年収300万円でも家族で海外旅行

LCCとゲストハウスと屋台飯。時々マイレージ

2018GW マレーシア ペナン島 まとめ

2018年07月29日 | 旅行
ペナン島って田舎の島を想像していましたが、空港から中心地までバスで行くあいだ延々と街が途切れないし、中心地には超高層ビルまであってびっくり。実は人口なんと70万人もいるわ、マレーシアでも指折りの工業地帯だわの大都会なのでした。

もちろんビーチの方はリゾートしてますけど、けっこう賑やかでエキサイティングですので、あまり人のいないところで静かにのんびりしたいという人にはちょっとイメージ違うかも知れません。でもメシは美味いし僕はとても気に入りました!体調が悪くていまいち満喫できなかったので、いつかまた来たいと思います。

【旅費】
交通費 ¥94,429
観光費 ¥2,861
宿泊費 ¥37,850
食費 ¥31,491
現地での交通費 ¥5,138
土産代除く合計 ¥171,770
一人当たり ¥85,885

うーむ・・・けっこう使ってしまったな。まぁゴールデンウィークに7泊8日でこの金額なら安上がりだったということにしよう。


おまけ
ここ1年くらいの全お買い物の中で僕が最高に気に入ってるものをご紹介。デパートやSAのトイレでお馴染みの自動でせっけんの泡が出てくるやつの家庭版。いい歳したオッサンのくせに自動でせっけんが出てくるだけで何でこんなに嬉しいんだろうwww お子様をお持ちの方には本気で絶対おススメ。

コメント

2018GW マレーシア ペナン島 その4

2018年07月29日 | 旅行
5/3.4(六、七日目)
ホリデイインをチェックアウトして路線バスで世界遺産の街ジョージタウンへ。バックパックを背負い地元の路線バスにのんびりゆられて数十分。



とりあえずミュージアムホテルへ。古いプラナカン風の建物がそのままホテルになってる素敵なホテルです。



行って荷物だけ預けて昼飯。地元飯ナシカンダールの名店?ラインクリア。ナシカンダールとはご飯の上に好きなおかずを乗せて食べるワンプレートご飯。味付けはカレーっぽい感じが多いかな。早い安い美味い栄養もありそう。牛丼よりこっちのが良いぞ~。


ジョージタウンはイギリス植民地時代の街並みがそっくり残った世界遺産。でもそれ以上に有名なのはたぶん建物の外壁に描かれたストリートアートの数々でしょう。


水上に町を作って住んでる一族もいて、そこはすっかり観光地になってます。


最近は大概の観光地や大都市には簡単に借りられるライドシェアのレンタサイクルがあって便利ですね。


またまたホーカー(屋台街)でご飯。ワタリガニの胡椒炒めみたいなのが美味かった~♪


そして最終日は立派なペナン空港から出発してシンガポール、台北を経由して帰国しました。

お小遣い帳(日本円)
5月3日 路線バス2人分 110
5月3日 昼食 ラインクリア ナシカンダール2人分 611
5月3日 MEWSカフェ 924
5月3日 土産代 ジャイアントスーパー 513
5月3日 夕食 レッドガーデン 牡蠣炒め 275
5月3日 チャークイテオ 275
5月3日 ビール 495
5月3日 スイカジュース 88
5月3日 渡りがに 1,155
5月3日 水餃子 248
5月4日 ミュージアムホテル 275
5月4日 朝食 チャークイカク 94
5月4日 水 33
5月4日 土産 ノート 138
5月4日 昼食 進福ホーカー 688
5月4日 水、パッションフルーツジュース 116
5月4日 カフェ ホワイトコーヒー*2 641
5月4日 100plus ジュース 66
5月4日 リンクバイク レンタサイクル2台 220
5月4日 路線バス 空港行き2人分 149
5月4日 オールドタウンホワイトコーヒー 173
5月4日 土産 883
5月5日 朝食 桃園空港バーガーキング 397
5月5日 朝食 桃園空港バナナジュース 241
5月5日 朝食 桃園空港肉まん 100
5月5日 昼食 岡山空港売店 600
5月5日 ガソリン代 1,000
コメント

2018GW マレーシア ペナン島 その3

2018年07月13日 | 旅行
いまさらですが、写真の載せ方がやっとわかったので・・・(;^_^A

ホリデイインペナン


お昼を食べた食堂



晩ご飯を食べた屋台村(ホーカー)



ペナンヒル



豪華な海鮮料理屋

コメント

2018GW マレーシア ペナン島 その2

2018年05月29日 | 旅行
3月4月と休み無しで働いて過労気味だったせいかひたすら眠くて、食事以外はほとんどホテルの部屋に閉じこもって眠ってばかりいました。そしたらエアコンで喉やられたのか、風邪ひきのオマケまでついてきた(泣)。そんなわけでペナンのホリデイインに着いて4日間で、まともに観光したのは1ヶ所のみ。いやはやなんとも・・・( ノД`)シクシク…

4/30
食事以外ほとんど外出せず寝てばかり。昼飯はちょっと贅沢にして評判のレストラン「リビングルーム」、そして夜はまたロングビーチのホーカー(屋台街)へ。

5/1
ペナン3日目。さすがにそろそろ観光しようということでペナンヒルへ。ペナンヒル行きに使ったGRABというタクシー配車アプリは便利だった。アプリを開いてマップの上をゴニョゴニョ動いてるタクシーをチョンとタップして呼び出す。料金は正確だし安いしどこにいるかすぐわかるし、これならレンタカーもいらない。こんな便利なものどうして日本には無いんだろう。

恐ろしい角度で急上昇急降下するケーブルカーはジェットコースターより怖いかも。料金は往復900円と日本並みだがfast料金というのがあり、倍くらい払うと待たずに乗れます。帰りだけうんざりするような行列だったので利用しました。なかなか良いシステムだと思う。ちなみにマレーシアには多くの観光料金にマレーシア人料金と外人料金があって、ここも3倍もの差があります。なんだかなーと思いながらも、日本も京都なんか行くと最近は外人が多すぎてうんざりすることもあるので導入したら良いかもなんて思いました。

5/2
相変わらず体調芳しくなく、部屋から一歩も出ぬまま夕方になってしまい、一昨日買った派手なボブマーリー柄のタイパンツ、いやマレーパンツか?で海岸を散歩。夕食はホテルの目の前にあるゴールデンタイシーフードビレッジという有名店へ。魚介類が入った水槽がたくさん並んだエントランスを抜けた店内には、ステージがあり、ローカルショーがあったり、一番奥はビーチが目前に広がっている大きな店です。贅沢に伊勢海老でも食ってやろうかと思ったらやはり目ん玉が飛び出るような価格だったので、車エビやら貝類やらにスケールダウン。でも美味かった~。

さて明日は宿を移ります。同じペナン島の中のジョージタウンという世界遺産の街へ移動です。

ここまで使ったお金(日本円に換算してます)
4月30日 朝食 ホリデイ・イン売店 サンドイッチ 330
4月30日 昼食 レストランリビングルーム 3,204
4月30日 水 83
4月30日 アイスクリーム 193
4月30日 夕食 ロングビーチ イカ炒め 330
4月30日 夕食 エビ炒め 825
4月30日 夕食 福建麺 138
4月30日 夕食 アンカービール 495
4月30日 夕食 パイナップルジュース 96
4月30日 7-11 カップ福建麺、お菓子2 311
4月30日 タイパンツ×4 1,925
5月1日 GRABタクシー 633
5月1日 昼飯 ケーブル駅売店 ナシゴレン、ミーゴレン 303
5月1日 昼飯 水 55
5月1日 ケーブルカー 2,750
5月1日 アイスカチャン かき氷 138
5月1日 路線バス 110
5月1日 土産 チョコとか 920
5月1日 夕食 進福ホーカー 土鍋ご飯 193
5月1日 夕食 ワンタン麺 124
5月1日 夕食 薄餅 88
5月1日 夕食 ビール 481
5月1日 路線バス ジェティ→バツーフェリンギ 149
5月2日 朝食 コンビニ 水、ヨーグルト 138
5月2日 土産 コーヒー、カレー 281
5月2日 昼食 ホテル売店のサンドイッチ 330
5月2日 スタバ 547
5月2日 ミニマーケットでお菓子 138
5月2日 夕食 ゴールデンタイシーフードビレッジ 6,281
5月2日 土産 服 1,925
コメント

2018GW マレーシア ペナン島 その1

2018年04月29日 | 旅行
4/28,29

岡山空港からまず台北✈️。乗り換え時間を使って近くの夜市で晩ごはん。次の乗り換えはクアラルンプール🛫。一時間ちょっとの乗り継ぎ時間にドキドキしましたが余裕でセーフ。

そしてやっと着いたぜペナン島🏝️

早朝なのでどうしようかと思っていましたが、ここは到着時もラウンジに入れることがわかり朝飯兼ねて二時間以上休みました。これTIPだわ。

空港からホテルまではローカル気分の路線バスをチョイスです🚏🚌。40キロ近くあるのに110円とはさすが産油国だ。

さて今回はホリデイ・インビーチリゾートだよ🏖️。実はけっこう安いんだけど、いつもの安宿と違って気分は高級ホテルですwww

昼飯は近くの食堂。4品とラッシーで合計1500円ほど。安くて良いけどビールが無い。トホホ。夜行便で寝不足だったので三時間くらい昼寝して、晩飯は近くの屋台街(ホーカー)に🍢。

地元料理のラクサ🍜、サティ、エビの胡椒炒め🦐、バクテーとビール🍺。二人で二千円て、早い安い旨い明瞭会計で素晴らしい❗

マレーシアはイスラム国だからアルコール置いてない店が多いのがたまにキズだけど、ここはありました❤️

さて夜更かししないで寝よう。時差一時間、ただいま23:39です。おやすみなさい✨

ここまで使ったお金(日本円に換算してます)
1月9日 タイガーエア(OKJ-TPE-OKJ) 27,414
1月9日 エアアジア(TPE-PEN) 37,362
1月9日 スクート(PEN-TPE) 27,523
1月10日 ホリデイインペナン 29,630
1月10日 ペナンミュージアムホテル 5,910
4月20日 SIM 2,400
4月28日 山陽高速 1,130
4月28日 昼食 岡山空港レストラン 3,050
4月28日 桃園空港 水 80
4月28日 桃園空港 コインロッカー 241
4月28日 MTR 林口往復 963
4月28日 夕食 林口夜市 胡椒エビ 803
4月28日 夕食 胡椒つぶ貝 401
4月28日 夕食 海鮮麺 401
4月28日 夕食 ビール 321
4月28日 夕食 スイカジュース 241
4月28日 桃園空港 お茶 100
4月29日 朝食 ペナン空港 水、ドーナツ、カレーパン 248
4月29日 路線バス 空港→バツーフェリンギ 275
4月29日 昼食 ダニッシュブリヤニハウス 1,375
4月29日 夕食 ロングビーチホーカー ビール大瓶 495
4月29日 夕食 水 124
4月29日 夕食 ラクサ 138
4月29日 夕食 サテ10本 248
4月29日 夕食 胡椒エビ 1,100
4月29日 夕食 バクテー 275
4月29日 夕食 アイスクリーム 55
コメント (1)

2017年9月コスタネオロマンチカ日本海クルーズ5

2018年04月05日 | 旅行
マジで目を疑う・・・こんなのアリ?

コスタクルーズのメルマガでこんなのが今日来ましたよ






7泊8日で、
ドリンクパック付きで、
13歳以下は無料で、

28800円!

自分がもし隠居の身だったら即申し込んじゃうなぁ・・・

ていうかもう住みたい!
コメント

2017年9月コスタネオロマンチカ日本海クルーズ4

2018年02月26日 | 旅行
このクルーズ日記、いったい何か月かけて書いてるんだか。非常に仕事が忙しくなってしまって・・・でも頑張って書きます。

出発の日クルマで博多港のクルーズターミナルにワイフを降ろして僕はUターンです。5泊ともなると駐車場代も馬鹿にならないので、格安なところに停めてくるのです。こういうときに便利なのがタイムズ駐車場アプリ。駐車場探しから最大料金からリアルタイムの空き状況まで全部わかります。ターミナルから徒歩30分近く離れたところですが、一日最大400円を見つけました。ターミナルに停めたら一日千円ですからずいぶん助かります。ちなみに公共交通機関だとバスになります。長い連接バスも通ってるようなのでそれも楽しいかもですね。



クルーズターミナルにはすでに巨大なコスタネオロマンチカが停泊しています。日本一大きな客船の飛鳥2を上回る5万6千トンという巨大船。こんなに大きな船を僕は見たことがありません。全長220m。まるで超高層ビルが横に寝ているようです。こんな紹介記事も見つけました。
コメント

2017年9月コスタネオロマンチカ日本海クルーズ3

2018年01月29日 | 旅行
パンフをよく見るとツアー代金以外に港湾税と船内でのチップ代的な費用がかかるようだ。港湾税は一人18000円。空港税と比べてずいぶん取られるものだ。そして船内でのチップ代が一括払いでひとり70米ドル弱。

一日当たり10ドルちょっとのチップ代というのが高いのか安いのかよくわからないが、こうして一括で支払ってしまえるのは、チップの作法に馴染みが無い日本人としては気が楽ではある。

パンフからわかる費用としては以上で、ツアー代と合わせて15万円ほど(二人分)。5泊6日でひとり75000円。福岡→舞鶴→金沢→境港→釜山→福岡の交通費・食費・宿代コミコミなら安いのではないだろうか。しかも貧乏旅行じゃなくて豪華客船だしwww

あとは本来なら自宅から福岡までの往復費用がかかるわけだが、なんと偶然にも出航の前日、夫婦2人で福岡に行かねばならぬ用事があるのだ。

もうこれは神様からクルーズしろと言われてるような気がする!ということで速攻申し込みました。

ところでブログランキングというやつに参加してみました。もしこのブログが楽しかったとか役に立ったと思ったら↓下のアイコンをクリックしてください!

旅の知識・楽しみ方ランキング
コメント

2017年9月コスタネオロマンチカ日本海クルーズ2

2017年11月24日 | 旅行
福岡→舞鶴→金沢→境港→釜山の順で、昼間は寄港、夜は航海という五泊六日の旅になります。

客船にはグレードがあり、コスタネオロマンチカ号はカジュアルクラス。まぁ庶民的なやつなのだろうと思います。

客室にもグレードがあり、上はバルコニー付きのスイートから窓無しの内側ルームまで。僕らは当然1番安い部屋を選びました。

ツアー代金は、僕が約54000円。妻はヤング割引なるものが適用されて39000円。

五泊六日の全交通費・全宿泊費・全食費・全アトラクションがついてこの値段?あり得ない(○_○)!!

何か落とし穴があるのではないだろうか・・・

旅の知識・楽しみ方ランキング
コメント

2017年9月 コスタネオロマンチカ日本海クルーズ 1

2017年11月19日 | 旅行
チープ旅行ブログのはずなのに、五つ星ホテルに続けてこんどはなんと豪華な五泊六日のクルーズ旅行の巻。

だんだんブログの趣旨から外れているようですが、そこは貧乏性のワタシ。エッ!客船クルーズってそんなに安いの⁉️という物件を見つけたからこそ行ってきたわけです。

添付写真↓のような感じで、早めに予約するとかなり安くなり、それ以外にもヨメはまだ四十代なのでヤング割(笑)が適用されて半額。うちは関係ないけど、12歳以下の子どもは無料だそうですetcいろんな割り引きがあります。



旅行・観光ランキング
コメント

2017年6月 上海2泊3日 阪急トラピックスツアー見聞録その7

2017年11月19日 | 旅行
土産物屋は意外と面白い
何ヵ所か販売店に立ち寄りましたが、いわゆる土産物屋ではなく、名産品の専門店ばかりで、なかなか興味深く面白かったです。

真珠店
淡水真珠の店。店員の説明がバナナの叩き売り的な面白さもありウケる。真珠の化粧クリームを買う人がけっこういてビックリ。有名なのかも。

刺繍店
芸術的なまでの刺繍作品の数々に目を見張る。まるで美術館のようです。

シルク店
シルクについてのお勉強に感心するとともに格安のシルク布団に目が眩んで土産に買ってしまう人続出。実は私も(^_^;)。実際に使ってみて本当に軽くて暖かく買って良かったです。

茶芸館
喫茶店ではなく茶葉の店。中国茶の作法を実演してくれ、いろんなお茶を入れて試飲させてくれます。なかなか良かったですよ。

結論
旅の楽しみは何よりも食事❗食事❗食事‼️という人と、旅は自由気ままにのんびりとという人にだけはちょっとオススメいたしかねますが、まぁそれを差し引いても、対費用効果はお得度マックスな内容だと思いました。せっかくの海外旅行だから目一杯詰め込んで楽しみたい人にも最適ではないでしょうか。

次回予告
シルバーウィークに五泊六日の客船クルーズツアーに行って来ました❗なかなか日本人には縁遠い客船クルーズの見聞録を綴りたいと思います。

人気ブログランキングへ
コメント

2017年6月 上海2泊3日 阪急トラピックスツアー見聞録その7

2017年11月16日 | 旅行
良くなかった点

食事が超不味い~❗
味の素すらケチっているのかと思うほど不味かった。それも毎食。どうやったら中華料理をあんなに不味く作れるんだろう…😢⤵️⤵️僕が味に特別うるさい訳ではなく、参加者みんな同じように言ってたので、間違いなく不味いです。

ただしホテルの朝食はさすがに一流。人生最高の朝食と言っても過言は無いです。たいした人生じゃないけど(^_^;)

人気ブログランキングへ

コメント

2017年6月 上海2泊3日 阪急トラピックスツアー見聞録その6

2017年11月16日 | 旅行
イマイチだった点

ホテルの場所がイマイチ。
東京ビッグサイトを巨大化させたようなNECCという展示場にホテルがあります。立地は郊外の倉庫地帯のような場所で、周りに店ひとつありません。NECC直結の地下鉄駅からホテルまで歩く道は全然案内無しで迷う迷う。鉄道で来るような貧乏な客は相手にしてないのかも?

意外と客同士の交流がない。
みんなシャイなのか円卓で食事していても自分達の連れ以外と全然会話せず、最終日になってやっと話し掛け始めた感じでした。まぁこれは自分が積極的になれば良いだけの話ですね。

ハードスケジュール過ぎ。
観光スポットを効率よく回れるのは良いのですが、かなり詰め込みすぎ。6月の暑いさなか、正直疲れました。食事時間も一回40分程度で、酒飲みながらのんびり食べたい僕には不満でした。

旅の知識・楽しみ方ランキング
コメント

2017年6月 上海2泊3日 阪急トラピックスツアー見聞録その5

2017年11月13日 | 旅行
良かった点

移動手段はすべて専用の観光バス。勝手のわからない、言葉も通じない、現地の交通機関で焦ることは無い。

日本語の出来る添乗員さんが付いているので、道に迷うこともない。観光ガイドもしてくれるし、質問も出来る。現地の人の生活なども教えてくれる。

効率が良い。道や駅で迷うことも無く、待ち時間も一切無いので、1日で何ヵ所も観光地を巡ることが出来る。

ホテルの中が素敵。五つ星のホテルに2泊もしてこの値段。部屋の広さや調度品、豪華な朝食。この値段で泊まれるなんて言うことありません。

旅の知識・楽しみ方ランキング
コメント

2017年6月 上海2泊3日 阪急トラピックスツアー見聞録その4

2017年10月04日 | 旅行

僕らは上海は二度目。前回来た時は従弟が駐在してたのであちこち案内してもらいました。なので今回僕らはほぼツアーパックの内容のみで終始しましたが、多くの参加者は夕食後のオプショナルツアーに参加していました。

1泊目には上海雑技団のショー、2泊目には夜景や展望台、観光トンネルなどの見物。どれも上海が初めての人にはおススメの観光スポットです。このオプショナルツアーはどちらも4000円ちょっと。自力で行くより高いですがぼったくりというほどではないと思います。というわけで普通の人はプラス1万円くらい考えた方が良いのかもしれません。

なお参考までに土産代ですが、いつもならちょっとした物しか買わないのですが、今回は2人合わせて18496円分も買ってしまいました。あるトンデモな土産物を買ったので金額が張りました。それに家からツアー発着地までの往復費用を足して、家を一歩出てから帰宅するまでの全ての費用は約10万円というのが今回の旅でした。


旅の知識・楽しみ方ランキング
コメント