100年前の「明治の三陸」写真帖 明治の大津波から復興した三陸の姿を伝える

明治45年(1912年)に刊行された「写真帖」掲載の岩手県三陸沿岸の貴重な写真や資料を順次公開

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VOL94  明治の三陸の産業17「水産業②」 (三陸の漁獲物一覧)

2015-09-23 16:56:47 | 明治の統計集(下閉伊郡)

 

「明治の三陸の港には、サンマの水揚げがなかった」という話①

 

 この写真は本写真帳掲載のものではありません。昭和30年代の宮古港のサンマ船出漁時の集結写真です。当時宮古港はサンマ棒受け網漁の根拠地で、秋になると三陸のみならず全国各地から300艘を超えるサンマ船が宮古に集結し、町中がサンマ漁師で賑わっていました。そして或る朝許可証を得た船がサイレンの元に一斉に出漁する光景は壮観でした。

 現在は許可証の発行形式が変わり、全国各地からサンマ漁船が集結することもなくなり以前ほどではありませんが、それでも秋の宮古にとってサンマは漁獲高の上位を占めて地域漁業を支える大変重要な魚種です。それは明治の頃もそうだとばかり思っていました。しかし…

 下表は、本写真帳附属図表の明治43年の郡別の漁獲物を複写したものです。

 但し上表は数量は尺貫法(貫をトンに換算、1貫≒3.75㎏)で、かつ魚種名や漢数字等が見づらいので、下表に作成し直しました。なお1種だけ魚種名が不明なものがありました【魚編に氷と書く魚が何か全く見当がつきませんでした】。

三陸の漁獲の明治と現在の違い

 三陸は明治の頃も漁業が盛んで、沿岸の各漁には様々な種類の魚介が揚がっていました。しかしよく見ると、種類によっては漁獲量が大きく異なっています。平成24年の漁獲量(岩手統計年鑑)との比較は次のとおりです。

※1 平成のカツオはソウダカツオを含めていません。※2平成のマグロは全種合計値です。※3平成のタラはマダラとスケトウダラに分けていますが、明治期のタラは両方かどうか分かりません。なお明治のセグロイワシは、現在はカタクチイワシと分類されています。

「明治の三陸には、サンマがなかった」① 

 前回も触れましたが、明治の漁獲1位の鰹(カツオ)は、平成の現在は4分の一に激減していますし、その他にも現在三陸を代表する魚である「サンマ」の名が、明治には見当たりません。当時は別の呼称でしたのでしょうか。あるいは統計の記入漏れがあったのでしょうか。当初私はそのように推測したのですが、実は明治の頃は三陸ではサンマ漁が行われていなかったのです。(次回に続く)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« VOL94  明治の三陸の産業16... | トップ |   
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (おの)
2016-02-09 21:52:01
 貴重な写真の数々ととても感動しています。
魚辺に氷は、シラスとありました。
日本の魚は地域によって呼び方が違ったりするので難しいですよね。
楽しみにいているので頑張ってください。

コメントを投稿

明治の統計集(下閉伊郡)」カテゴリの最新記事