にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

にぎやかな、羊いっぱい展

2017-01-29 10:12:53 | にっち&くるみ:店情報
5人の作家さんたちの「羊いっぱい展」開催中のにっち。

毎日、いろいろな方々に来ていただき、
うれしい日々です!

この機会にしか、出会えないものがいっぱい。
オリジナル、1点ものも多数並んでいます。


ホームスパン作家のアトリエ・カラリスリシェさん。
マフラーなどの作品のほかにも、フェルトを使った、
こんな可愛いブローチやペンダントが・・・








もっこもこひつじ牧場さんは、30頭近い羊を飼っているのですが、
その子たちの写真や、もっこもこのブローチが!






↑ ひつじかるたの絵も、文章も、ご自身の絵ですが、このかるたで遊んだら、
  もう、羊のことが、ほんとうに詳しくなりますよ! 
  かるたの裏には詳しい解説が入っています。



そして、「羊いっぱい展」登場3回目の、かみきりむしさん。
そのブローチは・・・



ユニークで楽しいでしょう?
小さな作品は、売れると会場から消えていきますから(笑)、

消える前に、ぜひぜひ見に来てくださいね♬


ほかにも、wood works crando さんの、
いろいろな品種の羊の、木工メモスタンドも美しいですよ。

はらっぱ羊さんの、繕いこまと毛糸、針セットも、とても人気です。
コメント

羊いっぱい展、始まりました!

2017-01-26 11:48:59 | にっち&くるみ:店情報
羊いっぱい展」、始まっています!






5人の作家さんたちの作品ですから、素敵な木工作品↑ だけではなく、
まだまだ、いっぱ〜い!

じっさいに見ていただきたいので、
ここでは紹介しませんが、

にっちの店で、じっくり、ゆっくり見てください!


そのほかにも、店内には、こんなぬくぬくが。




↑ インドの手織り、手刺繍のストール




↑ こちらにも




↑ アルパカのセーターも、ぬくぬくです




↑ 窓際には、小さなぬくぬく


1月、2月は、やっぱり、ぬくぬく でいきましょうね!







コメント

「羊いっぱい展」1月25日(水)から始まります♬

2017-01-19 17:45:34 | イベント案内
お待たせしました!
にっち年明けの最初のイベントは、

『羊いっぱい展』 

2017年1月25日(水)〜2月6日(月)
午前10時〜午後5時 火曜定休

来週からいよいよ始まりますよ!

2015年の未(ひつじ)年に始まった、「羊いっぱい展」。
寒い季節に、羊のもこもこ、ぬくぬくがたまらん、と、
大好評でした。

そんなわけで、2016年の年の始めも「羊いっぱい展」。
さらに今年、2017年は、作家の数も3人から5人に増えて、
たくさんの「羊いっぱい展」

見る、触れる、楽しむ、内容が、ぐ〜んと充実しています。
さて、どんな内容なんでしょうね??






↑ このポストカードの絵の中に、5人の作家さんたちが
み〜んな入っているんですよ。

どれどれ・・・探してみましょう。
まず、左の額縁の中から顔を出しているサフォークの羊さん。

工房名は、「かみきりむし」
作品は、切り絵、羊の額絵、羊のバッジ、羊の切り絵入り小びん、などなど。

時計回りに見ていくと・・・

くつ下に囲まれて、繕(つくろ)いこまを持って、
ちくちく、やっているチェビオットの羊さんは、

「はらっぱ羊」
サフォークくつ下、繕いこま(木製)と糸・針セット
植物染めのくつ下、レッグウォーマー、レギンスなど


にっちでもファンが多い、暖かなくつ下。
穴が開いてしまって、と残念がっている方。
この、繕いこまさえあれば、もう大丈夫。


さて、カードの右上を見てください。
男らしい、羊のマンクス・ロフタンが小さな羊たちを優しく眺めていますね。
”wood works crando”
木工羊のメモスタンド《サフォーク、スウェールデール、マンクスロフタン、ハードウィックの♂♀》
紡ぎ道具《ナバホスピンドル、ターキッシュ》
ニディ・ノディ(かせとり棒)、椅子など


盛りだくさんなので、ここでもう一度、カードの絵を出しちゃいます。




さて、右下の羊、コリデールさんは、
新年らしく、かるたを読み上げていますね!

「もっこもこ羊牧場」
リアルなフェルト子羊を展示 (これ、かわいくってたまんないヨ)
羊かるた、羊のバッジ、羊のポストカード
 が並びます。
このポストカードの絵を描いた方です。


さて、最後。下まんなかのふっくらメリノ羊さんは、


「アトリエ・カラリスリシェ」

ホームスパンマフラー、ネックウォーマー、大判ストール
羊毛フェルトのアクセサリー(ネックレス、ブレスレット、ぽんぽんヘアゴム)
wood works crando とコラボの針刺し



ほんとうに豊かでしょう?

楽しみ♪、 楽しみ♫、 楽しみ♬

ぜひ来てくださいね!
作家さんたちにも会えるかもしれません☺️











コメント

雪って楽しい♬ と、リスがいってます

2017-01-11 14:04:36 | 生きものあれこれ
朝起きてみたら、久しぶりに真っ白。
あたりが、雪におおわれていました。

といっても、太陽の日差しとともに
融けてもきているのですが・・・

今日は、雪が降った日のリスのお話。



↑ あ、雪? 雪だね。 とっても嬉しそうなリス。

雪が降り始めたときのリスって、
ルンルン、という感じで楽しそうなんです。
走り方がふだんと違って、弾んでいるというか・・・

そして、一晩中雪が降り続いて、





↑ 朝見ると、枝の上に5センチほど積もってました。

そんな朝は・・・?




↑ こんな雪、平気、平気。

ふだんと同じように、枝の上を走っていきます。


でも!

積もった雪が、10センチほどの高さになると、
ちょっと、ふだん通りにはいきません。




↑ 前にここまできたリスは、引き返していきました。
  さて、このリスはどうするでしょう?




↑ む、む? 足がうまく上がらない・・・





↑ 足を少し大きく上げればいいんだね。


10センチも積もった雪は、枝の上からはみ出したりしています。




↑ おっと! 足を踏みはずしました。


もちろん、下に落ちることはなく、体勢を整え直しましたけどね。
よかった!


こんな感じで、何匹ものリスが行ったり来たり。




↑ あっという間に、枝の道は回復。


雪の中でも、森の動物たちは元気です!

「にっち」の雑貨をのぞいて、「くるみ」でお茶を!

私たちも冬の日々を、楽しんで暮したいですね。





コメント

7日(土)から営業します。 ♬今年もどうぞよろしく♬

2017-01-06 15:01:12 | にっち&くるみ:店情報
2017年、酉年の新年の始まりです。 




↑ 1900年頃の、スウェーデンの刺繍タペストリー。
  
Morgonstund har guld i mund.

「朝は、金の価値がある」

と、古いスウェーデン語で書かれているそうです。

鶏が時を告げる朝。
その時間のすばらしさは、その時間に起きてみて、
この女の子のように、自然の中に出なくてはわかりませんね。

ヘンリー・ソローの『ウォールデン 森の生活』の最後の文章にも、
ほんとうの朝、私たちがいろんな意味で覚醒する「朝」のことが
書かれています。


さて、1週間の冬期休みを経て、
にっちもくるみも、7日(土)から営業開始です。

にっちには、ロシアのチョコレートも入っていますよ!



↑ 左上から時計まわりに、「ノボシビルスクチョコ」「ヤシュキノ」
 「ヤシュキノバナナ」「アリョンカ板チョコ」「スパルタク・ピーナッツ」


可愛いアリョンカちゃんは、もうロシアのチョコレートでは有名ですね!

ノボシビルスクは、いまや国際的に有名な都市。
ラベルにある建物は、ノボシビルスクで一番有名な、
国立オペラバレエ劇場です。

ヤシュキノ、というのは、町の名前だそうです。
それぞれの地方に、それぞれのチョコレートがあるんですね。

スパルタク・ピーナッツは、ベラルーシのチョコレート。

どれも板チョコで、数は全部で20点。
わずかしかありませんので、
興味のある方は、お早めにどうぞ。


年に一回はロシアのチョコレートを食べたい!
という思いで、ロシア関係のお仕事をしている方から
分けてもらっているものなのです。

では、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
コメント