モフモフでんき

ほかに話せる場所もないので書かせていただきますねブログ

ちょっぴり落ち込む

2017-09-29 15:34:19 | 食べもの
今日は、ちょっぴり落ち込む出来事が

ま、仕方ない。
い〜もんね

気を取り直して、髪を切り、お茶をしてみる

久しぶりのキルフェボン。
前にいつ食べたんだっけ。。

イチジクのタルト


よっしゃ〜!
前進あるのみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟県しおざわ産「魚沼こしひかり」

2017-09-27 17:59:03 | 食べもの
先日、新潟の方から、魚沼産のコシヒカリを頂いた。



ほかの種類とのブレンドは一切なく、ある農家さんが丹精を込めてつくられたそう。

頂いてみたところ、みずみずしくて噛むほどに甘い。
冷えていても美味しいのにはびっくり

ありがたく頂きます~

最近は、『世界マヌケ反乱の手引書 ふざけた場所の作り方』(松本哉・著)という本が超絶面白かった~

ぜひご紹介したいな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

橘玲氏「マイホームの購入は、不動産投資のひとつであり、株式の購入などと変わらない」

2017-09-20 14:05:28 | 住まい
橘玲・著『新版 お金持ちになれる黄金の羽の拾い方 ~知的人生設計のすすめ~』を読んだことは以前書いたが、いろいろ勉強になっている。

今回は、マイホームの購入について。

橘氏は「マイホームの購入は、不動産投資のひとつであり、株式の購入などと変わらない」としている。



橘氏は「家を買うことは、日本人の人生設計において特権的な地位を占め」ており、「そこに『家族の絆』のような特別な意味を見出すひとも」いるが、実際に「同じ家を所有しようが賃借しようが、使用価値に変わり」はなく、「家を所有すればそれだけで幸福度が増すというのは、かなり特殊な思想」だとしている。

経済合理性にとことんこだわる橘氏だが、「住宅ローンを組んで家を買うのは、地価が右肩上がりのときにのみ有効な戦略」で、「地価のさらなる下落を予想するのなら、賃貸のまま底値を待った方が有利に決まっている」と説明しており、それはその通りだと思った。

よく「その土地に住み続けどうせ家賃を払うなら、買ってしまった方がよい」と言うのを耳にするが、橘氏も指摘している通り、最終的に賃貸と持家のどちらが得かは、現時点では誰にもわからない。

マイホーム購入にあたっては、ほとんどの人が住宅ローンを組むが、土地・建物の物件価格以外にも、住宅ローンの金利や手数料、登記費用などを含む諸費用がかかったり、取得後も諸々の税金、修繕費用がかかってくる。

中でも、私が一番気になるのは「その土地を動けなくなる」点で、「いざという時は、不在の間貸せばいい」とか「売却してしまえばいい」と簡単に考える人がいるが、「家余り」が取りざたされている今、「賃貸」で借り手を見つけるというのはなかなか大変なことだし、住宅ローン返済中の「売却」においては、たとえばローンの残債が2500万円あった場合に土地と建物が2200万円でしか売れなければ、300万円は貯金を切り崩すなどして工面する必要が出てきてしまう。
不動産がリスク商品であることを強く実感する場面かもしれない。

長期の住宅ローンの支払いを無事払い終えることができれば、土地と古い家は残る。
その時の価格が、たとえ購入時の価格を大幅に下回ったとしても、それはリスクをとったからこそ獲得できた「資産」といえる。
橘氏はそれを「自由の代償」と表現しており、言いえて妙だと思った。

橘氏は「家を買うか買わないかは、経済的な選択ではなく、『自由』に対する考え方の違い」としているのだが、まったくもってその通りだと思う。

これからは、ますます生き方も多様化していくだろうから、『自由』を重んじる人も増えてきて、“一生賃貸”というのも普通のことになっていくだろうと想像する。

「賃貸」も、毎月の家賃に契約時の費用、更新料などがかかってくるが、その時々の生活や価値観に合わせた“場所、家賃、間取り”を自由に選ぶことができる。
また、修繕費用も基本的にはオーナーに負担してもらえるので気楽だ。
なにかが気に入らなければ、引越しをすればよい。

橘氏は、経済合理性と投資的観点からモノを考えているので、「使用価値」の内容にはせまらないが、あえて賃貸で「どうにかならないかな~」と私が思っていることがあるとすれば、「壁にクギが打てない」ということだ。

たいていの賃貸の家は、画鋲はOKだがクギはNGなど、いわゆるDIYができない。

しかし、DIYをして家を自分好みにできるかどうかは、生活の質を高め日々を楽しむ上でとても重要なことだ。ここがクリアできれば、「賃貸」は、さらに魅力的なものとなる。

たとえば、不動産検索サイト「アットホーム」によれば、「東京23区内」にあるワンルームは「35,962件」あれど、DIYができる部屋は「7件」しかない。0.001%だ。(2017/9/20時点)

このあたりの状況が変わってくれば、面白いのになぁと思う
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

当ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

2017-09-19 11:49:26 | 日記
みなさま、こんにちは

ここのところ当ブログへのアクセス数が劇的に伸びて、ビックリしております。

「50IP」くらいが普通だったのに、一昨日なんて「1200IP」くらいになっちゃって、「あらま」という感じデス。
一時的なものかと思いますが、それでも嬉しかったです。

ありがとうございます。

湘南藤沢の小規模多機能ホーム「ぐるんとびー」さんの記事
や、栗原康氏の『村に火をつけ白痴になれ』の記事をチェキって頂いている模様です。

特に、「ぐるんとびー」さんの記事は「いいね」が「400」を超えました

このブログ記事に「いいね」を頂いたことなどこれまで一度もなかったのに、いきなり頂いたと思ったらそれが一気に「400」とは~

「ぐるんとびー」さんの注目度がいかに高いかを思い知らされました。

今でも、あれこれ考えているのですが、ふとした時に、「ぐるんとびー」さんの鼻孔をくすぐるコーヒーの香りを思い出します
私、施設や病院の消毒のにおいが本当に苦手で、あのにおいをかぐだけでげんなりしてしまうものですから・・。
消毒に意味があるのは百も承知ですが、五感も大事、と思います。

これからも、ボチボチ書いていくつもりです。

私が実現したいのは「安い家賃」と「ゆるやかな人のつながり」。
すべての人に必要な「住まいや居場所づくり」に関わっていけたら。
孤独を感じる人が、いない世の中になってほしい。

よろしければ、またのぞきにいらしてくださいませ~

最後に、最近かわいいのでドはまりしている、柔軟剤のキャラクター「ファーファ」のパロディを掲載して

ファーファとド●えもんを足したらこうなった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗原康・著『村に火をつけ、白痴になれ』を読んだ

2017-09-17 19:47:58 | 
本日9月17日付の「朝日新聞」で、「ひどい女性差別がやりきれない」という20歳の学生女子に対し、作家の三浦しをんさんが、栗原康・著『村に火をつけ、白痴になれ』を薦めている記事を見た。



私も本書を読んでいたので、「お~!」と激しく同意



本書は、大正時代のアナキスト、ウーマンリブの元祖ともいわれる伊藤野枝(いとうのえ)の評伝だ。
評伝とは、「ある人物について評価をくわえつつ書かれた伝記」(三省堂『大辞林』)のことだが、本書はそんな堅苦しいものじゃない。

たとえば、最初の「はじめに」の見出しは「あの淫乱女!淫乱女!」だし、第一章のタイトルは「貧乏に徹し、わがままに生きろ」。
そして第三章「ひとのセックスを笑うな」は「青鞜社の庭にウンコをばら撒く」という見出しから始まる。



思わず、プププ・・と吹きだしてしまうのだが、この栗原氏ならではの、はっちゃけた“現代語訳”があるからこそ、ありありと野枝を身近に感じイメージし、知ることができる。
一見小難しそうなアナキズムや婦人解放運動の話しも、決して過去の化石なんかじゃなくて、現代に生きる私たちとバリバリ繋がっていることを実感することができる。

特に野枝の「恋愛論」は、昨今、巷を賑わせているニュースに対してタイムリー。

野枝は、「結婚制度」とは「奴隷制」のことであり、女は男の私有財産になりさがっていると批判。

「家庭に同化され、夫だの妻だのの役割をせおわされたそのときから、かならず男女のどちらかが相手をささえるために、自分の生活をうしなってしまう。そして、それはたいていの場合、女性なんだ、わたしはよい妻ですとかいってよろこんでんじゃねえぞ、そんなのとんだまちがいだ。」

では、家庭にとらわれない男女関係とはどういうものかというと、「たがいの個性を尊重しあえる友情」がある関係なのだという。

「友だちに主従関係はありえない。契約だって必要ない。そんなものがでてきた瞬間に、友情はきえうせてしまう。
友だちと遊ぶのは、ただたのしいからである。」

野枝は、男女の理想的な関係を「中心のないミシン」にたとえており、栗原氏がこれを煽って「そろそろ人間をやめてミシンになるときがきたようだ」と書いているのも笑える。

私は痛感した。

結婚したって、人は人を縛れないんだな。
よく考えてみれば、紙1枚にサインしただけで、相手の自由を制限できるわけがない。
そんな権利があるはずがない。

私は相手の所有物ではないし、相手も私の所有物ではないのだから。
できることは、お互いが別個の人間だということを認識し、「友情」を育んでいくことなんだな。

最後に、「あとがき」に掲載された野枝の恋愛にまつわる文章を引用して終わります。

「ただ私がこの年月に学んだことは『恋は、走る火花、とはいえないが、持続性をもっていないことはたしかだ。』ということです。
が、その恋に友情の実がむすべば、恋は常に生き返ります。
実を結ばない空花(あだばな)の恋は別です。
実がむすばれれば恋は不朽です。不断の生命をもっております。
その不朽の恋を得ることならば、私は一生の大事業の一つに数えてもいいと思います。」

強烈にカッコイイ。萌え~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加