宿は花園神社の裏にあった当時我々の虎の穴てきな本拠地、、パニックというビートクラブでだったと思う。 

ツノダさんと一緒にきて、何故か誰かの歌ったイエスタデイを弾いていった、私のギターをお貸ししたのかもしれないが覚えていない、その時 エンデイングでFのメイジャースケールをバラバラバラ、、と弾いたのだ、、当時17歳の私の辞書にそのようなものはなく、、内心、、流石のチゴイネルワイゼンだ、、と驚いたものだった、、。 

しかし、驚いてばかりいるわけにもいかないので、私も当時の自分のバンドでがんばってべろべろべろ、、と弾いていた訳だ、、、このべろべろべろ、、とばらばらばらが仲良くなるわけがなく、、当時は知っていて知らない人同士だったように思う。 

その後70年代に入り、たくさんのライヴをご一緒したのだが、一番のベストギグは赤坂のサンラザールというお店で一緒にプレイしたときの成毛さんのプレイだったように記憶している。 盟友ツノダさんと繰り広げたインプロヴィゼイションの極みはそれは強力だった、、、SGスペシャルがいい音、良い粘りを出していた。

第一回目の日本ロックフェステイヴァルというコンサートや日比谷野音の数々のコンサートで一緒になった頃だった、、。
そんな感じで数年が経って行った。
コメント   この記事についてブログを書く
« えっと 驚いた、、 | トップ | 成毛滋さんの思い出 パート2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事