ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

三光神社の祭りののぼりにつられて、真田幸村の真田丸ゆかりの真田山へ。心眼寺・真田の抜け穴へ。

2014-06-29 23:55:48 | 神社・仏閣めぐり

当ブログ関連記事 2014年6月23日

本日は高野山1DAYチケットを使って高野山と真田幸村ゆかりの九度山へ。真田庵・慈尊院へ。ゆの里へも。

 

本日、いつも行く、真田山プール近辺で、三光神社ののぼりを複数発見。

三光神社へ久々に行くことに。

まずは、真田山プールからの帰り道、いつもの道から30メートル離れたところにある心眼寺へ。
ここには、真田幸村出丸城跡の石碑が立てっています。
若い男女とかいかにも真田幸村ファンと思われる人がお参りしていました。

心眼寺の門には、六文銭が。

そして、真田山プールのそばにある三光神社へ。

境内には、真田幸村の像が。

そばには、大阪城まで続くとされる真田の抜け穴が、、

こちらも、本殿にお参りしている人は、おじいちゃんですが、真田幸村の像に手を合わせているのは、若い男女や女性でした。
真田幸村ファンと思われます。

結局、三光神社の夏祭りは、7月20日・21日でした。
早めに、のぼりを立てているようでした。

 NHKの大河ドラマで、真田丸という真田幸村を主人公としたものが再来年はじまるそうで、真田幸村に注目が集まっていますが、
神戸の霊能者の話によると、私の過去世で、武将となっているときもあったそうで、大阪夏の陣で、敗れ、屋敷に火を放たれ、焼けていく屋敷から、家宝を取り出そうとして戻り、焼死したことがあると教えられたことがあります。
私は、毎日、真田山プールに通っているので、その屋敷のあった場所が、現在の真田山プール周辺だったのでは、、と思っています。
よって、私は、真田幸村に縁があったのでは、、と思われます。

また、真田山プールがなぜ、ゲイプール化したかと言えば、
戦国時代の武将や武士の間では、衆道(男同士の同性愛)が大流行。真田幸村も、武田信玄に、さまざまな衆道プレイを仕込まれたとされています。
そんなゲイのメッカ真田山に、プールができて、そこに、ゲイが集結するのは、時空を超えての、必然の出来事だと思われます。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 本日は天気も良く真田山プー... | トップ | 6月29日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-06-30 13:35:20
> 戦国時代の武将や武士の間では、衆道(男同士の同性愛)が大流行。
> 真田幸村も、武田信玄に、さまざまな衆道プレイを仕込まれたとされています。

さすが崔さん、普段からの欲求不満もあいまってゲイネタには事欠きませんね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事