niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



11月24日 土樽から蓬峠。途中撤退

2013年11月25日 | 谷川連峰
(作成中)
24日日曜日晴れる予報。久々の休める日曜日の晴れマーク。どこへ行こう?
今シーズン初、ワカンと軽アイゼンを携えて。
菅名岳、五頭山、二王子などが候補だったが、前日の予報で下越は傘マークが付いた。晴れそうなのは魚沼、南魚沼周辺か?。
上下権現堂山、坂戸山、魚沼スカイラインを歩く?銀山平トレッキング?あるいは蓬峠?候補は色々、現地の天気次第ということで。
朝5時、西区の自宅発。いきなりの豪雨で、下越にしなくてよかったと安堵しながら、8号線を疾走。
17号、長岡を過ぎるころから、前方の空が晴れているのがわかる。特に南魚方面へ行くほどいいようだ。
土樽から蓬峠往復に決定。
湯沢からまず、土樽駅へ。ところが、駅へ通じる道がどれなのか、探してるうちに、蓬峠と茂倉岳の分岐まで来てしまった。
まあ帰りによろう。蓬峠への林道を上がる。ところどころ、下をこすりそうになりながら、でこぼこ道を行く。
堰堤の脇に2台くらいおけそうなスペースが。ガイドブックではもっと広い駐車場があるはず。もう少し進むとあるんだろう。
だが、きょうはノーマルタイヤ。この先、雪が出て来そうな雰囲気なので、そこに駐車することにした。
沢音だけが大きく、人の気配はない。この先の広い駐車場に何台か駐車してるだろうか?熊はまだ冬眠するには早いか?
「愛宕山」が蓬沢に流れる。土曜日の「ちりとてちん」、草若師匠の「愛宕山」を録音したやつも加わった。
08時42分 ワカンをザックに括り付け、これも今シーズン初の長靴、スパッツで出発。
08時49分 黒金沢出合の道標と広い駐車場のある堰堤。1台も停まってなかった。ますます心細い。春の權ノ神、焼峰同様、人と違うところを選んでるんだなぁ。

09時05分、単独の下山者とすれ違う。どのルートを辿ってきたのか聞きたかったが、お疲れの様子だったので、遠慮。
人の姿をみるとホッとする。結局、きょう会ったのは彼一人だけだった。
09時12分 振り返ると、青空の下に神々しいばかりに白い峰が。どこだろう?すぐにはわからなかったが、仙ノ倉山だった。

下調べ不足。地図を見れば明らかなんだが、この道は西南西から東南東に向かってむしろ北上している。わかっていても、土合に向かって南下するイメージがあり、方角を錯覚してしまう。
09時39分
東俣沢出合


結局、蓬峠までは無理無理で撤退
時間も早く、トミオカホワイト美術館で八海山の写真を撮ってから帰宅。

いい具合に紅葉に光が当たり、霧が流れ、
































コメント