ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日大阪市に送った意見メール・美観を採るのか安全性を採るのか・坂道の歩道の街路樹は不要。

2011-09-12 10:15:12 | その他

トップ写真は、真田山プール前から見た問題の坂道
当日の左ひじの傷。

美観を採るのか安全性を採るのか・坂道の歩道の街路樹は不要。

  • 内容 (必須)

    大阪市浪速区の勤務先から天王寺区の真田山プールへ自転車でよく通っている。昨日、餌差町から大阪市天王寺スポーツセンター真田山プールの西駐輪場へ向かう坂道で街路樹の小さな突起物に左腕をこする怪我をした。
    原因 歩道上を自転車で下っていて、子供が前を歩いていたので、左端すれすれまでよったところ、街路樹の幹から出ていた小さな突起物にひだり腕をかすった。
    結果 打撲はしなかったものの、7センチの裂傷ができた。
    問題点 ①歩道と車道間の往来を阻止する鉄柵
    道を挟んだ向かい側に小学校があるからか、歩道と車道との間に鉄柵があり、自転車は、坂を下りる時点で、歩道に進むのか、車道に進むのか決めなくてはならない。→通常の道路では、車道を歩道を分ける鉄柵がなく、自転車は、歩道上に人がいるときは、自由に車道に進路変更ができる。
    ②街路樹
    自転車が歩道進行を決めた際には、歩行者を回避して行かなければならないが、自転車は、①の理由で車道に回避することができず、かつ、歩道上に街路樹があり、歩行者が街路樹横にいた場合、回避スペースが少ないため、回避難易度が高くなる。
    ③急な坂道
    通常の道では、私は、自転車のスピードを出さず、ゆっくりと走行している。この区間では、急な坂道となっているので、下りでは相当なスピードが出る。登りでは、前方に歩行者がいて、横に街路樹があって道が狭くなっているところでは、いったん自転車走行を停止して、歩行者が街路樹横を通り過ぎるのを待って、広くなっている区間で追い抜かす。下りでは、スピードが出ていて、街路樹ギリギリを通ることで歩行者を追い抜かす。
    今回の事故は、①・②・③が関係して発生した。③はどうすることもできないので、①、②を改善してもらいたい。また、美観より安全を重視するなら、坂道については、歩道上に街路樹を設置しないなど、全市的なマニュアルに入れてもらいたい。
    美観か安全か。大阪市はどちらを選ぶか今後、注意深く見ることにする。

  •  2011.10.5追伸
    大阪市から回答が届きました。
    http://blog.goo.ne.jp/nichikon1/e/0816094734b32e57ca73d9a225a5d43d

     

     

    コメント (1)   この記事についてブログを書く
    « JR西へのメール・ふさわし... | トップ | 北海道から関西まで放射能汚... »
    最近の画像もっと見る

    1 コメント

    コメント日が  古い順  |   新しい順
    Unknown (Unknown)
    2011-09-18 17:28:50
    よけられなかったお前がドアホ!

    コメントを投稿

    ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

    関連するみんなの記事