ナイスティーライフ in LA

米国在住28年。ドイツフェイラー社、北米総輸入元オーナーかつホームコンシェルジュサービス業オーナーのビジネス徒然日記。

手作りのプロテインバー(グラノラバー)

2014年11月24日 | クッキング
小腹が空いた時、急いで出かけなければならない時、片手で、持って食べられるバーは便利。
さらに、手作りすれば、材料もお好みに出来るし、思いの外、簡単&おいしいです。
健康オタク(?!)で、手作りで食育などを推進している日本の友人からレシピをもらったので、早速作ってみました。


オーガニックの自社農場で育てた原料で作るサプリメント会社”Nutrilite(ニュートリライト)社”のプロテインパウダーを1カップ加えて、バーサイズのが8本、出来上がりました。


とってもサクサクして、美味!

な~んだ、こんなに簡単だったんだ?!って感じ。

全てオーガニックの材料を使ったので、オーガニックプロテインバーの出来上がり~

お近くの方は、おやつ作りクラスをやりますので、お問い合わせください。
遠方の方、レシピをお問い合わせくださいね。





コメント

イギリスのデザート、トライフル。

2013年04月18日 | クッキング
イギリスの伝統的なお菓子のひとつ、「トライフル」。
語源は、「気ままなおしゃべり」とか、「つまらない物」というイギリス語だとか。

大きなガラスボールなどに、スポンジケーキを小さく切ったものと、カスタードクリームやシェリー酒、ホイップクリームなど、その間にフルーツを重ねて層にしているものが一般的ですが、日本人の私には、足つきのグラスなど一人分ずつ入れたものの方が、食べやすくてなじみがあります。

この日は、スポンジケーキを焼いて、バースデーということでもないので、小さく切り、残っていたフルーツ(バナナ、苺、ブルーベリー)とホイップクリーム、まさにあり合わせで作りました。

使い捨てのカップで作れば、ポットラックや手土産にも持ち運び便利!!
文字通り、「つまらない物」ですが…。

最後に、この曲がりくねったスプーン。ジャムの瓶などにもこうして引っ掛けられて便利です。
T美さんに教えていただき、ダイソーで2本だけGETした代物。残念ながら、今見当たらないの…。ダイソーさん、また仕入れてくださ~い!
コメント

ビーツとゴートチーズサラダ。

2013年04月15日 | クッキング
最近、ビーツにはまっています。
普通のスーパーでは缶詰であるし、Trader Joe’sでは、真空パックになって売られています。もちろん、生も売っているので、茹でれば良いのだけど…。
私は、この真空パック入りが好き。丸ごと茹でてあるので、あとは自分で好きな形にカットすればOK。
細かく刻んでポテトサラダに入れれば、ピンクのポテサラになり、可愛い一品!
アフタヌーンティークラスのK子先生は、パスタに入れて、ピンクのパスタディッシュ、作ってくれました。
お友達のT美さんが教えてくれた、ビーツとキノアのサラダも、すっかり我が家でも定番メニュー。
とにかく、ビーツが入るとピンク色の一品になるのが、楽しいですね。

先日、Lazy Dog Cafeでいただいた、ゴートチーズとの組み合わせも美味。

早速、自宅で(想像しながら)再現。これも我が家の定番つまみメニューになりましたよ。

レストランでは、ほうれん草のベッドでしたが、今回はクレソンにしました。
ビーツは適当に切って、バルサミコビネガーと塩コショウ、グレープシードオイル、ハチミツで味付けます。クレソンのベッドに載せ、ハニーゴートチーズを適当に切って散らします。
一緒に和えながら頂くのですが、ビールのお供になりました。

更にこの日は、羽根つき餃子で、ますますビールが進む君~

コメント

塩麹でサラダ。 シンプル&モリモリ。

2012年07月12日 | クッキング
日本のみならず、最近、ここLA、OC界隈でも流行っている「塩麹」。

今では、ニジヤやミツワマーケットなどでも販売されていますが、やはり、自分で作っている人のが美味しいでしょう。

健康オタク発酵仲間のみや坊さんや誰かに頂いては食していたのですが、いよいよ自分でも作っておいた方がいいと奮起して、作っています。
分量は、いろんなサイトで出ている定番。

乾燥米麹      200g
塩(お好みの塩)   60g
ぬるま湯(または水)300cc 
塩度10.7%の塩麹になるというものです。

現在、仕込んで4日目。
まだ出来ていませんが、少~しとろみがついてきているので、多分後数日で出来上がることでしょう。(仕込んで1週間か10日くらい室内に置いておくだけ)

そんな自家製塩麹が出来上がるまで、先日いただいた史美先生の塩麹でしのぎます。
(いささか要求モードだったかも…。)

そして、今日のお昼は、PVに住むKさんお薦めの食べ方:サラダにしました。

ロマノレタス(ロメインレタス)をざくざくに切ったものとトマトとぺピタス(パンプキンシードの種の中身をローストしたもの)。
(画像をクリックして拡大してください)
かなりシンプルですが、味付けは塩麹とグレープシードオイル(今回はバジルフレーバー使用)のみ。
Kさんのお薦め通り、本当に美味しかった~!!

もちろんオイルは、サルーテサンテのグレープシードオイル。
塩麹を邪魔しないサッパリしたオイルですよ。

ナイスティーで購入できますので、ご注文くださいませ~!
電話: 310-874-8910
コメント (1)

ちょっとボケてますが、手まり寿司ディナー。

2012年04月28日 | クッキング
花金(また死語?!)の我が家の夕餉です。

最近のお気に入りは、白米にキノア(一度キノアだけ炊いておく)を混ぜて炊くということ。
なんだかもっちりとして美味しいんですよ。
その残りご飯をチンして、酢飯にして、スモークサーモン、アボカドをのせて、手まりにしました。
春らしくて可愛いでしょう。
おかずは、これまた最近気に入っているテンペ。 この日は、醤油と酒で下味をつけておき、フライにしました。黙ってたら「とんかつ?!」って感じでしたよ。
更にもう1品は、オリーブのフライ。

まん丸続きのディナーでした。

再度拡大写真も添えますね。

塩っぱいオリーブ漬けは、しばらくお水に浸けて塩抜きしておくと良いでしょう。
あとは、普通にフライの衣で揚げるだけ。
おつまみにぴったりです!! 
コメント

Tempeh(テンペ)の南蛮漬け。

2012年04月20日 | クッキング

以前、マクロビのお料理の先生が作ってくれて、頂いたことはあるのですが、自分で買って料理したのは、今日が初めて。

教えてもらったとおりに、から揚げにして、たまねぎの細切りと一緒に南蛮漬け風にしてみました。

揚げると香ばしく、お味も濃い目で、おかずにぴったり! 
 
コメント

ヘルシーなポットラックランチParty!

2012年04月08日 | クッキング
お店をやっていた時、たまに集まって、マクロビやヘルシーな素材、レシピの話題に花を咲かせていた皆さんと、久しぶりに友人宅で再会しました。
持ち寄りでランチをしましょうという会だったので、私も、キノアを使ったサラダを持っていきました。

お鍋でまずはキノアだけ炊いて、後でサラダにしたり、普通のご飯に混ぜて炊いたりもします。
  

他の皆さんが持ち寄ったお料理は、本当にヘルシーそのもの。味付けも控えめ。食物繊維の多いものばかりだったので、翌日はお腹もすっきり。

楽しくて美味しくて、しかもとってもお勉強になったポットラックパーティー!

また、やりたいなぁ~。
コメント

今年もお味噌、仕込みました。

2012年02月20日 | クッキング
今年も恒例(2010年からの恒例)の、自家製味噌を仕込みました。
発酵ものが好きな仲間と一緒に仕込むので、わいわい楽しい作業です。
まずは、茹でた大豆をミキサーでペイスト状につぶしました。

その後、塩と麹にあわせます。

今年は、オーガニック大豆と、アンデス産のピンク塩、お取り寄せしておいたオーガニックの米麹を使用してみます。(材料はこれだけ、でも、仕上がりが楽しみ!!)

こねこねするのがまた楽し!

良く混ざったら、味噌玉にします。
 

ウォッカで洗浄した容器に、味噌玉を端からみっちり詰めていきます。
日ごろの鬱憤を晴らすかのように、味噌玉を容器の端に向かって、投げつけるように。
空気が入らないようにするのが、なかなか難しい。

表面をウォッカで拭き洗浄、その後、取り置いていたピンク塩を振り、覆いました。


これで、半年カビが生えないという訳です。

前回もこの状態で3ヶ月待ち、少しの白カビは取り除きましたが、その後は大丈夫でしたよ。

今、我が家の冷蔵庫には、2年物の手作り味噌が残っているので、今回のが出来上がるまで、大事にしのがなければなりません。

大人になって、こんなに6ヶ月後が楽しみなんて、可笑しいでしょう。

さて、お味噌を仕込んだ後には、ミニ宴会が待っていました。

 
大学芋、お豆のサラダ、茹でた芝えび。


ビールは、みや坊さんのご主人が師匠と仰ぐこれら。


みや坊さんのマクロビ風マカロニグラタン。
たまねぎ、ブロッコリー、豆腐、きのこ類、豆乳、豆乳チーズのせ。


もうひとつ、ヒットだったおつまみがこれ。
Trader Joe'sで買えるBaked Tofu(焼き豆腐?!)

ただ、切って、食べるラー油をかけた1品。美味~!!
コメント

ちょっぴりさびしげな響きだけど、ひとり味噌汁が美味しい!!

2011年10月13日 | クッキング
「ひとり味噌汁?!」 サウンド的にはちょっぴりさびしげな響きですが、これが意外と美味しいんです。

決して、「一人で飲む味噌汁」ってことではないのでお間違いなく。

これは、お椀に一人ずつ作るお味噌汁と言う意味で、つまりは、お椀の中でできる、即席味噌汁ということなのです。

分量は、ちょっとピンボケですが見ての通り。
ここへ、熱湯を注いだら出来上がりです。あとは、お好みで加減してくださいね。

この日は、乾燥わかめと青ねぎをいれましたが、小さく切ってお湯で温めておいたお豆腐とか、納豆とか、小さく切って茹でた野菜とか、お好みの具を入れてくださいね。

大事なのは、おいしいだしの粉末とおいしいお味噌!!
我が家の手作り味噌は、逆にお鍋で煮てしまうのがもったいないほど塩気も香りも良いので、この「お椀の中で作る即席ひとり味噌汁」にした方がおいしいようです。まさに手前味噌!

即席でしょう?と馬鹿にしないで、是非、お試しください。

ちなみに、私が使うおいしい粉末のだしというのは、
 ほかでもない、「椒房庵のあごだし(茅の舎だし)」です。

4人分作るならお鍋のほうが楽かな?! でもひとり、ふたりの時は、こちらで問題なし、いえいえ、かえって美味しいくらいですよ。
コメント

リンゴが美味しい季節。 リンゴ蒸しパンを作りました。

2011年10月11日 | クッキング
以前、アムウェイの鍋デモで教えてもらった鬼まんじゅう(サツマイモ入り)の作り方ですが、近所のスーパーで、リンゴが1パウンド(450gくらい)が88セントになっていたので、今日は、サツマイモの代わりにリンゴを入れました。

スティームするので、ほかほかのおやつ。
しかも、焼きすぎとかの心配もありませんよ。 

少し、私の好み(甘さ控えめ)にアレンジしたレシピですので、参考にしてみてください。

材料
薄力粉        2カップ (アメリカのカップ/250cc)
砂糖         1/4 強 (甘いのがお好みなら1/2カップにしてもよし)
ベーキングパウダー  大匙1杯
牛乳         100cc 
全卵         1個
リンゴ       小さいのを2個 (皮ををむいて、くし切りにしておく)

① 牛乳と卵はよくかき混ぜておく。
② 粉、砂糖、ベーキングパウダーもよくかき混ぜておく。
③ ①と②をよく混ぜ合わせ、リンゴも入れて混ぜておく。
④ 蒸気が上っている蒸し器の仕切りの上に、パーチメントペーパーをおき、そこへ③のたねをこんもりのせ、
  20分~30分くらい蒸す。
  注意:蒸しているときは、蓋を開けないこと。 ふんわり膨らみません。

無農薬やスプレーのかかっていないリンゴなら、皮ごと入れると、ほんのり赤みのある蒸しパンに仕上がります。

もちろん、冒頭にあるように、サツマイモを入れても美味しいし、抹茶パウダーと甘納豆を入れて小倉蒸しパンなんてのも美味しいですよね。
コメント