日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

ユダヤ人大富豪の教え 〜幸せな金持ちになる17の秘訣〜

2019年03月07日 | 
"鍵のない牢獄"が
出てくるというので読んでみたこの本

金持ちになれるかどうかはさておき
なるほどと思いながら
おもしろく読んだ



筆者が二十歳の青年の時の話だけど
中年もまだ
夢を描いてもいいんじゃないか
そう思えた



17の秘訣のうち
中でも強く印象に残ったのは
17番目の秘訣

ユダヤ人大富豪のゲラー氏は
こう言う

この人生で起こることはすべて中立であって、
良いことも悪いこともないのだよ。
(中略)
単に起こる中立の出来事を、
どのように解釈して人生に生かしていくかによって、君の人生が決まるということだ。

「悪いことが起こりませんように」と
恐怖の中で生活していくか、
「私のもとに来るものはすべてベストなんだ。
だから、すべてを受けとめよう」
という態度で生きるかでは、
心の平安がまったく違ってしまう。
良いことも悪いこともないと考え、
そして自分にもたらされることは
すべて受けとめようという心構えのみが、
心の平安を人生もたらすのだ。

そんなゲラー氏の言葉を読んで
思い出したのが
夏目漱石の『門』



主人公の宗助もまた
苦しい状況を変えられぬのなら
何があっても平静でいられるよう
自分の心を変えるしかないと
禅寺の門をくぐる

でも結局
思うよういかず
そのうち状況のほうが変わって
めでたしとなるわけだけど



すべては自分の心次第
気の持ちようということか

ちなみに17の秘訣を
見出しだけ並べると
こんな感じ

第1の秘訣
社会の成り立ちを知る

第2の秘訣
自分を知り、大好きなことをやる

第3の秘訣
ものや人を見る目を養い、直観力を高める

第4の秘訣
思考と感情の力を知る

第5の秘訣
セールスの達人になる

第6の秘訣
スピーチの天才になる

第7の秘訣
人脈を使いこなす

第8の秘訣
お金の法則を学ぶ

第9の秘訣
自分のビジネスを持つ

第10の秘訣
アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする

第11の秘訣
多くの人に気持ちよく助けてもらう

第12の秘訣
パートナーシップの力を知る

第13の秘訣
ミリオネア・メンタリティを身につける

第14の秘訣
勇気を持って決断し、情熱的に行動すること

第15の秘訣
失敗とうまくつき合う

第16の秘訣
夢を見ること

第17の秘訣
人生がもたらす、すべてを受け取る