モフモフでんき

ほかに話せる場所もないので書かせていただきますねブログ

本人の判断能力がなくなり、成年後見制度の利用を・・

2017-10-07 18:17:21 | 仕事
悲しいことだけれど、いよいよ親族でも、成年後見制度を利用する必要のある人が出てきた。

入院し手術。ほっとしたのも束の間、その後あれよあれよという間に体調が悪化してしまい、意識も朦朧としていて意思疎通がはかれない。
本人が自分自身で財産管理ができなくなってしまった。
誰も金融機関の暗証番号なんて知らないし、どこになにがあるかもわからない。

成年後見制度を利用することにした。
今回のケースでは、ある親族を、本人の代理人である成年後見人にしてほしいと申し立てる。

私は、今後のためにも勉強しておきたいと思ったので、親族のヘルプに入った。
といっても、病院に診断書を依頼したり、戸籍謄本や住民票を取りに行ったりする程度のこと。

事前に制度についてウェブで調べた時には、司法書士や行政書士に頼まなければ申し立ては難しいのかなぁと思ったが(ウェブには、さも難しい手続きだし手間もかかりますよ、と書いてある。まぁ、ビジネスだからそういうものでしょうけれど・・)、実際に裁判所のHPで提出書類をチェキってみたら、そのほとんどに記載例が書かれた見本が添付されていたため、自分たちでもできると思った。
(書類は、ダウンロードも可能だし、家庭裁判所に行けば一式もらえる。)

提出書類の中で一番作成時間がかかる、というか待ち時間が長いのは「病院の診断書」で、2週間前後と言われた。
本人が亡くなってしまったらこの制度が利用できなくなり困るので「急いでいます」と病院側に伝えたが、受付のお姉さんはだいぶ素っ気なくて、正直ちょっと不安になった。成年後見制度について、よく知らないような様子だった。

提出書類の中で、あまり聞きなれないのは、「登記されていないことの証明」という書類だと思う。
本人が、現時点で、成年被後見人や被保佐人、被補助人に“登記されていない”ことを証明する書類だ。

私は東京法務局に行って、取ってきた。



待ち時間20くらい



というわけで、今現在、病院の診断書待ち。
そうそう肝心の成年後見制度の利用申し立て費用は、書類を見る限り、1万円程度。

全ての書類がそろったら、家裁に提出して、無事、後見制度利用開始の審判が下りる時まで、見届けたいと思う

コメント

モフモフ電気からの~モフモフ不動産

2017-07-03 23:15:53 | 仕事
本日、「モフモフ電気」というブログタイトルから「モフモフ不動産」というタイトルに変更してみました。

夫ちゃんから「モフモフ電気っていうタイトルだと、電気屋さんみたいじゃないですか?」と言われたので。

私は不動産関連の仕事をしているので、なんなら「モフモフ不動産の方がいいんじゃないですか?」と言われ、ではでは、と。

そもそも「モフモフ電気」の「モフモフ」は、「俺とモフモフしない?」でおなじみ映画「テッド」から。
テッドの大ファンです!

この“わるいクマ”がめっちゃんこカワイイーーー
口も女癖も悪いけど、テッドは大事なものを持ってる。



そして「モフモフ電気」の「電気」は、石丸電気から来ています。

いっしまる~♪いっしまる~♪
でんきのことならいしまるでんきっ♪

アラフォー世代にはおなじみ、石丸電気のCMソング。
「石丸電気」からの「モフモフ電気」ということだったのですが。。

また変えるかもしれませせんが、ひとまず「モフモフ不動産」をよろしくお願いします
(※知り合い情報によると、100万円台の東京都内の売買物件も出てきているとのこと。時代はそこまで来ているようです~
コメント

「ホームシェア」という暮らし方

2017-06-07 21:13:02 | 仕事
今、ワインを飲みながら、友達からの電話を待っている。
彼のことは、親友だと思っている。

めったに会うこともないが、それなりに長いつきあいだ。
なにか思うことがあると、都度話を聞いてもらっている。

彼の魅力は、決して人の意見に迎合することがないところ。
思うところを、率直に話してくれる。
それでいて嫌味がなく、温かいのだから、人徳というかなんというか。

人生の先輩でもある。
年上というのもあるが、某メーカーで研究員としてエリートコースを歩んでいたのに、自由な生き方を求めて早々に退社。
なんとも潔い。

今は、福沢諭吉にはまっているらしい。
「てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず」か。

フリーランスでやっているところも、私の目指すところだ。

唐突だが、私はここ数年「ホームシェア」が気になっている。

家族じゃなくても、ひとつ屋根の下で同居すること。
欧米では、一人暮らしの高齢者と、経済的に苦しい大学生が同居するパターンが定着してきているようで、これが日本でも一般化していったらよいと思う。

「週に3日は一緒に食事をしましょう」、「ゴミ捨ては大学生の担当」、「家賃は無料で光熱費だけを負担する」。
いろいろ契約をし、お互いにないものを補いあって助け合う。

「空き家問題」という言葉もよく聞かれるが、空き家を活用するにも、まずは「リフォーム」、つまり工事をしてから活用するのが一般的だ。
ここに「リフォーム」という仕事が生まれて、経済活動が生まれて、「いいね!」となるのだろうが、それなりのお金がかかってしまうことが、私には引っ掛かかる。

人様を住まわせるには、それなりにキレイな空間を用意する必要はあろうだろう。
しかし、なんというか、大がかりな工事はしなくとも、最低限の準備によって、住んで頂くこともできると思う。

家賃が高ければそれなりのものが要求されるだろうが、家賃が低ければ納得されることもあるだろう。

不潔な空間は嫌われるが、単に古いことを嫌がる人は少ない。
古民家などは、いまやかえって新しい価値になっている。
契約の内容次第で、お互いにメリットがあって、かつ、お相手との相性がよかったら、きっと良い形になる。

私は、結婚するまで、少しの間、シェアハウスに住んでいた。
めちゃんこ、本当に本当に楽しかった。
今や、彼女たちは、私にとって大事な妹たち。

このあたりについても、いずれ書いていきたい。
コメント

ある20代女子に触発されるの巻

2017-04-30 17:51:47 | 仕事
「才能のある人はちょっと変わっている、という決めつけは、息苦しい」

去年年末の集まりで、こんなことをAさんに言われたことを思い出しだ。

Aさんは、そこで初めて出会った20代女子で、あるアーティスト活動をしている人だった。

学生さんながらプロで、かわいらしい外見からは到底想像もできないような、過激で興味深い発言を連発。
たとえば、自分の彼氏に自分のパンツをはかせると興奮する、とか・・。

なんのためらいもなく、ポンポン飛び出す彼女の奇抜な嗜好などに、褒めたつもりで思わず「才能のある人って変っているよね」と私は言った。
そういう嗜好って才能の裏返しのような気がしたから。

すると、彼女は「そういうのは息苦しいなぁ」と言った。

Aさんとしては、おそらく、なにかにカテゴライズされたり、言い換えれば「変わっていなければ才能がない」というのを肯定したくなかったんだと思う。変わっていようがいまいが、そんなの関係ないじゃん。そんなことで人ははかれない。自由に好きなことをやっているだけ、それでいいんだよ、と言われた気がした。評価されたくないのかもしれない。

そうかーって思った。

でも、自分の経験的には、やっぱり、才能のある人って変わっている場合が多い。
自分が、かなわないなー!すごいなぁ!って思う人って、同じものを見ていても、その分野においては全然違う想像や意見をもっていたりする。

なぜか思い出した話。
今、そういう視点を持ちたいからかも。

努力で勝ち取れるものとは思えないが、ギリギリまで諦めないでいきたい。
コメント