日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

Éclair Brillant (エクレール ブリアン)

2019年07月17日 | TAKARAZUKA
今回
お芝居もショーも
開演前のチラ見せなしだったので
席から見上げた満席の劇場内を



30分間の幕間に
『GOD OF STARS -食聖-』で
満腹のお腹をこなし
極上のデザートに臨んだ



『Éclair Brillant
(エクレール ブリアン)』



酒井澄夫 作・演出ということで
2017年 星組公演
『Bouquet de TAKARAZUKA』の
ふわぁっとした感じを想像してたら
今回は全然違った



開演直後
暗くなった場内
いつのまにか銀橋に
紅ゆずるが立っていて
スポットライトの中に浮かび上がる

エクレール ブリアン
=華麗なる煌めき

光り輝く星
トップスター紅ゆずるの登場から
ショーは幕を開けた


(from『Memories of 紅ゆずる』ポスター)

チラシにあるように
クラシカルな印象のショーでありながら
新しくて
耳慣れた流行りの歌はないのに
グイと引き込まれた



流行りの歌がないぶん
ぐっと大人っぽい感じだった







能書きは
とりあえずこれくらいにして
壁のポートレート



ダーッと3人ずついきます
ショーには出演してない
汝鳥伶さんも入ってマス

















歌劇7月号を読んだら
「ボレロ」の場面のことが書いてあったので
楽しみにしてた
「ボレロ」は「カノン」と並んで
日本人に人気のある曲じゃないかと思う

繰り返されるメロディに乗せての
男役×娘役の荘厳な群舞
見応えがあった



この上さらに
ショー終盤のお楽しみ
男役の群舞も見られるなんて
なんて贅沢

三味線に乗せての男役群舞
黒燕尾×三味線の音色が
意外にもマッチしてた

あとでプログラムを見たら
三味線録音演奏 上妻宏光
「風林火山〜月冴ゆ夜〜」とあった



ビシッと決めた群舞にさえ
コミカルなひとコマが仕込まれてた

手が届いても届かなくても
心ときめく客席降りは
ショーにももちろんあって
劇場が一体となって楽しめた

エトワールは
期待どおり
舞空瞳



ショーも
退団公演らしい
いかにもな泣かせどころはなくて
ただただ
紅ゆずる率いる星組の煌めきに
感動するばかりだった



・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...

言い訳

連休明け
残業ないかなと思ったら
ありました

例によって
ぼちぼちとアップしていきます
4649〜



・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...

当ブログ
下手の長ブログを少しでも簡潔にするため
敬称略となっております

上から目線チックで堪忍!
この記事についてブログを書く
« GOD OF STARS -食聖- | トップ | GOD OF STARS -食聖- 公演グッズ »
最近の画像もっと見る

TAKARAZUKA」カテゴリの最新記事