100年前の「明治の三陸」写真帖 明治の大津波から復興した三陸の姿を伝える

明治45年(1912年)に刊行された「写真帖」掲載の岩手県三陸沿岸の貴重な写真や資料を順次公開

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VOL5 宮古測候所(下閉伊郡鍬ケ崎町)

2013-08-31 16:38:21 | 明治の下閉伊郡(現宮古市他)

宮古測候所(下閉伊郡鍬ケ崎町)

宮古測候所は、明治16年(1883年)に、内務省地理局12番目(即ち全国12番目)の測候所として、当時『鏡岩』と云われ現在は宮古漁協ビルが建っている宮古湾を一望できる出崎埠頭裏手の岩山に開設されました。

この全国12番目というのは、宮古は江戸期には東廻り航路の寄港地として栄え、明治に入ってもその重要性は増し、さらに三陸漁場の中心に位置することから、宮古で発する気象情報は三陸沖を通る船舶や漁船にとってはなくてはならないものとしていち早く設置が進められてものです。以来宮古の名は、天気情報の発信地としても全国津々浦々に伝わりました。私は学生の頃登山に明け暮れていて、朝夕テントの中でHNK第2放送の気象通報を聞きながら、天気図に宮古の気圧や風力などを書き込んだのが懐かしく思い出されます。

さて写真のシャレた庁舎は明治35年(1902年)に新築されたものです。写真では分かりにくいのですが洋風木造2階建ての庁舎は、実は「八角形」となっています。昭和30年(1955年)に解体するまでの長い間、港町宮古のシンボルとして親しまれいました。

なお宮古測候所はその後鍬ケ崎の町を見下ろす国道45号線脇に移転し、平成19年(2007年)に無地化されて幕を下ろしてしまいました。しかしIT全盛の今でも1日3回NHK第2放送から「宮古では東の風、風力3、晴れ、気圧…」と淡々とした声で気象通報が流され続けています。

ところでこの地には、江戸時代は所謂黒船対策として南部藩の砲台が設置されていたそうです。またこの鏡岩の突端は『由ケ尻』と呼ばれ、大きな洞門があり、宮古鍬ケ崎の名所の1つであったそうです。大正6年の埋め立て工事の際に取り除かれたものと思われ、私は古い写真や絵でしか見たことはありませんが、八角形の測候所と共に今に残っていれば観光名所となったと思います。

実は私が勝手に選んだ 「もし今でも宮古に残っていたらと思う7つの風景」 というものがあります。
今回の①宮古測候所 ②由ケ尻の洞門 と前回及び前々回の ③宮古郡役所 ④下閉伊郡物産館公会堂 残る3つはこの後のブログでご紹介します。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« VOL4 下閉伊郡物産館兼公会... | トップ | VOL6 明治の宮古の街並 其... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感嘆 (阿部式良)
2017-07-31 19:30:17
自社の記念誌を作ろうと、いろいろ宮古の歴史を漁っていたところ、このブログの画像に見入ってしまいました。
他のWEBで参考にした写真が鮮明で、且つその説明も新鮮で、元祖を発見したような気分でした。
こんなに宮古を深掘りしている記述は感銘するばかりです。
これからも古くて新しい写真を期待しています。
著作権とかはどうなっているのか教えて下さい。

コメントを投稿

明治の下閉伊郡(現宮古市他)」カテゴリの最新記事