日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

GOD OF STARS -食聖-

2019年07月16日 | TAKARAZUKA
連休が今日までだったので
早速観に行ってきた

星組 宝塚大劇場公演
『GOD OF STARS -食聖-』
『Éclair Brillant (エクレール ブリアン)』



イキのいいネタ
仕入れてきました
なんちゃって


(from『霧深きエルベのほとり』小道具)

言わずと知れた
紅ゆずる&綺咲愛里コンビの退団公演

トップコンビ揃っての退団は
2017年雪組の
早霧せいな&咲妃みゆコンビ以来
あの時もお芝居は
小柳奈穂子作品だった



全体の感想を
ざくーっと言うと
カラリとした晴天のような退団公演

そう
ひと足早く
梅雨が明けたかのような



もちろんホロリとくる場面もあった
でも
たくさん笑って
笑い倒して
ああもっと笑っていたい〜
って思いながら
ハッピーエンドを迎える



始まりから大合唱になって
客席降りもある
ヒャダイン氏作曲の歌がとてもいい



歌ありダンスあり
テンポが良くて
ストーリー仕立てのショーを
観ているような感覚
笑いどころも満載だから
コントを見ているようでもあった



ホン・シンシン(紅ゆずる)は
最初はかなり嫌なヤツだけど
次第に愛すべきキャラクターに変わっていく



アイリーン(綺咲愛里)は
かわいくて強い
強くてかわいい
かわいくてかわいい
見る者に元気をくれるヒロイン



メガネ男子のリー・ロンロンに
中年の乙女心をつかまれた
ネガティブな感じが
妙〜にかわいい!
あまりにもサエない感じだったから
登場したては礼真琴だって
わからないくらいだった

それが
リー・ドラゴンと
名乗るようになって
キャラが一変
イケシェフになっちゃうわけだけど



礼真琴&舞空瞳
次期星組トップコンビが
ますます楽しみになるような絡みも
星が継がれる場面も
ばっちりあった



かわいいと言えば
汝鳥伶扮する牛魔王も
毛フッサモサでかわいかった

その妻を演じた万里柚美は
相変わらず素敵だったし

華形ひかるがまたまた
専科の魅力を惜しみなく放出して
悪役になりきれない
悪役のエリックを演じた



…と
あげればキリがないわけで
どのキャラクターも個性的で
本当に魅力的だった







観終わる頃には
星組のフルコースで
お腹いっぱいになった





でも
デザートは別腹がお約束
ショーは別腹



そうそう
『GOD OF STARS -食聖-』を観ると
餃子が食べたくなります



・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...

当ブログ
下手の長ブログを少しでも簡潔にするため
敬称略となっております

上から目線チックで堪忍!

・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...

余談
まこっつぁん
心なしか頬の肉が削げたような気がした
この前
花組の『花より男子』ライブ中継を観た時も
柚香光を見てそう思った

クリスティーナ(舞空瞳)が
メガネ男子のままでタイプだったと
言ったように
中年の乙女心も
まこっつぁん今のままで好き
トップスターになっても
気負わず
まこっつぁんらしくあってほしいと思う
中年の乙女心
この記事についてブログを書く
« 海の日 | トップ | Éclair Brillant (エクレー... »
最近の画像もっと見る

TAKARAZUKA」カテゴリの最新記事