100年前の「明治の三陸」写真帖 明治の大津波から復興した三陸の姿を伝える

明治45年(1912年)に刊行された「写真帖」掲載の岩手県三陸沿岸の貴重な写真や資料を順次公開

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VOL70  明治の三陸名勝23 「茂市(師)附近の眺望」 (下閉伊郡小本村)

2015-02-13 18:00:50 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「茂市()附近の眺望」 (現下閉伊郡岩泉町小本)

 元の明治の写真帖のタイトルは「茂市附近の眺望」とありますが、音は同じでも、「市」ではなく、「師」の誤植と思います。(モシと読みます)

 さて茂師海岸と云えば、先のVOL67で紹介した「宮古層」と呼ばれる前期白亜紀(約1億1千万年前)の地層から日本で最初の恐竜化石が発見されたことで知られています。昭和53年(1978)の夏、旧国道45号線の道路脇の崖(宮古層群の礫岩)に露出していた脊椎動物の化石が見つかりました。その後のこの化石は、史上最大の陸生脊椎動物といわれる全長20mを超す竜脚類という大型草食恐竜の上腕骨(前足)の一部であることが判明し、発見地に因み「モリリュウ」と名付けられました。但し、化石は状態が悪く詳細な分類ができないことから正式な学名は付けられていません。

 なお宮古層から発見される化石はアンモナイトなどの海中に棲む動物が主で、陸生の恐竜が同じ地層から発見されることは不思議に思いますが、当時の陸地から海に運ばれ海中動物と一緒に堆積したものと考えられています。すると現在は山ばかりの同地域に、モシリュウが生息していた当時は、恐竜が生息できるような広々とした草原があったのでしょうか… 夢が広がります。

 それまで中生代の日本列島は、大部分が海の底にあったので、恐竜は生息していなかったと考えられていましたので、定説を覆す大発見でした。その後恐竜の化石は日本各地で発見され、中生代(ジュラ紀後期~白亜紀後期)、数多くの恐竜が生活していたことが明らかになりました。

※いわいずみブログ「わが国で初めて発見された白亜紀の巨大恐竜

 さて本ブログには、宮沢賢治が度々登場しますが(Vol18.67.68)、この大発見の34年前に発表された「楢ノ木大学士の野宿」では、主人公が岩手県の海岸で白亜紀の爬虫類の骨格化石を探すうちに、大きな恐竜に出会う夢を見ています。賢治は当時から三陸に恐竜化石が眠っていると考えていたのかもしれません。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL69  明治の三陸名勝22 「龍甲巖(岩)島」 (下閉伊郡田野畑村小本村)

2015-02-09 16:09:57 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「龍甲巖(岩)島」 (下閉伊郡岩泉町小本)

 

 龍甲巖(岩)は、岩泉町尾本地区の小本川の河口にある、三角形の巨岩です。この珍しい名前の由来には、アイヌ語のタッコ(小高い丘)に、龍神の甲(かぶと)に似ているのをダブらせて龍甲(たっこう)を当てたという説があるそうです。三陸沿岸にはこの他にもアイヌ語に由来すると云われる地名が各地にあります。

 さて写真帖撮影の当時から、景勝の地として知られていたようですが、現在の龍甲岩は頂きに松が大きく育ち、更に趣きが増して小本川河口のシンボル的存在となっています。但し撮影当時と違い、前回の島越松島同様に、陸から島まで防波堤を伸ばして、河川港を造成したので今では陸続きとなっています。この一帯も東日本大震災の大津波で防潮堤が壊れるなど甚大な被害を蒙り、現在復興工事が盛んに行われています。

龍甲岩でネット検索していたら、「水彩画fromいわて」というブログでこの龍甲岩を描いた水彩画を見つけ、作者工藤哲郎様からご了解を頂きましたので下記に掲載します。

 

 また本ブログの明治の学校シリーズ「VOL41小川尋常高等小学校」に、工藤様のモミジの水彩画もアップしました。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL68  明治の三陸名勝21 「島の越松島」 (下閉伊郡田野畑村)

2015-02-06 12:59:06 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「島の越松島」 (下閉伊郡田野畑村)

 松島と云えば日本三景の一つ宮城県の松島が有名ですが、松が生えている島だからと名付けられた同じ名を持つ島は全国各地に100を超す数があると思います。この写真は前回紹介した島越海岸近くにある小島です。明治の頃よりちゃんとした名が付けられ写真帖に掲載れているので当時から北三陸を代表する景勝の地として知られていたのでしょう。但し、現在の景観は本写真撮影の頃とは大分異なっています。頂きに松が生えている姿は変わりませんが、港の整備に伴い、島を利用して左右に防波堤が作られ、また海面が埋め立てられ島とは陸続きになってしまいました。

 しかし今回の東日本大震災の大津波は、その防波堤も楽々と乗り越えて島越の集落の殆どをなぎ倒してしまいました。田野畑村には、NHKの朝ドラ「あまちゃん」で一躍有名になった「三陸鉄道北りあす線」が走っており、島越地区には瀟洒な洋風の「島越駅」がありましたが、大津波は土台の一部を残して、駅舎・ホーム・線路等の全てを押し流してしまいました(先の「あまちゃん」で線路が津波に流されたシーンはこの駅付近で撮影されています)。その後三陸鉄道は、国や全国の皆様方からの支援を受けて、会社と地域が一体となって復旧活動を進め、震災から3年半後に新駅舎が完成しました。

 なお震災前の瀟洒な島越駅舎には「カルボナード」の愛称が付けられていました。これは前回紹介した宮沢賢治に因んでおり、童話「グスコーブドリの伝記」の舞台が由来となっています。隣りの田野畑駅の愛称「カンパネルラ」は童話「銀河鉄道の夜」の登場人物に由来しています。またこの駅舎前に設置されていた賢治の詩碑は、奇跡的に流されずに残りました

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL67  明治の三陸名勝20 「海岸(島越)」 (下閉伊郡田野畑村)

2015-02-04 12:08:50 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

海岸(島越)下閉伊郡田野畑村)

 

 これもまたザックリしたタイトルですが、当時は土地の人にとっては景観/観光という概念は無く、その種の価値を持ちない名もない海岸であったので仕方がないのかもしれません。

 近年この「海岸」一帯は、その自然景観が高く評価されて、大震災後は三陸復興国立公園、その前は陸中海岸国立公園に指定され、多くの観光客が訪れています。また最近は景観のみならず、地質学・地理学といった地球科学的な視点から注目を集めています。それが「ジオパーク」です。三陸沿岸には地球の歴史に実際に触れることができる場所(ジオサイト)に恵まれており、平成25年9月に「日本ジオパーク」に認定されました。 ※三陸ジオパークオフシャルサイト

 さてこの写真にもジオパークの代表的なものが写り込んでいます。写真左上から斜めに海に入り込んでいる縞模様の層理が「宮古層」と呼ばれる前期白亜紀(約1億1千万年前)の地層がそれです。この地層は田野畑村から宮古市にかけての太平洋沿岸にかけて広く分布し、アンモナイトから恐竜まで豊富な種類と量の化石が産出していることで知られています。

 写真は現在の島越港から付近から北に向かって撮られたものと思われます。三陸海岸有数の景勝地北山崎はここから北に約10㎞、200mの断崖が続く鵜巣断崖は南に約5㎞の地点にあります

 此の地には、あの宮沢賢治も訪ねています。詩集「春と修羅」には、大正14年(1925)に近くの羅賀港から宮古に三陸汽船(前掲VOL18「明治の鍬ケ崎湊其の2」参照)に乗船して宮古に向った折に詠んだとされる詩「発動機船1.2.3」があり、3基の詩碑が建てられていました。地質学に造詣の深かった賢治は、既にこの地層の存在を知っていたのでしょうか? なお賢治は、この写真帖発刊の契機となった明治三陸大津波があった明治29年(1896)に生まれ、昭和三陸大津波の年(昭和8年/1933)にその短い生涯を閉じています。そして今回の東日本大震災の大津波で詩碑3基の内1基が流出してしまいました。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL66  明治の三陸名勝19 「(高田)松原」 (気仙郡高田町)

2015-02-02 17:43:27 | 明治の気仙郡(大船渡市・陸前高田市他)

「松原」 (気仙郡高田町/現陸前高田市)

 

 前掲の浄土ヶ浜の写真もがっかりでしたが、それ以上にはこの写真はガッカリしました。

 残念ながらこの写真からは、大震災前には長さ2キロその数7万本を超すと云われた白砂青松の姿が浮かんできません。また写真のタイトルですが、単に「松原」とのみあります。確かに当時は地元の人は単に松原とのみ呼称していたのでしょうが、高田町以外の人は、三保にあるから「三保の松原」の如く、高田にある松原として「高田の松原」なとど呼称し、既に景勝の地として広く知られていました。

 さてこの松原は、最初江戸時代の寛文7年(1667年)に土地の豪商菅野杢之助によって植栽され、その後、松坂新右衛門といった地域の住人や仙台藩などによる増林が続けられ、防風・防潮の役目を果たすとともに、岩手県を代表する景勝の一つとなりました。しかしこの写真撮影から約100年後の平成23年(2011年)3月11日、あの東日本大震災の10mを超す大津波に、ほぼ全ての松が呑み込まれて松原は壊滅しました。その中で奇跡的に残った松は、「奇跡の一本松」として復興のシンボルとなっていましたが、それも地盤沈下により海水が浸み込み翌年ついに枯れてしまいました。

 現在陸前高田の町では、先人の遺志を引き継いで100年かけて松原を取り戻す活動を始めているとお聞きします。長い年月と幾多の困難が伴うと存じますが、松原が再生され次の世代に引き継がれることを心より祈念します。

余りにも味気ない写真なので、東日本大震災前の「高田松原」の白砂青松の見事な景観と、震災後の「奇跡の一本松」カラー写真を添えます。但しこの2葉は私が撮影したものではなく、高田松原の再生活動をしている「復興アクション 森のチカラで、日本を元気に」のHPより転載しました。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする