にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

鷲(おおとり)神社の熊手がやってきた!

2016-12-31 17:16:26 | にっち&くるみ:店情報
酉の市(とりのいち)で知られる、鷲神社って
ご存知ですか?

関東地方には、酉、鳥にちなむ寺社が多く、
十一月の酉の日に行われる酉の市は、
多くの人々でにぎわいます。

なかでもにぎわうのが、浅草の鷲神社。
通称、お酉さま。
2016年は、11月11日が一の酉、
11月23日が二の酉、でした。

露店がずらりと並んで、そこでは、
開運、商売繁盛を祈願する縁起熊手が売られています。

その浅草の鷲神社のすてきな熊手が、
何と、30日に届いたのです!

箱を開けてびっくり。
送ってくれたのは、浪曲師の、東家一太郎、美(みつ)さんご夫妻でした。



↑ これは、浅草の鷲神社での写真。はるばる岩手にやってきて、
  今、カフェ「くるみ」にあります!

露店の前で、威勢良く行われる手締めの声が、
まるで聞こえてくるよう・・・

東家一太郎さん、美さん! ありがとうございました! 

昨年は、「にっち」の店にもいただき、
一年間、店内で熊手を見る度に、
人を寄せ、縁を寄せる熊手の妙を感じてました。


11月にオープンした、土沢カフェ「くるみ」。
さて、どんな店になっていくのかな?

店は、お客さまといっしょにつくるもの。
と、にっちをやってみて、つくづく感じています。

くるみの入口には、ざるに漆喰を塗ったこんな看板が
かかっています。



↑ 村尾かずこさんの作品です。


そして、こっぽら土澤の玄関を入った右にある
エレベータにのって、B1のボタンを押すと、
「くるみ」の裏口のところに出ます。

その裏口の扉脇にも、
同じ村尾さんの作品、「かけらハウス」を飾っています。




↑ こちらは、小さなざるでできています。


どちらの入口からでもカフェ「くるみ」に入れますから、
のぞいてみてくださいね。

2017年は、7日から開店です。

それまでは、こんな↓感じでひっそりしてますが、
また、新年にお会いできるのを楽しみにしています。



↑ こちらは「にっち」の入口。


新しい年まで、あとわずか。

世の中、いったいどうなっていくんだろう、という
暗雲立ちこめる社会情勢ですが、
報道内容にも疑問をもちながら、
自分で調べることを忘れず、
真の夜明けがくることをあきらめないで、
新しい年を迎えたいと思っています。

皆さま、どうぞよいお年を!




コメント

今年も、お世話になりました!

2016-12-29 22:22:53 | にっち&くるみ:店情報
今年もお世話になりました!

にっちの店を始めてから、お世話になった方々が
たくさんいらっしゃいます。
始めたころは、そりゃあ、わからないことだらけでした。

ブログのアドレスでもわかる通り、
2014年5月1日に、にっちはオープン。
2年を過ぎて、2016年6月にブログを始めました。

このときにお世話になったのが、ルーツさんでした。
あの、石鳥谷の「パン屋ルーツ」さんです!

土沢商店街にある岩手銀行の前の建物、こっぽら土澤。
コンクリートの建物の1階奥に店はあるのですが、
都会と違って、ビル内にある店が近辺になく、
ここに店がある、ということが、
なかなかわかってもらえなかったのです。

こっぽら土澤の玄関を入っても、にっちの店の入口は見えず、
階段の上は、住居空間のように見えて、
お客さまがそこまで足を向けてくれませんでした。

そんななか、ルーツさんのブログで紹介していただき、
少しずつ口コミで広がっていって、
ほんとうに、ただただ感謝です。

そのルーツさんに、今日はパンを買いに行ってきました。

のどかな道を走って、車は、北上川の支流、
葛丸川(くずまるがわ)の川沿いへ。

葛丸川にかかる小さな橋を渡ると、
もうすぐそこ。

川沿いは河川公園になっていて、広々とした駐車場もあります。
こんな感じ↓




↑ 今は冬枯れの光景です。

でも、夏は、こんな感じでした。




↑ 8月に撮ったもの。木々の向こうに見えるのが、パン屋ルーツさんです。


お店に近づいていくと・・・



↑ 何ともいえず、いい感じ。


で、もっと近寄っていくと・・・



↑ あ、パンが焼けてる! いい看板ですねえ。
  入口の扉脇に、これがあります。


で、店内はお客さまがいらしたので、撮影しなかったのですが、
これまた、外観以上の雰囲気がある、いい空間になっています。
まだいらしたことのない方、ぜひぜひ、お店を訪ねてみてくださいね!

アクセス地図も見てください。


で、今日は、こんなパン↓とか、



↑ 「シナモンとレーズンの祈り」と、左に見えるのは、
  「農園たそがれ」さんが採取した、ニホンミツバチの蜂蜜「秘蜜〜露〜」。


こんなパン↓とか、



↑ 食パン丸。食パンと同じ生地で作った小さな丸パン。

皮の部分が多くなるので、皮が好きな人におすすめ、だそうです。

そういえば、私はおまんじゅうも、あんこより皮が好きだなあ・・・




↑ 自家製酵母の気まぐれスコーン。
  赤く見えるのは、クランベリーです。


岩手県産の小麦や小麦全粒粉をベースに、
自家製季節の酵母、その他もろもろ、とても細やかに
気配りされた材料。

だからこそ、滋味あふれる美味しさなんですね。

毎月、第二月曜日に、にっちの入っている「こっぽら土澤」まで
パンとともに行商に来てくださる、パン屋ルーツの竹田さん。

2017年1月は、16日の月曜日です。

皆さま、覚えていてくださいね。
注文も受付けていますので、注文のご連絡は、
にっち 080-3334-3003 まで。

毎月、第二月曜日は、(石鳥谷にお住まいの方もぜひ)にっちへ☺️
販売している場所は、正確には、現在は、
こっぽら土澤の商店街に面した店、
(きのこやおいよさんの「お休み処」)
で販売しています。
そのほうが、たくさんの方々の目に触れますからね。


また、ふだんの週の、木、金、土、日は、
石鳥谷の「パン屋ルーツ」さんへ、ぜひ足を運んでくださいね。

目の前にのどかな公園が広がっていて、
木々には鳥たちもきてますので、いい散歩ができます。

ルーツさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。








コメント

年末・年始、営業のお知らせです

2016-12-26 11:45:12 | にっち&くるみ:店情報
雪もとけて、歩きやすい東和町です。
盛岡や北上、大迫や石鳥谷からも、今なら車で走っても道は大丈夫ですね!

この時期になると、どうしても今年のことを振り返ってしまいます。
5月と10月にある、土沢アートクラフトフェアは、大きなイベントですが、
にっちでも、いろいろな展覧会を開催しました。

羊いっぱい展(1〜2月)、ロシアの小さな絵本展(2〜3月)、
下坂久美子作品展(4月)、夢の庭づくり 関戸勇写真展(6月)、
ラトビアのバスケット展(8月)、アイヌの治造展(8〜9月)、
ソロー森の生活展(11月)。
秋には、ハンズ・アラキ・トリオのアイリッシュ音楽、
東家一太郎さん、美さんの浪曲口演会など、
盛りだくさんの、2016年でした。

そして、11月から、にっちの下の階にある喫茶「くるみ」も
オープンしました。
「くるみ」では、2017年1月31日まで、
「井上洋介展」を開催中です。

火曜日が定休ですから、27日(火)はお休みしますが、

にっち、くるみ、とも今年の営業は、12月30日(金)まで!
どうぞお出かけくださいね。

今年印象に残ったことをひとつだけ、と聞かれたら、
これ↓ かな。




↑ 近くの空き地に咲いていました。5月に撮ったもの。


私は、初めて見る花だったのですが、あまりの清楚さにうっとり。

ノビネチドリ、というそうです。


放置されている空き地、年に1、2回草刈りが行われるところですが、
そこに、このノビネチドリの花を見つけたのです。
人の手が入っていないところには、
昔ながらの植物が残っているのですね。
まさに、ノビネチドリの「にっち」がここにあったというわけ。

来年もこの子に会うのが、とっても楽しみです!

さて、

にっち、くるみの新年の営業は
1月7日(土)からとなります

1月25日(水)からは、2017年「羊いっぱい展」もありますよ!
これについては、改めて詳しくお知らせします。

では、年末は30日(金)まで営業していますので、
遊びに来てくださいね!









コメント

歳末大売り出し、開催中!

2016-12-20 10:14:04 | 東和&土沢ニュース
12月19日(月)から24日(土)まで、

上町商店会と「こっぽら土澤」の、歳末大売出しセール
開催中です!


400円のお買い物で、1ポイント。
各店舗で、はんこがもらえます。
それが、3ポイントで、1回抽選ができます!




↑ そう、このガラガラ抽選器でやるのです!


正式名称は何でしょうか? 誰に聞いても、「ガラガラ」
という答えが返ってきます。

懐かしいでしょう?
いや、若い人たちとっては、レトロで、めずらしい?

これが何回やっても、楽しいのですね。たとえ、はずれでも。

いえ、今回の歳末大売出しでは、はずれナシ!

末等の5等の商品を、ちらりと見ると・・・



↑ 藍染めのランチョンマットや、北欧風の可愛いオーナメントがあったり




↑ 日用品のタワシやティッシュペーパーに加え、スプレー瓶があったり


じつに多様で、盛りだくさんの商品が並んでいます。




↑ ティズニーの映画「ピノキオ」に出てくる愛らしい金魚、クレオのタオルも!
  美濃焼の、藍を基調にした小皿類などは、4等です。


2等、3等は、見てのお楽しみ!




↑ 1等には、一斗缶の割れせんべい! カーペット。


そして、特賞は1本で、1万円の商品券となっています。


400円で1ポイントですから、これがけっこうすぐにたまるんです。
お買い物をしたら、ぜひ、すぐに抽選会場へ駆けつけましょう。

抽選会場は、土沢商店側から見て、こっぽら土澤の玄関の通路をはさんで右隣。
きのこやおいよさんの店でもある、お休み処を利用させてもらっています。


上町商店会ってどんな店があるの? という方。

下記が参加店になっています。

中西金物店、(その隣の)ほっとほっと(喫茶)
鈴木時計店、きのこやおいよ、手しごと屋、
おたすけキッチン、ワンデイシェフの大食堂、
健康アトリエ、カフェくるみ、にっち、

(こっぽらの南側の通路にある)大幸(中華やさん)、
(さらに南側の道に面した)塩辛とんぼ(料理やさん)

全部で、12軒のお店です。

土沢商店街に立つと、万国旗が目立ちますが、
その旗があるところは、中町です。
たこ焼きの松葉商店は、中町ですね。


ほんとうは、上町も、中町も、下町(佐々長醸造さんなど)も
みんないっしょに、土沢商店街としてまとまればいいのですが、
どうもイベントは、昔ながらに分かれてしまっているようです。
(新参者のにっちとしては、当初これに困惑しました😢)

ともあれ、今回は上町商店会と、こっぽら土澤の歳末大売出しです。
12軒が力を合わせてがんばっていますので、
ぜひぜひ、応援、いえ、お買い物にいらしてください。

商店街を散歩しながら♬ お買い物♬


来年は、酉年ですね。

にっちの店内にも、かわいい酉年グッズを置いています。



↑ 一合升、ちりめんのゆる〜い感じのかわいい鶏さん。

風邪をひかないように今年いっぱい無事に過ごして、
よい年を迎えましょう!


コメント

この穴は、なあに? 土手で見つけた小さな穴。

2016-12-18 21:08:28 | 生きものあれこれ
散歩をしていて、こんな小さな穴を見たことはありませんか?




↑ こんな穴、あちこちで見ることがありますよね。


いったい、この穴はだれが使っているのでしょう?

しばらく穴の前で待っていました。
すると・・・




↑ 何か動いた気配が! 

ちらりと顔を出したのは、こんな子でした。
鼻の先が赤っぽくて、とがっています。




↑ ぐいっと前に出てきました。指が見える!


そして、さらに・・・




↑ 横向きの姿が見えたのですが、小さいながらも目がはっきりと!


体をぐっと低くしています。
ビロードのようなつやのある毛で、ほんとにきれい!

匍匐(ほふく)前進で穴から進んできたのですが↓





こちらが、穴の前に置いたヒマワリの種をとりにきたのでした!


穴から出てきたのは、ちっちゃいモグラである、ヒミズでした。

植物の種や、虫などを食べるヒミズは、
ヒマワリの種や、ミルワームなどを穴の前に置いて、
静かに待っていると、姿を見せてくれます。
(※ミルワームとは、ゴミムシダマシの幼虫で、小鳥や小動物のえさとして売られています)


ヒミズは、3時間起きて、3時間寝る、という暮らしをしているそうですから、
寝ている時間だとなかなか姿を現さないでしょうが、
そうでなければ昼間でも、こんなふうに、
ひょいと姿を見せてくれるかもしれません。

今日は、ちびっこモグラ、ヒミズの紹介でした。

















コメント

カードやはんこに注目! プレゼントには欠かせませんね

2016-12-14 18:25:05 | にっち&くるみ:店情報
12月はプレゼントの季節。
相手にふさわしい贈り物を選んだら、
こんどは、心のこもったメッセージを送りたいですね。


そんなとき、こんなカードはいかがでしょう?
フィンランドから、すてきなポストカードが届きました!




↑ フィンランド在住の、角井みどりさんオリジナルのカード。
  左は「熊のかくれんぼ」  右は「森に佇むヘラジカ」
  右側の木、緑のくるくるっとした部分は、原画では刺繍です!




↑  左は「眠るトナカイ」  右は「月夜」
   こちらもステキですね! 
   
森の国、フィンランドの香りが漂ってくるような、そんなポストカードです。


自分自身でカードを作ろう、という方。
こんなに楽しいはんこも↓ いっぱい用意していますよ!





↑ 菅原由香さんオリジナルの、消しゴムはんこです。 
  この包みの中に入っています。
  動物、植物が大好きな由香さん。その目線が感じられて楽しい!




↑ 大きさもいろいろ。手にとってみてくださいね。


インクも大人っぽいシックな色合い(↓左端)があります。




↑ 右端にある四角いインクは、布用です。布バックにはんこ、かわいいですね。


カードは、さまざまなものがありますから、
お気に入りを探してみてください。




↑ こちらはクリスマス用・・・




↑ こちらは、いつでも使えます・・・


温かいカードに、温かいメッセージを添えて送ってください!


コメント

それぞれのクリスマス。あなたにとっての12月は?

2016-12-08 22:36:31 | にっち&くるみ:店情報
12月も、既に一週間を過ぎてしまいました。
早いですね!


あちこちで、クリスマスの飾りつけを見るようになりました。
なんてことをいうのは、かなり遅れているかな・・?

どうも、行事の先取りというのが苦手で、
ついつい出遅れてしまいます。

で、やっと、クリスマスらしい飾りつけを
ちょっぴりやってみました。
こっぽら土澤の、玄関を入ったところです。




↑ スズキコージさんの絵、です。
  額縁に見えるところも板でできていて、そこにも絵が描かれているのが愉快ですよね。


1984年のサインがありますから、その年にこの絵に出会ったんですね。

東京の下町、谷中、根津、千駄木は、通称「谷根千(やねせん)」と
呼ばれて、親しまれるようになりましたが、
木造の家々が残っていて、散歩するのにとってもいいところでした。

その根津にあった喫茶店で、個展が開かれていて、
そこで初めてスズキコージさんに出会いました。

なぜ、この絵がひと目で気に入ったかというと、
山の近くに暮したいな、とぼんやり夢みていたからです。

思い切ってやってごらん、とサンタが、山とうちをもって、
こちらに向っていっているようだったし、
額縁のブルーの色も印象的でした・・・

で、大いに迷って長いこと、この絵を見ていたら、
スズキコージさんが、「この絵、雑巾でもふけるよ」といったんです!

ん?  雑巾でふける?

なるほど、よくよく見ると、
絵が描かれている部分も、額縁も木でできていて、
そこにじかに絵が描かれているから、
ぬれた雑巾でふいても大丈夫、という意味らしい。
それにしても、愉快な説明!
で、とにかく、この絵が当時のせまい部屋に来ることになりました。


そして、その翌年。
私は初めて、岩手の地を踏んだのです。

種山ヶ原にいた羊たちの取材の仕事だったのですが、
それが縁となって、数年後に岩手に住むことになりました。

そんなきっかけを作ってくれたサンタの絵。
今年は皆さんとも楽しみたいと思って、飾ってあります。

見に来てください!



↑ KOHJIZUKIN ARK 聖スズキコージの方舟  
  岩手出身の、みやこうせいさんが、友人のスズキコージさんを丸ごと本にしました。


画家、スズキコージさんの天衣無縫な生き方。
「好きなことを手放さなければ、人生は楽しい!」といっているように、
私には感じられます。

この本は、「にっち」「くるみ」の店内に置いてあります。


本といえば、花巻の方なら懐かしさで、子ども時代がどっと蘇る、
マルカンデパートの思い出写真集も、置いてありますよ!




↑ 今年8月に発刊された「MARUKAN IMAGES マルカン思い出写真集」1,500円(税別)
  発行:(株)上町家守舎  編集:高橋菜摘、北山公路 


マルカンデパートは、今年6月に閉館になりましたが、
多くの地元の人々の熱い思いで、
来年2月に、大食堂が再開するそうです!

さらに、来年6月には、1階をオープンすべく、
いろんな企画が練られているとか・・・興味津々ですね。

この写真集は、「にっち」でも、カフェ「くるみ」でも扱っていますので、
購入できます。


さて、にっち店内に戻って・・・



↑ あちらこちらが、ちょっぴりクリスマスっぽくなっています・・・


あ、これは↓ ちょっと違うかな。






でも、ネコたちの目線が気になって、紹介しちゃいます。

フェルトのポーチは、ネパールやインド製が多いのですが、
ひとつひとつ手作り、というのがはっきりしているのは、
表情が、ほんとに違うんです。


目の大きさも、色選びも違っていて、
見るたびに、微笑ましくて、
こんなプレゼントも、きっと喜ばれるだろうな、と思います。


それぞれのクリスマス。

自分なりの過ごし方をしたいですね!










  










コメント (1)

国際フェアのご報告。そして、にっち

2016-12-04 12:39:40 | にっち&くるみ:店情報
12月3日(土)、花巻国際交流協会主催の「国際フェア」
に、出店してきました。




↑ 看板は、昨年国際交流協会さんでつくっていただいたものです。


斜め前に、ロシアのサモアールが見えました・・・



↑ 午前、午後、1回ずつ、ロシアンティーが飲める! わ、すごい、楽しみ!


と思ったのですが、その時間は行列もできていたし、残念ながら
今回は、ロシアンティーを展示で学び、うちに帰って飲むことに・・・😢





↑ 撮影し忘れたのですが、ジャムがマトリョーシカの容器に入ってました。
  かわいかったです、ホント。




↑ 元の空港ターミナルビルですから、外の眺めはとってもいいのです。
  白くなった早池峰山も見えます。ガラス越しに撮った風景です。


国際フェアは、午後3時まででした。

というわけで、土沢商店街の店に戻ってきたのですが、
少し、店内の商品をご紹介。



トルコから、新しいオヤ(トルコのレース編み)が、
いろいろ届いていますよ!




↑ ブレスレットも、とっても繊細できれい。




↑ オヤの花束ストラップ。豪華です。




↑ こちらは、インドネシア製の楽器、カリンバ。
  天然のココナッツシェルでできた、約13センチほどのかわいい丸い楽器。
  両手でもって、親指を使って、はじきます。
  何ともいい音色で、やっぱり南国の響き!


カリンバの左にあるのは、インドの手彫りのはんこ、です。


雑貨も、冬物の服も、新しく増えていますので、
どうぞお出かけくださいね。

  
コメント

本日12月3日、盛りだくさんの「国際フェア」開催!

2016-12-03 06:37:41 | イベント案内
今年も、12月3日(土)、
花巻国際交流協会主催の「国際フェア」が開かれます。

場所は、花巻空港旧ターミナルビル内です。
ご存知ですか? この場所。

国道4号線に面していて、ひじょうにわかりやすい場所です。
駐車場もたっぷりありますし、催しは入場無料、です。






で、どんな催しがあるかというと・・・






世界各国の食べ物・・・興味ありますねえ。

昨年初めて、にっちとして出店したのですが、
食べ物・・・とっても楽しかったですよ。
国際交流は、まずは食べ物から・・☺️ 

キッズコーナーは、ひじょうに人気でした。


物販エリアのほうでは、
世界の雑貨「にっち」のほかに、
花巻のフェアトレードの店「おいものせなか」
ドイツケーキ、錫細工の店「バックシュトゥーベ」など。

昨年、美しいドイツの錫細工のオオカミなど、買っちゃいました。



ステージでの催しもの、キッズコーナー、ボードゲーム、
世界各国の料理が並ぶ、食販エリア、キッチンカー、
そして、物販エリアなどなど、見るもの、聞くもの、食べるもの、
ビル内が国際色でいっぱいです。


広々とした元空港ターミナルビルの探索は、
ちょっと異次元感覚で、楽しいですよ。


午前10時から午後3時まで。

ぜひ、お時間をつくっていらしてくださいね!





コメント

衣替えの季節。冬毛にかわっていくリス!

2016-12-01 07:57:48 | 生きものあれこれ
車で走っていると、
あちこちの家の前に、のれんのように干し柿が
下がっている光景を目にします。

いい光景ですね!

私も山小屋暮らしをしているときは、
干し柿づくりをせっせとやりました。

あるとき、ふと縁側のガラス越しに、
こんな光景を目にしたのです!



↑ 干したばかりの柿なので、まだ柔らかでした。


リスがのっているのは、細い丸太です。
リスの道として、小屋のまわりにつくってありました。
そこをリスが走っているのは、毎日のように目にしていましたが、
まさか、干し柿をこんなふうに立ち上がって食べるとは!

リスはおいしそうに柿をかじり、
そのうち、干し柿を結んだひもを噛み切って、
丸ごとくわえて走り去りました。

近くに柿の木があり、実がなっていても、
リスがやって来て、柿を食べている姿を見たことはありません。

干し柿が好きなんですね!

食べられたことよりも、それがわかって、
干し柿を食べにくるリスを、毎日見るのが楽しくなったのです。


しかも、その姿が、冬毛になっていたのでびっくり!

9月のリスは、こんな感じでした。



↑ 濃いクリ色の短い毛におおわれ、
  もり、もり、っと、筋肉質の体をしていました。

お腹のほうは白いのですが、背中とお腹の境目のところは、
赤みの強いオレンジ色がきれいでした。

それが、10月になると・・・




↑ 腰から尾にかけて、灰色になってきましたが、
  まだ短くて、そんなに目立ちませんね。

同じころ、こんなリスもいましたよ!



↑ お尻から首筋まで、背中のほうが、やや長い冬毛でおおわれたリスも
  いましたが、手足と頭はまだ夏毛のままです。


そうして、11月の始めになると・・・




↑ 冬毛がたくさん! でも、かすかに夏毛が残っているのもわかりますよね?


この時期のリス、っておもしろいんです。

何より、「ただのリス」って感じだったのが、
「スカート(をはいてるリス)」など、ニックネームをつけられるのが楽しかった!


冬毛のいちばんの特徴は、やっぱり耳毛かもしれません。



↑ 耳に、長〜い房毛が生えています。


そんなわけで、リスを見るのがとっても楽しい秋でしたが、
12月になると、ふわふわの冬毛におおわれてしまいます。
体も丸みをおびて、ひとまわり大きくなった感じ。

そうして、雪が降ると・・・

新雪を食べて、楽しく遊んでいます!



↑ 私たちだって、雪をぱくりと食べますよね!


夏毛も、冬毛もない私たちですが、
体を守るための、暖かな服で身をつつんで、

元気よく、散歩に出ましょう。

土沢商店街にも、遊びに来てくださいね!












                    
コメント