100年前の「明治の三陸」写真帖 明治の大津波から復興した三陸の姿を伝える

明治45年(1912年)に刊行された「写真帖」掲載の岩手県三陸沿岸の貴重な写真や資料を順次公開

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VOL49  明治の三陸名勝 2 「洞雲寺」 (気仙郡盛町)

2014-09-30 09:25:01 | 明治の気仙郡(大船渡市・陸前高田市他)

「洞雲寺」 (旧盛町/現大船渡市盛町) 

 洞雲寺も、前回の正徳寺と同じく気仙大工の代表的な建築物の一つです。左端に白く写る山門は、別名竜宮門とも呼ばれ、浦島太郎に出てくる竜宮城の門にも似た一層部の端部が丸み帯び白漆喰で塗り込められているのが特徴です。建造は文化年間(1804~18)で気仙大工である古沢氏が建てたとされています。写真中央に大きく聳える本堂も天保年間(1830~44)に同じく気仙大工の新沼幸作氏が棟梁となり建てられています。

 さてこの洞雲寺本堂には、明治29(1896)年のいわゆる「明治三陸大津波」により溺死した気仙郡内5678人全員の名前が刻まれた幅1.5m高さ2.7mの大位牌が安置されています。当時、同寺は臨時病院となって負傷者が運び込まれたそうです。懸命の治療及ばす亡くなられた方も大勢いたことと思われます。最期の場所となった洞雲寺門前に犠牲者の霊を弔う大海嘯記念碑が七回忌に当たる明治35(1902)年に建てられ、同時に大位牌が納められました。

 そして今回の東日本大震災の犠牲者を供養する「観世音菩薩像」及び記念碑・石碑が平成24(2012)年11月に、同じ洞雲寺の境内に建立されました(これ以上大津波記念碑が林立することは絶対に避けなければなりません)。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL48  明治の三陸名勝 1 「正徳寺の庭松」 (気仙郡小友村)

2014-09-29 10:29:29 | 明治の気仙郡(大船渡市・陸前高田市他)

「正徳寺の庭松」(旧小友村/現陸前高田市小友町)

  

 本写真帖には、三陸一帯の名勝が数多く掲載されています。但し、明治の頃と現代とでは、美意識や価値観の違いあるいは鑑定調査により現在はさほど有名でないものや、火災等で姿を消してしまったものもあります。けれどその対比、落差もそれまた一興です。今回からしばらく続けて紹介します。

 正徳寺は陸前高田市小友町字両替にある古刹で、本堂や太鼓堂は、文化3年(1807年)に気仙大工松山五郎吉により建てられた見事な造りです。但し写真帖のタイトルは「正徳寺の庭松」となっており、松がメインとなっています。当時は気仙大工の建築物は現代ほど高い評価を得られていなかったのでしょうか。なお此の松は現在も庭一杯に枝を広げており、その形状から「寝まり松」と名付けられているようです。

 さて陸前高田市小友町一帯は、東日本大震災の大津波が襲い衰滅的な被害を蒙りました。隣り浜の高田松原は全て消え失せ、高田の商店街も姿を残していません。この正徳寺も小高い山の中腹にありましたが、すぐ下の墓地まで波が押し寄せまたそうですが本堂等は無事で、両替地区の避難所となり大勢の方が身を寄せ合って避難生活を送り、地域の復興支援の拠点となったそうです。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL47  明治の学校17 「世田米尋常高等小學校」(気仙郡世田米村)

2014-09-28 11:32:03 | 明治の気仙郡(大船渡市・陸前高田市他)

「世田米尋常高等小學校」 (旧世田米村)

(現 住田町立世田米小学校)

  

 世田米尋常高等小学校は、明治6年(1873年)8月に旧世田米村58番地に校舎を建て開校しました。その後明治32年(1899年)に旧世田米村火石34番地に移転新築しています。(その後火災があり現在地に再移転しています)

 写真には、立派な玄関を中心に左右対称のコの字構えの採光の良い大きなガラス窓の2階建て校舎が写っています。撮影年月や当時の小学校の詳しいことは分かりません。その他詳しい情報を得るこができましたら後日補足追加します。

 世田米村は、昭和15年に町制を施行し世田米町となり、その後昭和30年 1955年)に上有住村・下有住村と合併して住田町と改称し現在に至っています。

 さて17回続いた「明治の学校シリーズ」はこれで終了です。三陸地区にはこの他にも古い歴史を持った小学校はたくさんあり、写真帖発行当時は立派な校舎に大勢の児童が学んでいた筈ですが、どのような事情か分かりませんが本写真帖に掲載がなかったのでブログで紹介できませんでした。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL45  明治の学校15 「軽米尋常高等小學校」(九戸郡軽米村)

2014-09-27 11:22:23 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「軽米尋常高等小學校」 (旧軽米村)

(現 軽米町立軽米小学校)

 

 軽米尋常高等小学校は、明治初期に創立した歴史のある学校ですが、今日現在ネットからは沿革その他詳しい情報を得ることがきませんでした。資料が集まり次第補足追加します。

 なお軽米村は、大正14年(1925年)に町制を施行し、その後昭和30年(1955年)に隣接する小軽米村、晴山村と合併し新たな軽米町となり、現在に至っています。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL44  明治の学校14 「種市尋常高等小學校」(九戸郡種市村)

2014-09-26 10:26:26 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「種市尋常高等小學校」 (旧種市村)

(現 洋野町立種市小学校)

 種市尋常高等小学校は、明治10年(1876年)11月16日に旧種市村横手の民家を借りて公立荒津内小学校として1学級児童42名で開校しました。その年12月に同村荒津内に4間×7間の校舎を新築移転しています。その後明治36年(1903年)に横手区前田平に校舎を移転し、翌37年に種市尋常小学校と改称し、明治44年(1911年)に北側に校舎南側に住宅を増設しました。(なお校舎は昭和44年に現在地に移転、旧校舎があったのは住所から推定するに現種市病院敷地と思われます)

 写真は増設後の校舎の姿で、3棟の建物が見えます。手前は砂浜のようで海岸線が間近に迫っていますが小高い段丘上にあり、今回の東日本大震災の津波も種市病院までは押し寄せて来なかったようです。

 なお種市村は、昭和26年に町制を施行し、平成18年に大野村と合併して、洋野町となっています。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL43  明治の学校13 「大槌尋常高等小學校」(上閉伊郡大槌町)

2014-09-24 09:45:50 | 明治の上閉伊郡(現釜石市・遠野市他)

「大槌尋常高等小學校」 (大槌町)

(旧 大槌町立大槌小学校)

 大槌尋常高等小学校は、明治初期に創立した歴史の学校で、幾多の変遷を経て多くの児童が学んで育っていきましたが、平成23年3月11日の東日本大震災の大津波とその後の大火災により校舎の大半を失い、その後平成25年に大槌町内の安渡小、赤浜小、大槌北小と4校が統合して、新大槌小学校と生まれ変わり、旧大槌小学校は閉校扱いとなりました(それで上記サブタイトルを旧大槌小学校としました)。沿革その他詳しい情報が掲載されていたであろう旧大槌小学校のホームページは今は無く、残念ながら知ることがきませんでした。今後資料が集まり次第補足追加します。

 写真のとおりコの字型の立派な構えの校舎です。両翼の校舎のどちらかが講堂と思われますが、左右どちらでしょうか。また裏手にそびえる塔屋はどのような役割をはたすものでしょうか?気になります。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL42 明治の学校12 「釜石尋常高等小學校」(上閉伊郡釜石町)

2014-09-23 12:43:33 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「釜石尋常高等小學校」 (旧釜石町)

(旧 釜石市立釜石小学校)

 釜石尋常高等小学校は、明治初期に創立した歴史の学校ですが、その後身の旧釜石小学校が平成15年に旧大渡小学校と統合し、新釜石小学校と生まれ変わったこともあり、ネットからは沿革その他詳しい情報を得ることがきませんでした。資料が整い次第補足追加します。

 なお現釜石小学校は、先般の東日本大震災で地域一帯が大津波に襲われて大変な被害を蒙ったにも拘わらず既に下校していた児童は各自適切な避難行動を取り、一人も犠牲を出しませんでした。それは「釜石の奇跡」とも云われ、その基になった防災教育が賞賛されています。

 さらに新釜石小学校の校歌が素晴らしく、この校歌を聞いて育まれた子供達だからこそ「釜石の奇跡」を成し遂げたとも云いたくなるとてもいい校歌です。NHK等でも取り上げたのでご存知の方も多いとは存じますが下記にご紹介します。

釜石小学校校歌

【作詞】井上 ひさし 【作曲】宇野 誠一郎

いきいき生きる いきいき生きる
ひとりで立って まっすぐ生きる
困ったときは 目をあげて
星を目あてに まっすぐ生きる
息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
びくびくせずに はっきり話す
困ったときは あわてずに
人間について よく考える
考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
まことの知恵を しっかりつかむ
困ったときは 手を出して
ともだちの手を しっかりつかむ
手と手をつないで しっかり生きる

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL41 明治の学校11 「小川尋常高等小學校」(下閉伊郡小川村)

2014-09-22 12:25:17 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「小川尋常高等小學校」 (旧小川村)

(現 岩泉町立小川小学校)

 小川尋常高等小学校の沿革その他詳しいことは、残念ながら調べがつきませんでしたが、資料が集まり次第補足追加します。

 ところで写真の子供達は校庭で何をしているのでしょうか、ただ佇んでいるわけでもなく、何かして遊んでいるとものと思われますが見当が付きません。このような日常の風景を切り取ったスナップ撮影は本写真帳の学校シリーズではこの一葉だけで、とても趣があります。

 なお現在の小川小学校校庭にある「もみじ」は、その色付き具合がとても見事で2014年の岩手県観光スポットに選ばれ、絵入りはがきセットとして現在岩手県内の郵便局で販売されています。秋に近くを通られたら一度寄ってみたら如何。 

※本校の「もみじ」を描いた工藤哲郎氏の水彩画を紹介します。「水彩画fromいわて」より

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL40 明治の学校10 「岩泉尋常高等小學校」(下閉伊郡岩泉村)

2014-09-21 14:03:53 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「岩泉尋常高等小學校(旧下閉伊郡岩泉村)

(現 岩泉町立岩泉小学校)

 岩泉尋常高等小学校の創立は明治8年(1877年)8月で、雲泉寺の一室を校舎として始まりました。その後明治42年(1909年)に校舎を現在地に新築移転しました。

 この写真は新築されたばかりの校舎の冬景色で、正面玄関に国旗が飾っていますので、祝日の撮影かと思われます。宇霊羅山の山裾に石垣を組んで整えた日当たりと見晴らしの良い校地に、平屋の建物ですが、両翼に講堂らしき大きな建物を備えた高い屋根の大変立派な校舎です。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL39 明治の学校9 「豊間根尋常高等小學校」(下閉伊郡豊間根村)

2014-09-20 09:23:52 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「豊間根尋常高等小學校」(下閉伊郡豊間根村)

(現 山田町立豊間根小学校)

 豊間根尋常高等小学校の創立は明治8年(1877年)6月で、同地区にある宝珠院の一室を校舎として始まりました。その後明治10年(1879年)に豊間根村新田(現山田町豊間根)に校舎新築移転し、さらに明治44年に高等科移設に伴い現在地に校舎を移転新築しています。

 この写真はその落成記念に撮影されたものと思われます。平屋の建物ですが、とても高い屋根と広い校庭を持つ立派な校舎です。当時豊間根村だけでなく地方の町村が学校教育に力を注いでいたことが伺い知れます。また写真に写る児童の数は現在よりも多いようです。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL38 明治の学校8 「山田尋常高等小學校」(下閉伊郡山田町)

2014-09-19 09:30:10 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「山田尋常高等小學校」 (下閉伊郡山田町)

(現 山田町立山田南小学校・同山田北小学校の前身)

 山田尋常高等小学校とネット検索すれば、岩手県山田町だけでなく、全国各地の山田小学校が続々と出てきます。もしかすると日本で一番多い小学校名かもしれません。しかし残念ながら肝心の三陸の山田尋常高等小学校の沿革その他詳しいことは、山田尋常高等小学校が戦後山田小学校となり、その後山田南小学校と山田北小学校に分かれたこともあり、また現在山田南小学校のホームページが更新中ということで詳しいことを調べることがませんでしたが、資料が集まり次第補足追加します。

 左側の2階建ての立派な校舎、右の講堂と思われる大屋根の建物の前に大勢の児童職員が整列しています。岩手県立山田高校の沿革などを見ると、昔は現在山田町役場が立っている地にこの山田尋常高等小学校の校舎があったようで、この写真は同地で撮影されたものと思われます。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL37 明治の学校7 「江繋尋常高等小學校」(下閉伊郡小国村)

2014-09-18 01:06:58 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「江繋尋常小學校(下閉伊郡小国村)

(現 宮古市立江繋小学校)

 江繋尋常小学校の沿革その他詳しいことは、残念ながら調べがつきませんでしたが、資料が集まり次第補足追加します。

 なお同校の事を調べていたら、女啄木とも呼ばれた岩手の女流歌人西塔幸子が教師として同校に在職していたことが分かりました。だが残念のことに同女史は同校在任中の昭和11年(1936年)に病を得て急逝されています。女史は、明治33年に現在の岩手県矢巾町に生まれ、長じて小学校教員となり北三陸の各地に足跡を残しながら歌を詠んでいます。最後の赴任地となった江繋には記念館が建てられています。

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL36 明治の学校6 「刈屋尋常高等小學校」(下閉伊郡刈屋村)

2014-09-17 10:29:04 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「刈屋尋常高等小學校(下閉伊郡刈屋村)

(現 宮古市立刈屋小学校)

 

 刈屋尋常高等小学校の創立は明治8年(1877年)6月1日で、旧新里村管内では最初に、現宮古市内でも6番目と比較的早くに開校しています。最初は他校と同じく民家かお寺の仮住まいだったでしょうが、明治40年代までには写真のとおり立派な校舎となっていたようです。その他詳しいことは分かりませんが、資料が集まり次第補足追加します。

 校庭に植えられている樹木は、桐です。校舎建築を記念して植えられたものですが、桐は成長が早く家具材として人気が高い高級木材なので、ゆくゆくは学校の資産となるように選ばれたようです。もともと南部桐の名のとおり岩手県内各地には多く見られ、女の子が生まれると桐を植え、結婚する際にはその桐で箪笥を作り嫁入り道具にするという風習もあったように聞いています。今でも刈屋地区の屋敷周りによく植えられており、初夏に薄紫色の花を咲かせています。(実は写真帳のこの写真のタイトルは「刈屋尋常高等小学校及建築記念植立の桐」と桐がもう一つの主役となっています)

 なお写真撮影と同時期にこの校舎で学んでいた生徒に大正・昭和に「籠の鳥」を始めとする数々の楽曲を作曲し、街頭演歌師としても活躍した「鳥取春陽」がいます。鳥取春陽は明治33年(1900年)刈屋に生まれ、7才で刈屋尋常小学校に入学し、13才で高等小学校に進んでいますので、この写真撮影のときちょうど校舎の中で授業中だったかもしれません。

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL35 明治の学校5 「津軽石尋常高等小學校」(下閉伊郡津軽石村)

2014-09-16 09:09:45 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「津軽石尋常高等小學校」(下閉伊郡津軽石村)

(現 宮古市立津軽石小学校)

 津軽石尋常高等小学校は、明治9年(1876年)6月19日に新町の民家を改装して開校し、明治11年(1878年)に校舎を新築移転しています。写真撮影日は不明ですが、本写真帳刊行前の明治44年前後と思われます。また場所についても定かではありませんが、写真を見るに現在地と思われます。

 さて写真には石垣を組んで土盛りした校地に立派な校舎が立ち、その周りを木柵が囲み、その前の校庭に児童職員が整列しています。児童は何人いるのでしょうか?100人近い子供達が写っています。現在は少子高齢化の進行で生徒数が激減していますが、当時は各町村とも学校教育に力を入れて立派な校舎を造り、学校は大勢の子供達の元気な声があふれていました。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL34.明治の統計集6 「下閉伊郡勢一班」  (団体・財政)

2014-09-15 16:34:09 | 明治の統計集(下閉伊郡)

明治の統計集 4

(岩手県沿海四郡聯合物産共進会記念写真帳附属諸表)

「下閉伊郡勢一班」 その6 (団体/明治44年)

会社・組合等の団体組織統計です。東北の片隅でも明治の末期となると既に津々浦々までに組織網が張り巡らされていたことがわかります。

[農会]

 戦前にあった農業団体組織ですが、今は存在しません。農会法に基づいて設立され、農業の改良発達を図るをもって目的としていましたが、地主の利益擁護の側面も強く、町村農会・県農会・国農会と国家統制の一端を担っていたようです。

[漁業組合・産牛馬組合・畜産組合・蚕糸奨励会]

 漁業組合は、今も連綿として続き三陸の基盤産業である漁業を支えています。また牛馬の産地であった下閉伊郡に産牛馬組合があったことや畜産組合も頷けます。これらは今は農業協同組合が担っています。さらに今は全く途絶えたのが蚕糸奨励会です。当時の下閉伊地区は養蚕が盛んに行われ、製糸工場もありました。(これらは後ほど写真付きで紹介します)

[勤儉貯蓄組合]

 勤儉(倹)貯蓄とは、飢饉対策と生活安定の為に農村部を中心に広められた貯蓄運動で、日露戦争以降軍事費調達等を背景に国家を上げて取り組まれました。貯蓄は決して悪くはありませんが、背景を知ると首を傾げたくなるのは前項の児童貯金と同じです。

「下閉伊郡勢一班」 その7 (財政、資産・負債/明治44年)

 

 

最後が、財政と資産・負債です。余り面白味のないデータですが、町村の基本財産より部落有の土地財産が多いのが目を引きます。所謂共有林(入会林)と思われます。また現在と較べて税負担が重いかどうかはご自分で確かめて下さい。

さて明治の統計下閉伊郡は一先ず終わり、次は明治の学校シリーズに戻ります。

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする