にわたずみ

松岡永子
日々のことなど

『リチャード三世』 トイガーデン

2013-06-22 22:39:28 | 舞台
2013.6.22(土)17:00 カフェ+ギャラリー can tutku

「実験的」とHPのどこかに書いてあったが、コンセプチュアルアートなので、制作意図は前もって説明されてる。
http://toy-garden.net/next.html
上演前にレジュメも配られる。一応。


第1部「けいこ1」←こういうタイトル

超訳したリチャード三世の読み合わせをしながら、演出家がダメ出し。
歴史かシェークスピア戯曲に詳しくないと、1回聞いたくらいじゃストーリーはわかりません。気になるなら予習していきましょう(わたしは昔読んだマンガで知ってました)。

左端が翻訳家、右が演出家 

 演説をぶつリチャード

亡霊に取り囲まれるリチャード 
このシーン、リチャード役は、まんなかの緑の顔の小さいやつ


第2部「けいこ2」

冒頭の台詞を原文で朗読する役者。本番まであえてその稽古はしていない。





ダメ出しをするのは「これ」です 
※「このひと」ではありません


第3部「リチャード三世」より(妄想) 



このひとはリチャード三世について考えてます。考えてるだけでしゃべりません。テレパスでなければ考えている内容はわかりません。
ときどきことばを入力します。



前にリチャード三世についてしゃべった姿を映像で流しています。
映像が流れている間は考え続けます。

妄想中です 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『月光カノン』ジャブジャブ... | トップ | 〈茶室〉を創る、〈茶会〉を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事