旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

風を感じて! Loveland, Island

2022-09-03 | 単車でGO!

 盛夏の名残りを感じたいと湘南をめざして来たけれど、湾岸を走るうちに青空は薄曇りに移ろってしまう。
稲村ヶ崎から三姉妹の女神の島「江ノ島」を望む。古くから景勝地は夏のあるいは海の代名詞的なスポットだ。

ガタゴトと緑の電車が走っている。稲村ヶ崎から由比ヶ浜の間で江ノ電1000形とコラボレーション。
喧騒の海岸線をちょっと離れると案外静かな鎌倉がある。迷惑をかけない程度に風景の中に溶け込んでみたい。

田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)を祀る辺津宮は源實朝の創建、大河効果でちょっとしたブームか。
境内の奉安殿には八臂弁財天に並んで、琵琶を抱えた妙音弁財天が美しい裸体を魅せている。

江ノ島には美しい天女に一目惚れした五頭龍(龍口明神社)の伝説がある。
龍宮大神をお祀りする龍宮から丘に上がると、弁財天と五頭龍の伝説にちなんだスポット「龍恋の鐘」がある。
鐘を鳴らして金網に南京錠をつけると永遠に結ばれる。らしい。ちょっとその愛、重くないですか?

そんなことで、江ノ島も奥津宮辺りまで上ってくるのは若いカップルが多いようだ。
そうした二人連れに混じって江之島亭、富士山と湘南を望む絶景が見えるはずの窓際も今日は残念な眺めだ。

“生しらす” をのっけて “海鮮丼”、たっぷりと溶いたわさび醤油を垂らしながら、相模湾の幸が美味しい。
賑やかな8点盛りをアテに生ビールを呷りたいところだけれどそこはお約束、この旅の小さな我慢なのだ。
あの酷暑がなんだか懐かしく感じる週末、お腹を満たしたらzの鼓動を感じながらLovelandを後にするのだ。

<40年前に街で流れたJ-POP>
Loveland, Island / 山下達郎 1982



最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (1-102popra)
2022-09-04 09:09:15
おはようございます😌
江の電とバイクのコラボが「旅」を感じさせますね🎵
来訪コメントのお礼と今朝のMyブログにお誘い~ (ひろし曾爺1840)
2022-09-05 08:24:36
◆👴◆お早う御座いま~す!
💻先日は✍コメントや応援👍を有難う御座いました✌で~す!
@☺@腰痛で皆様の所にお伺いがいしゆっくり見せて頂くのが遅くなりますがお許しくださいネ!
*👴*今日ももMyblogは投稿しておりますのでお越しを楽しみにお待ちしていますネ。
🔶それではまた明日!👋・👋!
Unknown (呑み人)
2022-09-06 21:35:53
@1-102popra popra様、こんばんは。ほんとですね。
なんだか随分と遠出をしたような気分になります。
これから、呑まない旅にもご期待ください。
Unknown (呑み人)
2022-09-06 21:38:03
ひろし曾爺様、こんばんは。
なかなか平日はお邪魔できませんが、
楽しんで拝見しております。
Unknown (馬鹿も一心です。)
2022-09-11 07:28:01
いいですね!
私はその近くの高校を卒業。
劇画 スラムダンクの高校ですね。

https://blog.goo.ne.jp/kikuchimasaji/e/4466a1c1cf210ddde9701931f01def25
Unknown (呑み人)
2022-09-11 21:43:10
馬鹿も一心 様、こんばんは。
過去記事を拝見しました。
大らかでバンカラな高校時代ですね。
鎌倉も七里ガ浜も、この環境での3年間は
アニメを見ている世代には憧れでしょう。
相棒を手に入れて、私も湘南を訪ねる機会が増えそうです。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。