100年前の「明治の三陸」写真帖 明治の大津波から復興した三陸の姿を伝える

明治45年(1912年)に刊行された「写真帖」掲載の岩手県三陸沿岸の貴重な写真や資料を順次公開

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VOL29 明治の統計集2  「下閉伊郡勢一班」 (2)  人事

2014-08-19 16:37:00 | 明治の統計集(下閉伊郡)

明治の統計集 2

(岩手県沿海四郡聯合物産共進会記念写真帳附属諸表)

「下閉伊郡勢一班」 その2  (人事/明治43年)

なぜこんなことまでもが?と今では思えるものまでもが、記載されたとても興味深い表です。

※1 「郡官吏」とは、当時の岩手県下閉伊郡の公務員を指すわけですが、奉任・判任とは何でしょうか。調べてみたら官吏は戦前の大日本帝国憲法下では天皇が直接または間接に任命し、下表のとおり親任官、勅任官、奏任官(そうにんかん)の高等官と、判任官に区分されていました。なお敬称に「閣下」を付けるのは親任官と勅任官のみで、もしドラマなどで奉任官を閣下としていたら間違いです。また兵隊は徴兵によっていたので官吏としては認められず、警察官も警部・警部補が判任で、巡査部長・巡査は判任待遇とされていたようです。

 因みに当時の「郡」は現在と異なり、府県と町村の中間に位置する行政・自治団体としての機能を付与されていました。但し行政の煩雑化を招くので大正12年に郡制は廃止されました。

※2 「愛国軍人会」とは、今では耳にすることは無い言葉ですが、明治33年の北清事変を機に創立され、戦没将士の遺族の救護等の慈善活動を行っていたようです。会員には地方の名士夫人が名を連ねていたようです。特別会員とは高額会費納入者でしょうか…。ともかく図表に掲載されるのを見るとそれなりの影響力はあったようです。

※3 「赤十字社員」 明治時代の日本赤十字社は、皇室が熱心であったこともあり、また日清・日露等戦争があったことで想像以上に活動が盛んで、社会的地位もあったことが伺えます。なお特別社員・名誉社員は一定額・期間を納めた人に与えられたそうです。

※4 「産婆(さんば)さん」現在の助産婦さんのことで、明治32年(1899年)に規則と登録制となっていますので、このように登録人数が判明します。広大な地域の割に少ない人数ですので、緊急の場合には登録者以外の助けが必要であったと思われます。

※5 「蹄鉄工」 個人的に一番気になった職種です。「馬」は明治末期において三陸のみならず日本全体でも未だに最大かつ最重要な交通・輸送手段でした。その大切な馬の蹄の保護に、江戸時代までは藁沓を被せ、明治になって蹄鉄技術が導入され、さらに戦争に馬が活躍したので蹄鉄工が重視され、明治23年(1890年)に免許規則を制定して蹄鉄工は国家資格(昭和45年廃止)となりました。それほど重要な職種なので本表にも掲載されています。

※6 「産業別従事者割合」 圧倒的に、農業・漁業の第1次産業従事者が多く75%を占めているのは分かりますが、次に商業者が10%あるのは以外でした。ところで自由業とは何を生業としていたのでしょうか?

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL28 明治の統計集1  「下閉伊郡勢一班」 (1) 概況

2014-08-13 17:03:55 | 明治の統計集(下閉伊郡)

明治の統計集 1

(岩手県沿海四郡聯合物産共進会記念写真帳附属諸表から)

「下閉伊郡勢一班」 その1(概況)

上表は、VOL1で紹介した本写真帖(岩手県沿海四郡聯合物産共進会記念写真帳)附属諸表です。明治末期の沿岸4郡の各分野の統計資料が40頁に亘って事細かに掲載され大変興味深いものがあります。写真紹介の合い間を縫いながら、旧字体や尺貫法の表記で小さく見にくいので、現代のそれに直して少しずつご案内します。

まず手始めに、附表1頁目の「下閉伊郡勢一班」から、概況を紹介します(数値は明治43年現在)。

※1 出始めから疑問符を付けて申し訳ありませんが、この資料の各郡役所の位置を示す緯度経度は間違っています。明治新政府が採用した準拠楕円体に基づく経緯度の体系は日本測地系といい、現在の世界標準の準拠楕円体に基づく経緯度の体系「世界測地系」とは異なっています。但し、余りにも表記数値が異なり過ぎますので他にも原因があると思いますが、なぜかは全く分かりません。因みに、この表記では宮古郡役所は遠野市の山中になります。またVOL10で記述のとおり九戸郡役所の位置を間違えたのもこれが元でした。

※2 広袤(こうぼう)  正直何と読むのか分かりませんでしたが、調べると「こうぼう」と読み、「広」は東西の、「袤」は南北の長さの意で、広さ・面積のことです。また里・丁・方里の尺貫法をメートル法(赤字)に直しました。

※3 町村数は、下表のとおり幾度の合併を経て大きく変わっています。 

※4 戸数・人口は、核家族化の影響で1戸当たりの人口が大きく変化しているのが分ります。なお人口は、現在は明治末期を上回っていますが、このまま少子高齢化が進み地域の活力が減退すると、明治期より少ないことになることは確実です。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL27 明治の学校4 「千徳尋常高等小學校」(下閉伊郡千徳村)

2014-08-13 10:40:57 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

「千徳尋常高等小學校(下閉伊郡千徳村)

(現 宮古市立千徳小学校)

 千徳尋常高等小学校は、明治6年(1873年)11月に、民家を改装して開校し、明治15年(1882年)に校舎を新築移転しました。場所は定かではありませんが、写真を見るに昭和59年(1984年)に近内小学校と統合移転前に位置した現在千徳地区体育館他がある場所と思われます。

 さて写真はいつ頃撮影されたものでしょうか?正面玄関に国旗を飾り、全校生徒と思われる児童と先生達が整列しています。新築落成時では古過ぎるので、私は写真集掲載用として、他の学校と同様に明治45年(1912年)頃に撮影したものと推測します。写真中央を横切る線は、ルーペで拡大して見ると傷ではなく、電線と思われます。なお先のVOL3.7に記述したとおり、宮古に初めて電燈が灯ったのがこの写真集が刊行された明治45年のことです。

 なお千徳村は、明治22年(1889年)の町村制の実施によりに、旧千徳村・花原市村・根市村の3カ村が合併して新制の千徳村(219戸、1,342人)として発足しました。その後昭和16年(1941年)に宮古町と近隣の3村(千徳村、山口村、磯鶏村)との合併により宮古市となり現在に至っています。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする