日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

凱旋門 −エリッヒ・マリア・レマルクの小説による−

2018年06月11日 | TAKARAZUKA
友の会先行予約
先着順方式に挑んだ時
行ける日の中で1番取れそうな日を
迷わずサッと選んだら
初日から間もない日だった

とうわけで
雪組公演
『凱旋門 /Gato Bonito‼︎』を
早速観てきた



轟悠出演の大劇場公演を観るのは
2005年星組
『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ‼︎』以来

とても楽しみにしてた



開演を待ちながら
舞台両脇に設置されてる物を
何だろうと見てたら







出し抜けにスルスルと
緞帳が上がった



舞台に気を取られてたら
小顔でスタイルの良い人たちが
列をなして入ってきた

まわりの人たちが
月組だ とか
たまきちいた とか言ってた



轟悠の開演アナウンスが流れて



第二次世界大戦前夜の
パリの街へ…



パララパララ パララ〜♪のフレーズを
聴いたことぐらいしかなかった『凱旋門』

おもしろい歌詞だななんて思ってた
パララパララ パララ〜♪を
お芝居の中で聴くと
こんなにもいいものなのかって思った



まず
パララパララ パララ〜♪に
泣かされた



パララパララは雨の音だったみたい
舞台に本物みたいな雨を降らす技術にも
感心した



雨の季節に『凱旋門』とは
うまい時期を選んだなあ

観劇の日はいつも雨と
ため息ついてたくせに
雨でよかったと
中年の乙女心



暗い過去を持つ
ドイツからの亡命者
外科医のラヴィックと



純粋で寂しがりで
華やかな暮らしがしたいという
単純な欲求も持つ
イタリアから来たジョアン



凱旋門を証人に
愛を誓い合った2人だったけど
暗い時代を背景に
すんなりとは結ばれない



望海風斗演じる
ロシアからの亡命者 ボリスは
ラヴィックの友人であり
ストーリーテラーの役割を担う



照れるラヴィックに対して
ロシア式の挨拶をしようとする場面が好き
ちょっぴりユーモラスで
そして感動的だった



希望コンビは
今回は恋愛的接点なしだったけど
相変わらず2人とも
抜群の歌唱力



ホテルの女将
フランソワーズを演じた
専科の美穂圭子も
期待どおり聴かせてくれた



最後に
本当は真っ先に言いたかったこと
言ってもいいですか?

さきちゃんの出番遅すぎー!

復習はするけど予習しない派
例によって
事前の配役チェックを怠ったから
いけないんだけど

朝美絢が出てきても
彩凪翔が出てきても
彩風咲奈はなかなか出てこなくて
あーさの役が本来2番手の役なのでは?
まさかの急な休演⁈
って真剣に心配した



やっと姿が見えたかと思えば
セリフもないまま引っ込んで
本当にやきもきした

朝美絢演じるハイメのほうが
出番多い気がしたけど
なるほど配役はぴったりだなと思ったから
まあよしとする(上から目線?)



そんなことも思いながら観た『凱旋門』
期待を遥かに超えてよかった

鼻をすする音が
あちこちから聞こえた
目の中にとどめようとした涙は
結局こぼれ落ちた

何年も前に
名作映画のリバイバル上映を観た時
腹の底からじわじわと
湧きあがるような感動を味わった
『凱旋門』の感動もそんな感じ



ラヴィックはちょっと
『双頭の鷲』のスタニスラスを思わせた



間近に見た轟悠にも
遠くから見る轟悠にも
惹きつけられた

いつかは
こんな風に主演しなくなるのかな
なんて思うと
ますます貴重な一作品に思えてくる



ラヴィックet ボリス



etあなたで記念撮影できる
特設フォトスポット



・ 。..・ 。..。・・.。...。。・ ・。...

当ブログ
下手の長ブログを少しでも簡潔にするため
敬称略となっております

上から目線チックで堪忍!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 男役娘役 | トップ | Gato Bonito‼︎ 〜ガート・ボ... »
最近の画像もっと見る

TAKARAZUKA」カテゴリの最新記事