ナイス旦那日記

ナイス旦那は新婚なのに嫁をほっとき日々仕事に邁進中。

三丁目の夕日ぃ~

2005年11月23日 21時45分37秒 | 映画
「ALWAYS 三丁目の夕日」観てきました。

この前まで、三丁目の夕日を「ゆうひがおかの総理大臣」と間違ってた俺。夕日しか合ってないじゃん。バカちんでし。

さらに、劇中で、「茶川」竜之介(吉岡秀隆)というキャラが出てくるのだが、初め、文字しか出て来ないもんだから、完全に「芥川」だと読み違え、さらに「古行」淳之介が出てきた時には、ほぉ~、芥川と「吉行」は師弟関係だったのかぁ、な~んてノンフィクション映画と思いこんで作者の「お茶目」にまんまとハマり、遂には「鈴木オート」はスズキ自動車の前身で、これからそのサクセスストーリーが展開されるのかと、勝手にプロジェクトXばりのストーリーを先読みしちゃたりして、もう勘違いしまくり。

『俺もうこの先のストーリーわかっちゃったよ~ん』なんて、横に座ってる奥さんにエラそうに講釈たれなくてホント良かった……。

_| ̄|○ バカニサレルトコヤッタ…

映画はとても良かった。大泣きはしなかったけれども、随所でホロリとさせられた。あの時代で少しだけ、生活をしてみたい、そう思った。

CGを使った昭和30年代の風景はまるでホンモノのようで、実際にその時代に生きた方々なら、あの風景だけで感動なんじゃないかなぁ?

俳優陣の演技もすばらしく、堤真一の昭和のお父さん役、吉岡秀隆の売れない作家役はイイ味出してた。子供達にも大いに笑わされ・泣かされた。

とてもほのぼのとした良い映画。当時を良く知る人と、一緒に行くのもいいんじゃないかと、思う。

( ̄― ̄°)チョットナイチャッタ

そうそう、六子ちゃん役の堀北真希って、ドラマ版電車男の妹役と一緒だったのね~。あまりにキャラが違ってて全然気づかなかったぁ。

三丁目の夕日HP

←よろしければクリックお願いします。

<目次へ>

<みんなのいえ へ>  <有頂天ホテルへ>  <SAYURIへ>  <フライトプランへ>


最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夕陽丘の総理大臣!そうそう、ありましたね。 (akamaty1000)
2005-11-22 19:57:07
三丁目の夕日はいい映画でしたね。観客動員数もいいらいしですよ。

東京小金井公園の「江戸東京たてもの園」や上野の「下町資料館」に行くとナンジャタウンほどお金をかけなくとも懐かしさを楽しめますよ。
江戸東京たてもの園! (ナイス旦那)
2005-11-23 02:20:55
前に江戸東京博物館には行ったことあるんですけどね~。広過ぎてちょっと疲れました。

今度たてもの園にも行ってみます!
TB (劇団セブン staff)
2005-12-01 23:45:09
させていただきました。
あさひが丘の大統領 (にら)
2005-12-02 08:57:38
そんな後番組もありましたね。

ちなみにいずれも、そして「太陽にほえろ!」も日テレ系。

「三丁目の夕日」とあわせて<日テレ太陽族シリーズ>と呼ばれています、って今思い付いたウソです(笑)。



てなわけでTBありがとうございました。
TBありがとうございました! (リト)
2005-12-02 20:25:59
はじめまして、リトと申します。

TBありがとうございました!こちらからもTBさせて頂きました。



『ALWAYS 三丁目の夕日』、とてもあたたかくて、良い映画でしたよねっ。

私も、あの時代で少し生活してみたいと思いました。

確かに、当時をよく知っている方と一緒に見るのも良いかもしれませんね!

Unknown (ゴジャレ)
2005-12-03 06:48:15
TBありがとうございます。私も、古行淳之介と鈴木オートをしっかり勘違いさせられ、ハメラれた一人です。この映画の仕掛ですかね^^
TBありがとうございます! (吉見幸洋)
2006-01-08 18:43:33
TBありがとうございマシタ!



勘違い話



最高デスネ!



爆笑させていただきました~(^^;)



ではまた
TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-08 23:20:52
はじめまして、TBさせて頂きます。

出てくる登場人物がとても魅力的な映画でしたね。

昭和の雰囲気がとても良く出ていて、

なつかしくあたたかい映画に感じました。
TBどうもです (ぎゃむ)
2006-01-08 23:28:52
お初です。ナイスな先読みですね。

読んでいて「なるほど、そういう後日談があったのかぁ」と、ここで勘違いし、しばらく頷いておりました。



_| ̄|○ バカニサレルカナ…



僕は何故か観ていてホットウイスキーが飲みたくなるという不思議な感想を抱きました。

あの時代を知らない僕なりの無意識の解釈なのかもしれません。



十人十色、抱く想いは違いますけどみんなが暖かくなるいい映画でしたネ!
TBありがとうございます (ナッツ)
2006-01-09 02:01:20
トラックバックありがとうございます。すごいコメントとTBの数ですね。うらやましいです。映画『SAYURI』の記事のほうでもTBさせて頂きました。ぜひこれからも自分のブログに遊びに来て下さい。

コメントを投稿