モフモフでんき

ほかに話せる場所もないので書かせていただきますねブログ

人生一度きり~移住のススメ~

2017-06-30 16:30:23 | 住まい
東京で働いて10年が過ぎた頃、東京から湘南に移住した。



当時、知人から「モフモフ電気(=私)って、あの丸の中でクルクルしているハムスターと同じじゃん。なんのために働いてんの?それが、あんたの生き様か!?」と一喝され、「確かに、私、丸の中でクルクルしちゃってる気がする。これで終わりたくない!」と思うに至り、仕事も辞め、ひとまず湘南に引越した。

周りにはだいぶびっくりされて、「病んじゃったんじゃないか?」とか、「引越しはやめた方がいい」とか言われ心配された。

東京から湘南エリアまでは、電車で約1時間。

たかが1時間の距離ではあるが、東京を離れることで、解放感に浸ると同時に、東京には2度と戻ってこられない、大きなシステムから脱落した人になったような感覚にとらわれた。友人に説明する時につい面倒になって「隠居だよ」と言って、苦笑されたりもした。

結果的に、湘南エリアに6年ほど住む&働くことになったのだが、これがとても良い時間となった。

私は、ゼロになった気分だった。

ひとつのテーマは「経済的限界に挑戦」。

私は、一体いくらあれば生活できるのか?を身をもって確かめてみようと思った。
つまり、収入にこだわらず、やりたい仕事をやってみる。その収入が、どれだけ低くともそれをやろうと決めた。

そのために、私は固定費である家賃をとことん下げた。
都内にいた時の約半分。

築40年の、4,5帖と6帖の2間ある和室のアパートで、お風呂もクルクルだったし(※クルクル=バランス釜)、外にある洗濯機は冬場は少々こたえたが(お隣りとの仕切りなし)、廊下の木の床は磨きこむとビンテージ感が増し、お風呂やトイレのタイルも職人さんの手によるもので雰囲気があったので、けっこう気分よく過ごすことができた。

収入は減ったが、時間的、精神的な余裕が生まれ、東京生活ではありえなかったぬか床を用意してみたり、海沿いを走る日々を送ってみたりと、まったりした日常を味わうことができた。

あー。。でも、アパートの天井裏に、アイツが現れた時は、ホントピンチだったな。。。
湘南エリアに最近出没しているそう。。
ハクビシン。。。

押し入れから天井裏に抜けるためのスペースがあるのだが、そこにヤツのフットスタンプを見つけ、その正体を突き止めるべくググっている最中は、生きた心地がしなかった。

ハクであることがほぼ確定し、隣りの敷地に住む大家さんに相談に行った時は、私よりも、大家さんの方が「あらまぁ!!」とショックを受けていた。

それから2か月間は、大家さんと、ハク撃退グッズを試したり、ハクの侵入経路を調べてみたり。
いろんなことがあったなぁ。

人生一度きり。
移住してみるのも、なかなかいいものと思います。
コメント

家賃からの解放宣言!

2017-06-27 11:38:03 | 住まい
「家賃からの解放宣言!」

言ってみたかった。

家賃は固定費で、収入の3割程度を占める。
負担が大きい。

家賃負担割合が減れば、もっと稼がなくとも生きていける。

でも、もっと言えば、税金負担が重過ぎる。
所得税に住民税、健康保険料(税)に年金に消費税・・。

見返りがあればよいが、期待できない。
ただの国家による収奪だ。

働けども、ラクにはならない。
法律、教育、道徳など、あらゆるものをつかって国家は私たちを締め付けてくる。

代表なくして課税なし、なのになぁ。。
今の政治家、自分たちの代表だなんて、思えない。

民主主義って、人間による支配だから、その対義語は、テオクラシーで神による支配。

人間による支配は、民主主義なら三権分立とか憲法とかで、強大な権力が暴れないようにコントロールされなきゃいけないのに、議会すら機能してんのかな。。納得のいくまで議論することが命なのに、手続きが大切なのに、共謀罪の成立の仕方しかり。。

自分のできる範囲で、やっていく。

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」の『会社と家族にサヨナラ…ニートの先の幸せ前編』につづき、後編も観た。



ここに出てくる主人公phaさんは、現在38歳。
プロのニートと言われる人で、会社員をやめて10年間定職につかず、なんとか生きながらえている人。

彼は、家族にも、会社にも行き詰ったら、東京においで、と言ってあげるべく、台東区にシェアハウスをつくっている。

働かなくとも、働けなくとも生きていける場所を。

もっと自由に、もっと生を享受する。
ルトガー・ブレイグマンも『隷属なき道』で書いていたが、人は時間ができれば、本来クリエイティブな生き物なので、なにかしらやりだすと。怠惰に陥るというのは誤解だと。



phaさんは、人間の尊厳について真面目に考えている人で、みんながどうにか生きられる道を模索している。そのphaさんの活動を心から応援したいと思うし、また、自分もphaさんのように、行動していきたいと思っている。
コメント

ザ・ノンフィクション『会社と家族にサヨナラ…ニートの先の幸せ前編』を観て

2017-06-19 00:09:37 | 住まい
今日、録画しておいた「ザ・ノンフィクション」を観た。

「ザ・ノンフィクション」は一番好きなテレビ番組。
様々な境遇に置かれた人の、生活に密着している。

先週の『マキさんの老後』も最高で、マキさんとジョンさんのケンカのシーンなどを観ていると、鬼気迫るものがあって怖いけれど、素っ裸で飾っていない、真剣な様子にシビれてしまう。そうだ、そうだ、人間ってこうだよねって。

なんかあまりに社会にもまれすぎると、だんだん五感が鈍くなり、感情表現もできなくなってくる。

喜びも、悲しみも、怒りも、慈しみも、とにかくあらゆるものが番組に入り混じっていて、どんな人も、毎回愛すべき人に映る。
人間の尊厳にこだわった番組づくりをしていると思う。

ザ・ノンフィクション NEW6/4 マキさんの老後 前編


今日のニートのphaさんの放送もめちゃんこ良かった。

会社や家族に行き詰っても、東京においで、と言ってあげられる場所をつくりたい、とphaさんは自分の住む台東区に居場所をつくっている。
(もうすでに完成しているのか否かは、わからない。現在進行形かな?)

特にばりばり稼いでいるお金持ちというわけでもないのに、みんなの居場所をつくっている。来たい人が誰でも来られる場所。
(あれ?これって、大阪の釜ヶ崎みたいだな。映画『さとにきたらええやん』に通じるものがある。)

相互扶助の精神で、知らない人にお金を送金してみたり。
逆に、全国から食べものが届いたり。

インターネットをうまく活用して、見ず知らずの相手とも気持ちで繋がって、生活している様子が凄いと思った。
働かなくとも、好きなよう暮らしている。
もちろん苦労もあるとは思うが、それを地で行くところが尊敬に値すると感じる。
なかなか怖くてできない。

phaさんは「自分のことだけにお金を使うよりも、人にお金を使った方が、広がりができて楽しい」という趣旨のことを言っていた。
大いに励まされ、いろいろ勉強になった。
コメント

鎌倉の御成町スタバ

2017-06-14 12:50:07 | 食べもの
久しぶりの鎌倉、御成町スタバ。

はるばる来たのに、まさかのスケジュール調整ミスで、3時間しかいられず。

でも、来られてよかった♪

コメント

『隷属なき道』(ルトガー・ブレグマン著)

2017-06-10 22:34:50 | 
あー。。。
書いていたら、記事を全部消してしまった。。
ワインのせいなのか。。

また書くかもしれない。
あー。。。悲しい。
ひとまず写真だけでも。。

コメント