ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

日本初のパッケージワクチンソフト発売者であるこの私がワクチンなしパソコンへのウイルス対処法を伝授

2011-01-27 09:22:16 | その他

実は、昨日、三宮のマンションで、朝起きて、ベッド脇においてあるパソコンでインターネットをしたら猛烈に遅い。ページの切り替えに何秒も。私は、日本で最初に、1990年、サイバーワクチンいてこましというパッケージ化されたワクチンソフトを販売した人物であるにもかかわらず、パソコンにワクチンを入れることがいやなので入れていない。
最近、メールで、REというタイトルのメールが多く、問い合わせのメールかもしれないと思い、念のために、あけていた。英文で書かれたメールなので、怪しいとは思っていた。

こんなにインターネット動作が遅くなったパソコン。普通は、ワクチン会社のサイトに飛び、体験版を利用して、除去するわけであるが、体験版のサイトに飛ぶも、画面の替わりに時間がかかり、タイムアウトエラーとなって、次のページに進めない。パソコンショップにワクチンを買いに行くのも面倒くさい。

とっさに考えたのは、画面右下のバーに出ていたWINDOWS XPのバージョンアップ。バージョンアップを実行すると、データが書き換えられ、ウイルスの除去は行われないが、パソコンの動作は保障されるようになる。それで、シマンテックのサイトに飛び、体験版をダウンロード。実行した。すると、79もの脅威が出てきて、それらを修復した。すると、元通りのパソコンに戻ったというわけ。

あと、よく相談を受けるのは、エロサイトを見ていて、画面に金払えと常時表示、または一定時間ごとに出てくるというものの対処法。
まず、インターネットの線をはずし、画面に表示させる常駐プログラムの場所を捜す。
そして、その金払えを表示させているプログラムを見つけ、削除するというもの。そして、レジスタなどを初期値に戻すというメニューがあったと思われるので、それを初期値に戻す。
その後、インターネットの線をつなぐと、金払えの表示が出なくなる。
もちろん、パソコン技術のない人には、大事なデータをUSBメモリーに移し、WINDOWSをリカバリーしなさいと言っている。

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加