ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日ヒルトングランドバケーションズから先日のトイレ天井からの水漏れの件についてのメールが。こちらから送ったメールに返答がなかった理由が判明。水漏れの損害補償は駐車料金をタダにした以上にできないとか。

2019-06-11 23:18:42 | クレーム・ご意見メール

当ブログ2019年5月25日記事 本日ホクラニワイキキbyヒルトンロングバケーションズに送ったクレームメール。305号室のトイレの天井からの水漏れの原因を詳細に教えてほしい。

先日、日本のヒルトングランドバケーションズのセールスから、再び、説明会に参加しませんかという電話が。

それで、ホクラニワイキキに泊まった時、トイレの天井から水漏れが。
それに対するクレームメールに対して返事が来ないと。伝えました。
すると、翌日、そのセールスの上司から電話。どのメアドに送ったか教えてほしいと言われ、メアドを教えました。
また、ホクラニワイキキからのメール回答では、305号室の上、405号室と505号室が改装工事中で、405号室のバスタブに水をためていて、水漏れが発生したと。
ようわからん回答でした。そして、メールで回答するとか。
それに対して、なぜ、返答しなかったのかなどについての返答メールが本日届きました。

 

 

 
2019/06/11 (火) 15:53

Aloha Yamamoto様、

 

先日はホクラニ・ワイキキにヒルトングランドバケーションクラブ体験でのご宿泊を頂き誠にありがとうございました。

またご滞在中に階上からのメンテナンス上の水漏れにて大変なご迷惑をお掛け致しました。

この場をお借り致しまして改めてお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

 

 

この度日本のヒルトングランドバケーション社にYamamoto様よりお問合せを頂きました件につきまして、

ホクラニワイキキよりご回答をさせて頂きます。

 

先ずYamamoto様がご送付されましたeメールアドレスについてお調べしましたところ、

弊社ヒルトングランドバケーション社ではなく、米国ヒルトンホテル社予約部の事務用メールアドレスでありました。

恐らく米国本土のヒルトンホテル社予約部には日本語が出来る者がいない為ご返信が無かったものと思われます。

 

 

次にYamamoto様よりご要望を頂きました件につきまして、

米国ハワイのヒルトングランドバケーション社とホクラニワイキキホテル側にて協議をさせて頂き、

会社側より英文での回答がございましたので、下記に日本語に意訳をしてお知らせをさせて頂きます。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

Aloha Mr. Yamamoto,

 

Thank you for your stay with us as Hilton Grand Vacations marketing package.  We feel terribly sorry that you had experienced the maintenance issue with the water leak during your stay. The Hokulani Waikiki hotel management and Hilton Grand Vacations Hawaii Marketing department management had discussed about the inquiry. The management of Hokulani Waikiki had compensated by paying for your valet parking fee as apology for the issue. Unfortunately, we are not able to offer anything more.   

 

Again, we deeply apologize for the issue.  Our Hokulani management has made measures to make sure this type of incidents do not happen again moving forward. 

 

Mahalo nui loa,

 

Hokulani Waikiki Management

 

 

アロハ Yamamoto様、

 

ヒルトングランドバケーションクラブ・マーケティングパッケージでのご宿泊を頂き誠にありがとうございました。

ご滞在中にメンテナンス上の水漏れをご経験されました事を大変申し訳無く思っております。

ホクラニ・ワイキキホテルとヒルトングランドバケーション社のマーケティング部のマネジメントにて、

Yamamoto様からのお問合せについて協議を致しました。

この度の出来事への謝意とお詫びの補償と致しまして、

ホクラニワイキキでのバレーパーキングの代金をホテル側にてお支払いをさせて頂いており、

大変申し訳ございませんがこれ以上のオファーを差上げる事は出来兼ねます。

 

改めてこの度の出来事について深くお詫びを申し上げます。

ホクラニワイキキのマネジメントでは、この様な出来事が再び起らないよう確認し今後も邁進したく思います。

 

マハロヌイロア

 

ホクラニワイキキ マネジメント

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

以上がホクラニワイキキマネジメントとヒルトングランドバケーション社からの回答となります。

 

私を含めホクラニワイキキのホテルスタッフ一同、この度の出来事につきましては大変申し訳無く思っております。

 

何卒Yamamoto様にはご理解を頂き、ご質問等がございましたらお知らせを頂ければ幸いです。

 

どうぞよろしくお願い致します

 

Mahalo nui loa,

 

 

 

 

 

Satoshi Nishimura

Guest Services Manager | Resort Operations

Hokulani Waikiki By Hilton Grand Vacations Club

                                                        

HILTON GRAND VACATIONS

T 808-462-4000 | F 808-462-4010

2181 Kalakaua Avenue | Honolulu, HI  96815

ESatoshi.nishimura@hgv.com

 

 

cid:image001.png@01D51FA5.C1965F20

 

This email message (including all attachments) is for the sole use of the intended recipient(s) and may contain confidential information. If you are not the intended recipient, please contact the sender by reply email and destroy all copies of the original message. Hilton Grand Vacations may monitor all incoming and outgoing email communications in the United States, including the content of emails and attachments, for security, legal compliance, training, quality assurance and other purposes. This transmission is not a digital or electronic signature and cannot be used to form, document, or authenticate a contract. Hilton Grand Vacations and its affiliates accept no liability arising in connection with this transmission. Copyright 2017 Hilton Grand Vacations Proprietary and Confidential WARNING: Although the company has taken reasonable precautions to ensure no viruses are present in this email, the company cannot accept responsibility for any loss or damage arising from the use of this email or attachments.

 
 
 
 
 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 柴田拳志さんのパチモンのパ... | トップ | 当ブログ記事の昨日のアクセ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チェルノブイリ)
2019-06-12 02:16:17
現地から送られてきたという英語の謝罪文ですが、基本的な英語の間違いが散見されます。ネイティブなら決して間違えない間違え方をしていますし、また、その間違え方も典型的な日本人の間違いのパターンに似ています。

・Thank you for your stay with us as Hilton Grand Vacations marketing package.
まず、package という単語は可算名詞なので、単数形で使うのであれば as の後ろに冠詞(a, the など)か所有格(my, our など)か、或いは this/that などを入れないといけません。単複の概念が薄い日本人・アジア人などがやりがちな間違いパターンです。またここで、前置詞の as 「~として」 を使う発想も日本人的です。
・~ discuss about the inquiry ~ (9行目)
discuss は他動詞なので、目的語を後ろに置く際の前置詞は付けてはなりません。「~について話し合う」という日本語を英語に訳す際に日本人が犯しがちな誤りです。
・Our Hokulani management has made measures to make sure this type of incidents do not happen again.
「対策を講じる」は take measuresに。つまりここでは
has taken measures にします。またdo not happen againの do は間違いです。未来のことを表す名詞節の中は未来形になるので do not と現在形を使うのではなくwill not happen again としなければいけません。英語ネイティブならこのような間違いはしません。

送られてきた謝罪文の英語のレベルが、いやしくもヒルトンの名を語る以上、余りにも低く拙な過ぎると言わざるを得ないと感じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。