niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



6月30日 荒沢岳山開き 山頂踏まず撤退

2013年06月30日 | 荒沢岳
カラ梅雨の新潟は、晴れマークが続く。
大石山のマツムシソウはまだだから、次の憧れの山、荒沢岳を目指す。
新潟を5時前に出発。
奥只見シルバーラインを自身の運転で通るのは初めて。
7時15分 銀山平着
まずは石抱橋という定番撮影スポットから越後駒ヶ岳を撮影。
そう遠くない将来、あの頂を踏もうと誓う。


開高健の「河は眠らない」の碑も初めて見て感激する。

登山口で登山届を出す。そこに山開きのお守りが12個置かれていた。50個用意したということだった。


07:46 登山口発


08:25 前山着


前山から前�・


きょうの行動食 オール塩レモン


9時19分 前近づく。ここで岩場に備え、トレッキングポールをザックにしまう。ちょっと早すぎだったが。


9時39分岩場注意


最初の鎖場を下ってくる下山者1名
そろそろ核心ですね?と聞くと、まだまだこれからなのだと。
そう。僕は、険しい岩場とは知っていたが、それがどの程度のものなのか画像を見たことがなかった。






核心はここからだった


山腹を登っていく登山道


下山時に、同部を下る山ガール。




前へ直登する場所は立入禁止となっていて、左下へ下っていくがこれが一枚岩の滑り台のような斜面で鎖に頼らないと降りられない。


なるべく鎖やロープに頼らず登りたいと粋がっていたが、あえなく降参した。

下ってトラバースし、いよいよ急峻な草つきを直登する。

これが一般ルートなんだから恐れ入る。私は穂高や剣などの岩場も知らないんだが、みんなこんな凄いところ登ってるんだろうか?ここよりもっと凄いんだろう?御神楽岳の蝉が平ルートは、ここと比べてどうなんだろう?色々と思わされる。
改訂版「越後百山」では、悪天候の中ここを登っている場面が記されているが、そんなのは真っ平御免だ。
きょうの天気予報は晴天で、雨が降る可能性など全く考えていなかった。
山頂が雲に覆われ始めたのは10時前後くらいだったろうか?前の岩場を登り終えた頃には、山頂は完全に雲に覆われ、周囲の空気もひんやりしていた。
10時53分 前





見下ろす中荒沢側の斜面に刻まれた雪蝕地形を胸のすく思いでカメラに収めるものの、岩場の下りが気にかかる。山頂を覆う雲は、厚みを増しているようだ。
このまま雨になって、濡れた岩場を下ることになるんだろうか?
そうなる前に、撤退したほうがいいんだろうか?
下山してきた若者から山頂の情報を聞くと、ガスっているが雨ではないと。まずは一安心だが・・・。
前�・を過ぎて暫くしたころ、中荒沢側から2、3度落石の不気味な音が響いてきた。すれ違った何人かの下山者が、岩場から転落したんじゃないか、という不吉な想像をしてしまう。
山頂へのモチベーション下がりまくる。
山登りの楽しみの第一は、やはり山頂からの展望である。荒沢岳は第一級の展望の山として知られている。
それが見られないんじゃつまらない。来た甲斐がない。

登山口で一緒だった方が、早くも下って来る。
なんと、山頂のこちら側はガスで展望は利かないが、向こう側は良く見えるのだと。
朗報である。勇気百倍である。足取りも軽くなる。

気持ちとはうらはらに足は上がらないが、山頂の展望を楽しみに歩を進める。
向こう側。尾瀬周辺から谷川連峰。丹後山を始めとする分水嶺の山々。
そしてカシミールによれば、世界文化遺産のあの山が・・・。

まあ、よほどの好条件に恵まれた日でなければ無理だろうが。

1つ、2つピークを越え、そろそろ雲の中に突入と思ったその時、唐突にボツボツと大粒の雨が落ちてきた。
恐れていた物が来た。
即、終了、即、撤退。迷うことなく踵を返した。
雨が前�・の岩場を濡らす前に通過しなければ。

蛇子沢の滝がよく見える地点まで戻り、ここで立ったまま昼食の御握りを頬張る。
この滝壺が穿たれるまで、どれほどの時間が経過したのか。永遠とも云える時の流れを感じる。






そうこうしているうちに、雲がだいぶ薄くなってきた。山肌に沿って雲が登ってゆく。このまま晴れるんじゃないかと思ってしまった。
やはり向こう側の眺めに未練がある。晴れるんなら、こっち側の眺めだってもっと。
もう一度だけ行ってみよう。単独行の気安さ、気儘さ。

しかし。しばらく登ってから振り返ると前�・が完全に雲に覆われている。完全撤退


前山


15:02 登山口着


帰りは枝折峠経由で。峠手前で本降りとなった。
この雨の中で前�・を通過することを考えたら、私としてはあの場で撤退して正解だった。


コメント

6月16日 憧れの足ノ松尾根へ(大石山)

2013年06月17日 | 飯豊連峰
新潟市周辺の山に登り始めて数年。飯豊の足ノ松尾根は最初のころからの憧れ。
登り始めの頃は、角田や弥彦でも膝が痛くなり、飯豊なんぞ夢のまた夢かと思っていたのだが、足繁く登山に通うようになり膝痛も出なくなり、満を持してというと大袈裟に思われるかもしれないが16日の日曜日に、ようやく登って来た。
とりあえずは大石山が目標。そこから杁差方向か頼母木方向かは全く未定。
ただ、飯豊の主稜線上に立つことが大事。
6時40分 奥胎内ヒュッテ着
すでに団体さんの車などで満杯状態

天気予報は曇りのち晴れだったが、雨がしっかりと降っている。
元気な団体さんは、雨具を着こみサッサと出発していった。
小降りになるまで様子をみて7時20分に出発
頼母木大橋手前で自転車の方が追い抜いてゆく。

実は僕も自転車を用意しようかと思ったのだが、車に入らず断念していた。羨ましく見送る。

08:02 足ノ松尾根登山口発
前後に人が多く、ラジオは遠慮。もっとも受信状態も悪く、まともに聞こえない。山が深いということか?
熊鈴もネジをゆるめ、鳴らないようにする。

08:47 姫子ノ峰(780m)

09:10 二ツ峰を望む。
すでに雨はあがり、胎内尾根の峰々もすっきりと見渡せる。主稜線からの展望に期待は膨らむのだが・・・。


09:17 岩場 この岩場はおっかない。ほんとに岩だけで、両側が切れ落ちている。


09:38 滝見場
さほど大きく見える滝ではないことは知っていたが、響いてくる音は思いのほか大きい。
その音にも強弱があるのは、上部のスノーブリッジが崩れて大量の雪が落ちる時に、轟音となって響くのだろうか?
目線を上げるとアゴク峰から鉾立峰へ通じるアゴク尾根。



09:44 英三ノ峰(940m)

それにしても、この蝉しぐれはどの辺りから聞こえていたのか?
蝉?この時期に?ヒグラシみたいな鳴き声が輪唱のようにあちこちから降り注ぐ。
エゾハルゼミ、というブナ林などに棲む蝉だそうな。
この時期に鳴く蝉がいることを今回初めて意識したが、これまでにも聞いていたんだろうか?

10:09 ヒドノ峰(1080m)

10:16 水場分岐

10:45 イチジ峰(イチジノ峰、1265m)着
疲れました。大石山だからって飯豊をなめるなよ、と言われているみたいです。数歩登っては立ち止まる。こんなに足が上がらないのは初めて。
もう30数年前、学生で体力に自信があった頃に登った甲斐駒黒戸尾根ですら、こんなにきつかった記憶はない。もう忘却の彼方ではあるが・・・。

10:52 イチジ峰発
11:36 西ノ峰(1525m)
下山者とすれ違う。杁差までですか?と聞かれたが、はいと答える気力は残ってなかった。
11:42 大石山着  足ノ松尾根登山口から3時間40分 我、登頂せり(大袈裟)。 
胎内のスキー場を過ぎてからずっと圏外だった携帯が、ここでようやく繋がる。
山頂で会った二人連れに、飯豊はどこも圏外なのかと聞いて、頼母木の小屋の辺りで繋がるところがあるようだが、などと話しているその時に着メロがなり、驚いた。
山頂から頼母木山方向へ。
笹に覆われた山腹。西側がなだらかで、東側が急峻な非対称山稜。これぞ憧れてきた飯豊の主稜線だ。飽かず眺める。


朝の雨はあがり、展望に期待したが、途中から雲が湧き、杁差岳もご覧の通り。
これはこれで味わいがあるが、やはり遠望が利かないと寂しい。


そして多くの登山者が、これを見るために登るというハクサンイチゲのお花畑。
見頃はもう過ぎてしまったとか。初めて見る目には充分。


サラサドウダン


13:20 大石山発

13:53 イチジ峰とヒドノ峰の中間から雲間の地神山


14:34 滝見場でペットボトルの残りの水を飲みほす。足らない。水分はいつもよりも多めに持ってきたんだが。今後、夏場に行くなら水の補給が課題。


15:43 足ノ松尾根登山口着 大石山山頂から2時間23分。
のどはカラカラ。ヒュッテに着けば水があるだろうと、そればかり考えて歩いていると水場があった。
3.11以来、山の水には抵抗があるんだが、そんなのも気にせずガブ飲み。うまかった。

16:21 奥胎内ヒュッテ着


コメント

6月2日 御神楽岳山開き

2013年06月03日 | 御神楽岳
この処、新聞紙面にも熊に関する記事が多い。
行方不明の男性を捜索していた男性4人が熊に襲われた。行方不明だった男性も熊に襲われたらしい痕跡があった。などという記事を読むと、心穏やかにはいられないが、2日日曜の天気予報は晴れマークがついた。梅雨前の貴重な晴れ間である。大事に使いたい。
どこに行こう?
人の多く登る山なら、熊に遭遇する確率は下がるだろう。仕事の都合で3時ごろ新潟市内に戻りたい。
色々考え、この日山開きの御神楽岳に決定した。帰宅時間が気になるのでいつもより1時間早起きする。
05:00 自宅発
06:50 室谷登山口着
      登山口には阿賀町の職員と思しき男性二人が山開きということで待機している。

      安全祈願の御神酒をいただき、07:10登山口発。
私に続き、男性が車で到着した。私のほうが先に出発し、姿は見えないが、近くに人間が沢山?いるというのは心強い。
それでもラジオはいつも通り大きな音で鳴らすが、登山口からしばらくは電波が入りにくいのか、なかなか局が捕まらない。
FMを77.5に合わせるが雑音。しばらくして79.0で受信した。FMポートである。下越の山を歩いていてFMポートがいつも安定して聞こえるように思う。グローバーワシントンJr.の「Just the Two of Us」など聞きながら。

07:37 御神楽岳まで3時間30分


08:01 御神楽岳まで3時間


08:07 有名な目印?長谷川


08:15 御神楽岳まで2時間40分


大森へ向かう途中、何人かの下山者とすれ違うようになる。
単独の女性は、5時半に登り始めたとのこと。虫が多くて・・・と言い残して下って行った。
早朝、単独で熊は怖くないんだろうか?


09:10 大森

ここで休憩。
道すがら確かに虫が多いと思ってはいたが、立ち止まるともの凄い数の虫が集ってくるのでジッとしていられない。
虫よけスプレーなど何の効果もないようだ。
片手で虫をおいながら、ぐるぐる歩き回りながら水と定番アーモンドチョコを補給。すぐに出発。

見上げる御神楽岳の稜線




雨乞峰附近から飯豊遠望


09:45 雨乞峰から山頂へ向かう稜線からの御神楽岳


残雪と新緑と




タムシバに結ばれた赤テープ

登山口から山頂まで、登山道はハッキリしており、しかも多くの赤テープが懇切丁寧に巻かれ、道に迷う心配はない。
ただ、被写体の中に、赤テープが入ってしまうと、ちょっとねぇ、と思うこともある。
が、このタムシバの白とテープの濃いピンクが妙に綺麗でシャッターを押した。

10:05 山頂着  登山口から2時間55分

御神楽岳山頂は携帯繋がる。ちょっと意外だった。

山伏峰から笠倉山
阿賀野や新発田方面から見る笠倉山とはかなりイメージが違うので、最初はあれが笠倉山とは思わなかった。


山伏峰・水晶ゾネ・栄太郎新道





緑豊かな北西向き斜面と、雪崩に磨かれた南東向き斜面。見事な非対称を見せる山稜。

水晶尾根(ゾネ)・スラブ








まるで滑り台のようなスラブ







貉ヶ森山・日尊の倉山と、本名御神楽へ通じる尾根に刻まれるアバランチシュート
中央右奥に浅草岳







10:42 山頂発


下山開始してすぐの池(水溜り?)の中の卵。他の登山者とカエルかな??と話したが、クロサンショウウオらしい。


石楠花。ツツジ科だと初めて知りました。


オオカメノキ


もののけ姫のエンディングを思わせる芽吹き





12:58 登山口帰還  山頂から2時間16分

初心者向けの室谷ルートでも、山頂から水晶ゾネの荒々しさは、なるほど、「下越の谷川岳」の異名を彷彿させるものがある。
次回はぜひ蝉ヶ平ルート、湯沢の出合いからの眺めを堪能したい。













コメント