100年前の「明治の三陸」写真帖 明治の大津波から復興した三陸の姿を伝える

明治45年(1912年)に刊行された「写真帖」掲載の岩手県三陸沿岸の貴重な写真や資料を順次公開

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VOL92  明治の三陸の産業14「畜産4 乳牛②」 (九戸郡)

2015-08-19 16:00:10 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「三浦牧場」九戸郡葛巻村/現岩手郡葛巻町)

 

大規模多角経営「三浦農場」

 3葉とも三浦農場の写真です。先のVOL81の項でも紹介した蚕室や桑畑を持つ三浦農場と同じと思われます。養蚕以外にも酪農を手掛けるなど、当時の先進的な事業を大規模かつ多角的に経営されていた岩手県北の雄というべき機業であったことが伺い知れます。

「馬主牛従」から「牛主馬従」そして「馬無し」へ

 さて本写真帖には、当時の詳しい統計資料が付属しており、明治43年末の三陸沿岸の家畜は下表のとおりでした。別の資料によると、明治30年の岩手県全体で、馬は10万9千頭、牛2万2千頭とありますので、県全体に較べると牛の比率が高かったようです。また牛馬とも圧倒的に牝の割合が高く、仔を産ませては2歳位で競りに出したようです。

 

 前述のとおり、馬は軍用の以外にも、農耕あるいは運搬(木出し含む)と、現在のトラクターとトラックを兼ねた極めて有能な家畜で、それ故「曲り屋」で共に暮らし、飢饉のときでも最後まで手放さなかったのですが…、戦局が深まり軍の統制下で、馬は一切軍馬本位となり、扱いが難しい軍馬を養う資力のない零細農家は、無畜農家となり生活が困窮するようになったようです。そこで三陸沿岸の農家は馬より扱いやすい牛を導入し、馬主体から牛へと移行し、さらに戦後は軍用馬の需要はなくなり、さらに農業の機械化など農用馬は激減、いつしか近郷の農家に馬を姿を見かけることは無くなりました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL91  明治の三陸の産業15 「畜産3 乳牛」 (九戸郡)

2015-08-18 14:55:03 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「袖山牧場」九戸郡江刈村/現岩手郡葛巻村江刈)

 

「平庭牧場」九戸郡江刈村/現岩手郡葛巻村江刈川)

 

(平庭牧場/ホルスタイン種)

 

(平庭牧場/エアーシャー種)

 

(種牡牛ブラウンスイス種、下閉伊郡岩泉村/小泉市兵衛氏所有)

 

(種牡牛エアーシャー種、大川畜牛園/下閉伊郡大川村) 

明治から続く「岩手の酪農」

 岩手県は全国第6位の牛乳生産量のある酪農県で、中でも葛巻町は、写真の袖山牧場や平庭牧場を始めとして乳牛の飼育が盛んに行われ、東北一の酪農の町として知られています。私は、この写真帖を見るまでは、葛巻を含む岩手県の酪農は昭和以降のものとばかり思っていましたが、調べると日本に最初にホルスタイン種が入ったのが明治18年、その5年後に小岩井牧場に、さらに2年後の明治25年に葛巻や岩泉にホルスタイン種の飼育が始まったようです。今から120年も前から岩手の酪農の歴史が始まっていたとは先人の先見性に恐れ入るところです。

 なお写真帖には、ホルスタイン種のほかに、イギリススコットランド原産のエアーシャー種とスイス原産のブラウン・スイス種も掲載されています。エアーシャー種は明治11年に札幌農学校に導入され、その後明治末までは国の奨励種として岩手を始め各地に導入された記録がありますが、ブラウン・スイス種は明治期の記録はなく貴重な資料です。但しいずれも乳量が少ないので徐々にホルスタイン種に換わられたようです。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL89  明治の三陸の産業13「畜産1」 (上閉伊郡・下閉伊郡・九戸)

2015-08-13 16:10:11 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

  岩手の畜産(1)

   

 

  

 写真帖の2頁を使って馬の写真が掲載されていました。当時岩手県では、畜産でも牛もさることながら馬産に力を入れていたことが窺い知れます。

源平の戦いで活躍した南部駒

 さて岩手は源平の昔より馬産地として知られていました。「平家物語」に登場する馬の殆どが南部馬です(宇治川の先陣争い/磨墨・生食、一ノ谷の合戦/太夫黒、他)。当然評価も高く、南部馬の最低ランクと他国産の優秀な馬が同じ値段だったようです(延喜式)。

軍馬とダービー馬

 その後江戸時代の南部藩においても、馬産は藩の重要政策であり、南部の九牧を中心に栄えてきました。さらに明治時代に入り、日清、日露戦争を機に「軍馬」の生産が奨励されて、岩手の産業の大きな柱の一つとなっていました。また競走馬の世界でも、明治40年(1907年)に小岩井牧場で日本最初のサラブレットの繁殖を始めて、三冠馬セントライトを筆頭に何頭ものダービー馬を産出し、戦前戦後の競馬界に燦然たる成績を残しています。

 さて、写真の馬には、上左から順に、①ハクニー雑種栗毛牡馬 山吹号 ②内国産洋種栗毛牡馬 中吉号 ③長澤共同種馬(下閉伊郡花輪村)、④内国産洋種栗毛牡馬(上閉伊郡宮守村共有種馬)  ⑤雑種栗毛牡馬(上閉伊郡栗橋村種馬/和田友治氏所有) ⑥栗毛二白牡馬(九戸郡軽米村/荒川松之助氏所有) ⑦種牡馬栗毛 頂号(下閉伊郡刈屋村)とあり、軍用馬の繁殖牡馬を地域毎に共有していた実態が伺えます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL86  明治の三陸の産業10 「林檎園1.2」 (九戸郡軽米村・下閉伊郡茂市村)

2015-06-17 17:42:08 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「養蚕・製糸編」は終わり、今回からその他の農林業の写真を紹介します。

「林檎園1」九戸郡軽米村/現九戸郡軽米町)

 

「林檎園2」(下閉伊郡茂市村/現宮古市茂市)

 

実は岩手はリンゴの産地です

リンゴの産地と云えば、青森県や長野県が有名ですが、実は岩手県はこの2県に次ぐリンゴの産地です。その原産地は中央アジアなそうですが、現在私達が食しているリンゴは、明治初期に開拓使によってアメリカなどから導入された紅玉や国光を嚆矢とします。その後北海道から本州へと渡ったリンゴは青森で盛んに栽培され、ほどなく岩手にも伝わり、明治後期には三陸でも盛んに栽培されていたようです。

写真のリンゴの品種は不明ですが、1の写真は春先の「袋掛け」の風景です。また2の写真は何の作業中か分かりませんが、田鎖伝七氏経営とあります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL82  明治の三陸の産業6 「三陸各地の桑園」 ①~⑦(九戸郡・下閉伊郡・上閉伊郡)

2015-06-05 09:42:27 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「三陸各地の桑園」①~⑦

(①上閉伊郡綾織村/現遠野市、②下閉伊郡岩泉村/現岩泉町、③同郡刈屋村/現宮古市、④同郡茂市村/現宮古市、⑤⑥九戸郡大野村/現広野町、⑦下閉伊郡小川村/現岩泉町

「蚕」から「繭」そして「絹」への道Ⅰ(桑の栽培)

絹(生糸)は、蚕(カイコガの幼虫)がサナギになる際に吐き出された糸で作られた袋状の構造(これが「繭」)から作られます。この蚕を飼育する過程が養蚕で、その技術は弥生時代に稲作と共に中国から伝えられたと云われています。蚕は家畜化された昆虫で、野生回帰能力を失い、野生には生息しないし、人間の手がなければ生育することはできません。桑の葉は蚕の唯一の飼料で、養蚕は桑の栽培から始まります。

 さて養蚕が本格的に三陸地域で奨励されたのは、明治中期以降で本写真帖には前回の葛巻村の三浦農場の桑園の他に、7カ所の桑園・桑木の写真が掲載されていますので一挙に紹介します。大部分が若木で、その頃盛んに桑の植樹が行われたことが伺い知れます。また産業系の写真では一番多い掲載数で、当時の三陸の産業に占める養蚕の重要度が分かります。

※訂正 上記に写真の桑を若木と記しましたが、どうも私の勘違いと思われます。実は養蚕は年3回以上行われ、そのために蚕が育つ春から秋までの間は、常に管理され収穫していたようです。したがって桑は決して大きく育つことはなく、若木に見えたのは収穫後の桑木なようです。ご指摘を受ける前に、敢えて間違った記述を残し、知ったかぶりを訂正します。(2015/6/5)

 

 

①速成桑園(上閉伊郡綾織村)                    桑園遠景(下閉伊郡岩泉村)

  

③桑園(下閉伊郡刈屋村/藤原多見太氏所有)         ④桑園(下閉伊郡茂市村/野内佐助氏所有)

  

⑤桑園(九戸郡大野村/長内武一郎氏所有)         ⑥桑園(九戸郡大野村/野田三郎氏所有)

 ⑦大桑木(下閉伊郡小川村字石畑/南澤伊平氏所有)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL81  明治の三陸の産業5「三浦農場其の1.2」 (九戸郡葛巻村)

2015-06-01 17:52:54 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「三浦農場其の1」(九戸郡葛巻村/現岩手郡葛巻町)

 

世界遺産の「高山社跡」とウリ二つ、全国共通の蚕室構造(換気用の天窓)

明治末期当時は九戸郡でしたが、なぜか現在は岩手郡となっている葛巻町にあった農場です。写真下部中央の看板には「三浦農場〇〇部第一養蚕場」と記してあります。すると建物はこの他にも第2第3の養蚕場があったのでしょうか。また〇〇部とあるからには当時の三浦農場には他にも部署があり様々な事業を手掛ける大きな農場だったのでしょうか。

建物は前回紹介した刈屋製糸場の蚕室とよく似た構造をしています。またこれらとよく似た建物を他でも見たことがあると思い、養蚕でネット検索したら、あの世界文化遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」の一つ「高山社跡」(群馬県藤岡市)とウリ二つ(下写真)でした。高山社は明治17年(1884)に設立された養蚕の教育機関で、「清温育」という蚕の飼育方法確立し、その技術を日本全国及び海外にまで広めたそうです。清温育とは文字通り、蚕室の風通しを良くしかつ温めることによって蚕を育成する方法です。全国各地からたくさんの実習生が高山社で養蚕技術学んでそうなので、もしかすると三浦農場や刈屋の人達もいたかも知れません。

したがって、2階の屋根に換気用の天窓(小屋根)を設け、2階の部屋には通気性と採光の良い大きな障子戸があるとう建物の構造がうり二つなのは当たり前です。また三陸の山間部のような寒冷な地では、1階の火気によって2階を温めていたものと思われます。

「高山社跡」(群馬県藤岡市)

「三浦農場其の2」(九戸郡葛巻村/現岩手郡葛巻町)

さて本写真帳には三浦農場の写真がもう一葉ありました。葛巻の集落を見下ろす高台の桑園と思われます。そういえば私が幼少の頃、母の実家の山口地区(宮古市)にも、山の斜面のあちこちに桑畑があり、そこで桑の実をかじって遊んだことを思い出しました。さらに母の実家の高い天井には蚕棚があり、囲炉裏の火で温めていた記憶も蘇ってきました。今から50数年前のことです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL55  明治の三陸名勝 8 「立見神社」 (九戸郡久慈町)

2014-10-15 09:42:31 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「立見神社」(旧久慈町/現久慈市) 

 

 本写真帖タイトルの「立見神社」をネットでいろいろな処を検索してみましたが、全くヒットせず、神社庁の久慈市神社一覧にもそれらしきものは見当たりませんでした。

 普通の建物であれば火災で焼失して現存しないということはありますが、神社では規模は小さくなっても引き継がれるはずです。そこで誤植ではないかと似たような名前を探りましたがありません。現代ではワープロの変換ミスもあるのですが…と思いながら突然閃きました。時代によって、充てる漢字が変化する場合がよくあります、すると《たちみ》あるいは《たつみ》が、別の漢字で表記されているのでは、もう一度神社庁の一覧表をチェックすると、該当する神社が見つかりました。

 久慈市中町の巽山公園内にある「巽山(たつみやま)稲荷神社」がそれです。確か「道の駅くじ」に近い小高い丘の上に神社があったことが記憶にありますので、地形的にも間違いはないと思います。但し、久慈には不案内なので確かではありませんが、この推測は当たっているような気がしますが、どうでしょうか? どなたかご教示ください。

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL54  明治の三陸名勝 7 「野田の玉川」 (九戸郡野田村)

2014-10-08 17:23:41 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

 「野田の玉川其の1、其の2(野田村)

 写真帖のタイトルは、「野田の玉川其の1、其の2」となっていますが、写真の写りも悪く、私自身も不案内で場所が特定できません。玉川とは、野田村の玉川地区を流れる玉川そのものを示すのか、あるいは玉川地区の玉川海岸を示すのか判然としませんが、本写真帖に掲載されている名勝地とすれば、「えぼし岩」一帯の玉川海岸の写真と推定します。但し上の写真の岩は「えぼし岩」とは形状が違うように思われます。下の写真も海岸風景ですが、左の大きな建物は民家ではなく、漁の番屋か保養の宿舎でしょうか。これも不明です。

 なお野田村は明治22年に、旧野田村と玉川村が合併して野田村となり、その後周辺の市町村が合併したにも関わらず、孤高を保って現在に至っています。

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL45  明治の学校15 「軽米尋常高等小學校」(九戸郡軽米村)

2014-09-27 11:22:23 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「軽米尋常高等小學校」 (旧軽米村)

(現 軽米町立軽米小学校)

 

 軽米尋常高等小学校は、明治初期に創立した歴史のある学校ですが、今日現在ネットからは沿革その他詳しい情報を得ることがきませんでした。資料が集まり次第補足追加します。

 なお軽米村は、大正14年(1925年)に町制を施行し、その後昭和30年(1955年)に隣接する小軽米村、晴山村と合併し新たな軽米町となり、現在に至っています。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL44  明治の学校14 「種市尋常高等小學校」(九戸郡種市村)

2014-09-26 10:26:26 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「種市尋常高等小學校」 (旧種市村)

(現 洋野町立種市小学校)

 種市尋常高等小学校は、明治10年(1876年)11月16日に旧種市村横手の民家を借りて公立荒津内小学校として1学級児童42名で開校しました。その年12月に同村荒津内に4間×7間の校舎を新築移転しています。その後明治36年(1903年)に横手区前田平に校舎を移転し、翌37年に種市尋常小学校と改称し、明治44年(1911年)に北側に校舎南側に住宅を増設しました。(なお校舎は昭和44年に現在地に移転、旧校舎があったのは住所から推定するに現種市病院敷地と思われます)

 写真は増設後の校舎の姿で、3棟の建物が見えます。手前は砂浜のようで海岸線が間近に迫っていますが小高い段丘上にあり、今回の東日本大震災の津波も種市病院までは押し寄せて来なかったようです。

 なお種市村は、昭和26年に町制を施行し、平成18年に大野村と合併して、洋野町となっています。

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL42 明治の学校12 「釜石尋常高等小學校」(上閉伊郡釜石町)

2014-09-23 12:43:33 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

「釜石尋常高等小學校」 (旧釜石町)

(旧 釜石市立釜石小学校)

 釜石尋常高等小学校は、明治初期に創立した歴史の学校ですが、その後身の旧釜石小学校が平成15年に旧大渡小学校と統合し、新釜石小学校と生まれ変わったこともあり、ネットからは沿革その他詳しい情報を得ることがきませんでした。資料が整い次第補足追加します。

 なお現釜石小学校は、先般の東日本大震災で地域一帯が大津波に襲われて大変な被害を蒙ったにも拘わらず既に下校していた児童は各自適切な避難行動を取り、一人も犠牲を出しませんでした。それは「釜石の奇跡」とも云われ、その基になった防災教育が賞賛されています。

 さらに新釜石小学校の校歌が素晴らしく、この校歌を聞いて育まれた子供達だからこそ「釜石の奇跡」を成し遂げたとも云いたくなるとてもいい校歌です。NHK等でも取り上げたのでご存知の方も多いとは存じますが下記にご紹介します。

釜石小学校校歌

【作詞】井上 ひさし 【作曲】宇野 誠一郎

いきいき生きる いきいき生きる
ひとりで立って まっすぐ生きる
困ったときは 目をあげて
星を目あてに まっすぐ生きる
息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
びくびくせずに はっきり話す
困ったときは あわてずに
人間について よく考える
考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
まことの知恵を しっかりつかむ
困ったときは 手を出して
ともだちの手を しっかりつかむ
手と手をつないで しっかり生きる

 

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL22 明治の久慈港(九戸郡久慈町)

2014-07-12 10:37:43 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

明治の久慈港(九戸郡久慈町)全景

タイトルは久慈港全景となっていますが、写真には所謂港らしい風景はありません。

撮影場所を地図と照らし合わせて推測しますと、遠くに見える島影(弁天鼻と牛島?)や中央の細長い砂州を見ると、現在の湊町の金刀比羅神社吹きの高台から俯瞰したものでしょうか。

写真上半分を横断する川は夏井川とすると、海側の砂州は現在と較べると狭小です。写真の右端には鮭の川止めと思われる柵が見られます。手前の葉の落ちた木立や民家の煙突の煙などから冬季の撮影と思われます。

現在の久慈港は長内町の埋め立てが進み大型船も寄港できる近代的な港湾となっていますが、当時は未だ港湾整備されていなかったのかもしれません。但しVOL17の「鍬ケ崎湊2」で既述したように、明治44年には三陸汽船の久慈航路が就航していますのでその後徐々に港が整えられていき、大正11年に内務省指定港湾になっています。

写真で気にかかるのは、この地区も明治の三陸大津波で大きな被害を蒙ったはずですか、この撮影時は早くも海辺近くまで民家が密集して建てられていることです。今回の東日本大震災で大きな被害を受けていなければよかったのですが…。(因みに明治の大津波の際は、NHKのあまちゃんでも有名になった近くの小袖海岸の「つりがね洞」の由来となった釣り鐘状の岩が、その大波で落下と云われています)

「明治の三陸博覧会」記念写真帳とは?

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL12 明治の久慈 遠望其の2

2013-09-15 16:58:35 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

 

明治の久慈町(現久慈市)の遠望 其の2

VOL11とほぼ同じ場所から、カメラを右(西?)に振ったと思われる写真です。

久慈は、古く藩政時代には代官所が宇部町に置かれ、また大川目の三日町に市が立っていたそうで、当時は現在より西の地区が栄えていたようです。
その後昭和の初めに現在の場所に鉄道の駅ができることになり、久慈の市街地は久慈川上流の大川目地区から下流に向って線上に延びてきたそうです。するとこの写真とVOL11の写真は、大川目地区を久慈川上流から下流に俯瞰したものかも知れません。

 

過日 明治 (Takashi Taya)さんから、下記のコメントを頂いて、撮影場所が特定できました。ありがとうこざいました。「其の1、2のロケーションをみて、旧、久慈小学校から撮った様に見えます。現、土風館の後方高台です。前方は現、合同庁舎方向の様に思われます。遠方の山並みがそのように思えます。」

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL11 明治の久慈 遠望其の1

2013-09-13 17:47:37 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

明治の久慈町(現久慈市)の遠望 其の1

明治45年当時の九戸郡久慈町(現久慈市)の遠望です。残念ながら私にはこの写真がどの位置からどの方向を向いて撮られたのか分かりません。

写真の手前は当時盛んであった養蚕用の桑畑でしょうか。家屋は、VOL6.7の宮古町と同じように板葺や木っ端葺が多く瓦葺も見えます。写真中程に、白い煉瓦煙突と大きな建物が見えます。酒か醤油の醸造所でしょうか?

過日 明治 (Takashi Taya)さんから、下記のコメントを頂いて、撮影場所が特定できました。ありがとうこざいました。「其の1、2のロケーションをみて、旧、久慈小学校から撮った様に見えます。現、土風館の後方高台です。前方は現、合同庁舎方向の様に思われます。遠方の山並みがそのように思えます。」

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VOL10 九戸郡役所(久慈町)

2013-09-10 18:53:39 | 明治の九戸郡(現久慈市他)

宮古が続きましたので、これからしばらく九戸郡から気仙郡までの写真をざっと紹介します。但し私は宮古の人間なので判らないところが多いので悪しからず。

九戸郡役所(岩手県九戸郡久慈町

この写真は、明治45年に当時の九戸郡役所前で撮られたものです。
明治45年当時の九戸郡は、久慈町・長内村・宇部村・夏井村・山根村・大川目村・侍浜村・山形村(以上現久慈市)、種市村・中野村・大野村(現広野町)、軽米村・小軽米村・晴山村(現軽米町)、葛巻村・江刈村(現葛巻町)、戸田村・伊保内村・江刺家村(現九戸村)、野田村の1町19村体制で、人口は64,668人でした。

階段の突き当りに冠木門があり、門柱に九戸郡の文字が見えます。門柱の周りには木柵が巡らされ、人垣の隙間から白壁を見えます。おもしろいのは門柱の上の雪洞様の飾り、まだ電燈のない時代で、行燈にろうそくを燈したのでしょうか。

ところでこの写真の九戸郡役所はどこにあったのでしょうか、今回私はネットでしか調べようがなかったのですが、残念ながら分からず仕舞いでした。
もう一つの方法として、この写真帳の資料集の「九戸郡勢一班」に記載されていた郡役所の位置「東経141度44分、北緯40度12分」を国土地理院の地図経緯度検索http://watchizu.gsi.go.jp/index.htmlで調べたのですが、該当する所は天神堂あるいは寺里の山中もしくは山際で、昔郡役所があったような場所はではありませんでした。経緯度の誤植かも知れません。後日図書館等へ出向いて調べようとは思いますが、ご存知の方は教えて下さい。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする