日朝協会「京都府連合会」です。韓国・朝鮮との友好を進める、日本人の団体です。1カ月¥500 841-4316福谷気付

 世界の出来事から日本・韓国・朝鮮の未来を見る。
 皆さんの声を生かして活動を進めます。

「南アジアと繁栄・平和に向けた未来パートナーシップを構築することが新南方政策であり、そのうちインドは中心的な協力パートナー」と説明。

2018-07-09 | 文 在寅 韓国大統領情報

「善意の措置」で南北米の平和プロセス推進=文大統領

2018/07/09 09:30

【ニューデリー聯合ニュース】インドを国賓として訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日までに、現地の英字紙タイムズ・オブ・インディアとの書面インタビューで、「われわれ(南北と米の首脳)に与えられた課題は南北と朝米(米朝)首脳会談の合意事項を早期かつ完全に履行すること」として、「率直な対話や善意の措置を通じ、朝鮮半島の平和に向けたプロセスを揺るぎなく推進していくこと」との考えを示した。

世界最大のヒンズー教寺院のアークシャルダーム寺院を訪れた文大統領=8日、ニューデリー(聯合ニュース)
世界最大のヒンズー教寺院のアークシャルダーム寺院を訪れた文大統領=8日、ニューデリー(聯合ニュース)

 文大統領は「インドは多くの若者が基礎科学・ソフトウエア分野で頭角を現しており、韓国は優れた製造・商用化技術を持っている」とした上で「ICT(情報通信技術)・ソフトウエア・エネルギーはもちろん、未来カーや宇宙分野まで共同研究や優秀人材の交流が拡大すると思う」と期待を表明。「両国が共に新成長エンジンをつくり上げ、第4次産業革命時代をけん引していくことを望む」と強調した。

 また、自らが掲げている「新南方政策」に触れ、「南アジアと繁栄・平和に向けた未来パートナーシップを構築することが新南方政策であり、そのうちインドは中心的な協力パートナー」と説明。「両国が手を結び、域内の危機と挑戦要因を効果的に管理し、機会要因と共に活用することを期待している」と呼びかけた。

 8日にインド入りした文大統領は11日まで滞在。同日シンガポールに移動し、13日に帰国の途に就く。

kimchiboxs@yna.co.kr

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年2月にオーストラリア大使... | トップ | 朝米関係を戦争から平和に転... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文 在寅 韓国大統領情報」カテゴリの最新記事