さ ん ぽ 道

みぢかな自然をデジカメ散歩♪
(since Dec4,2004)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

屋上庭園から

2018年07月30日 | その他

自然の猛威には勝てないとつくづく思います。

台風前に2,3日過ごしやすい日があったと思ったら、台風が過ぎ去るとまた耐えきれないほどの暑さです。36度と言ったら人間の体温で、40度と言ったら、お風呂の熱さです。地球上はどうかしちゃったのでしょうか?これだけ文明の恩恵にジャブジャブ浸っていればそれもそうかな思ってしまいます。

「KITTE」ガーデン(屋上庭園)から東京駅の午後の一風景です。

近くにいながら、屋上庭園があることも初めて知りました。

高層ビルが乱立する中に古風な日本工業倶楽部もかすかに見えました(左上茶色の建物)!

駅の中は混雑していましたが、外は暑さのためか人影はまばらでした。

KITTEビルの1FのMary's caféで冷たいチョコドリンクが美味しかったぁ~~ほッ!!

コメント

この時期紫陽花見ずして

2018年06月17日 | 植物

15,16日はもう寒くて、寒くて、冬物の上着を引っ張り出したほどです。今日昼頃から通常の陽気に戻ってほっとしているところです。

梅雨の時期、紫陽花の花が目を楽しませてくれます。あちこちのお寺の境内には紫陽花が今を盛りと咲き誇っています。昔は日陰の、薄暗い場所に植えらた地味な花でしたが、今は改良されて大輪で華やかな花になっています。

鎌倉の明月院のように有名な花寺ではないですが、真間にあるお寺の境内の紫陽花のある風景です。

 

コメント

真っ赤な花のアメリカディゴの街路樹のある街へ

2018年06月05日 | 自然

昨日今日と夏日が続きます。この調子では真夏の暑さが思いやられます。

新浦安は昔子供が住んでいたので、よく訪れた街並みです。マリナーゼとかもてはやされた時代もありましたけど、震災でそれもあっけなく・・・。今日、思い立って出かけてみました。

 

新浦安の駅を降りて海のほうに向かってしばらく歩くと、真っ赤な花をつけたアメリカディゴの街路樹が人の目を引きます。

いつ来てもこの辺りは南の国へ来たようです。

 

ディゴの花が咲いているなら、ジャカランダの花も咲いているかもと・・・

ちょっと早目だけど咲いていました。まだ若い木なので、大木になるのが楽しみです。

大きな木になっているフェイジョアの花も咲いていました。花びらを食べると甘かったです。

実のなるのが楽しみです。

 

ブラシノキの大木がありましたが、花は終わりに近かった。

ヤマモモの大木の実が赤くなり始めていました。

実は熟し手も誰も採らないでしょうね。

 

コメント

ファミリーバザール

2018年05月27日 | その他

岩本町・東神田で開催されていたファミリーバザールに行ってきました。

昔、昔のその昔、この近くで育ったので、今はすっかり変わった街並みとなっているけれど懐かしい。

 

昼少し前に着いたのだが、本日の目的であるスカイツリークルーズの乗船券を購入したラッキー 大人800円なりぃ

乗船の時間 午後2時45分には間があるのでぶらぶらした。お買い得だらけなのでついつい財布などを買ってしまった(^_-)-☆

いよいよ和泉橋から乗船。屋形船「三浦屋」の掘りごたつ式なので足を延ばしても大丈夫。船内は冷房も効いてほっとする。

神田川に和泉橋、三倉橋、左衛門橋、浅草橋、柳橋 そして墨田川と合流する。

柳橋をのぞいて、昔はよく歩いた橋なのですご~~く懐かしい。

ボランティアのガイドさんが丁寧に、ユーモアを交えて説明して下さるのがうれしい。

蔵前や厩橋の名前の由来など、そうだった、そうだったと思いだしたりして・・・

スカイツリー付近では船上のデッキに上がって風景を楽しんだ。幾度となく見ている風景だが、そのたびに楽しいのは何故だろう・・・・

 

奇抜なデザインだなぁと眺めていると、すかさずボランティアの方が、TOKYO CRUISEの水上バスで、松本零士氏がデザインした「ヒミコ」と「ホタルナ」だと説明して下さった。

 

東京都公園協会が運航している水上バスの「こすもす」とおなじみのアサヒビール本社のキントン雲

和泉橋から乗船して神田川から隅田川と合流して浅草付近まで行き、取って返して約一時間のクルーズでした

6月初めの土日も開催されるので、いらしてみて下さい。

 

コメント

新緑を求めて

2018年05月19日 | 自然

新緑を見たいな~~、温泉につかって、たまには上げ膳据え膳でゆっくりしたいと、姦で鬼怒川へ行ってきました。

 

下りの階段でフーフー言いながら、虹見の滝へ。流れ落ちる滝の音と新緑が空を覆う。

小雨がぱらつきましたが、茂った葉が傘になり、濡れずに済みました。

昔から川下りは大好きなので、鬼怒川のライン下りも体験してきました。乗船最終時間は料金が半額になるのでお得です。それに50周年記念だとかで、船頭さんの被る笠(現物の半分ほどの大きさですが)が付きました。土産店では600円で売られているとかで、お得感がいや増しました

奇岩がそちこちにありますが、あっという間に通り過ぎてしまいます。岩がゴリラに似て見えますか?

 

景色も上々でしたが、船頭さんの態度がいただけなかったです。冗談のつもりでも乗客を不愉快にさせてはいけません

 

下船した場所にホオノキの大木があり、花をつけていました。花は初めて撮ったような気がします。

 

 

家事から解放され、新緑に堪能できた三日間でした。

 

コメント

センダンの花

2018年05月09日 | 植物

今まだの温かさが嘘のように3月の陽気に戻った昨日5月8日、今年初めて数羽のツバメを見た。信号待ちしている人たちのまわりを何回も行き来していた。

夜来の雨が昼頃までだったが、昨日より寒い。

センダンの花が終わりかけていた。風に吹かれてざわざわと音を立てていた。

個人的には藤色を帯びた小さな花の形が好きで、この時期さがし歩きます。

「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」とよく言われるが、それとは別種なのでややこしい。

去年の橙色の実が根元にたくさん落ちていた。

 

コメント

ベニバナトチノキの街路樹

2018年05月05日 | 植物

東京、台東区の鳥越から浅草橋にかけての道路で、大木の街路樹がピンク色の花をつけていた。

初めて見たので思わずバイクを止めてスマホでパチリ。

上向きに咲く花はどこかクズの花に似ている。

 

 夏は強い日差しを遮ってくれるだろうなぁ・・・・

秋にはどんな実をつけるのだろうか?・・・・

コメント

ふわふわ、もわもわ

2018年05月02日 | 植物

昨日、遠くからでも目立つ、真っ白のふわふわしてもわもわした木が目についたので、今日はデジカメを携帯して歩いた。

ふわふわ、もわもわが、今日は開いた感じ。まだ若い木だけど、よく目立つ。

もしかして、これが噂の(?)「なんじゃもんじゃの木」?

たまにはいつもの道とちがった道を歩くと新しい発見があるものだ

 

追伸:翌日、ふわふわ、もわもわがぐんと少なくなって、もう花は終わりかけていた。

コメント

黄色や白の花が

2018年04月27日 | 植物

キショウブが群生となって咲き(在来種を駆逐してしまうので嫌われるが)、

頭上には、ミズキやヤマボウシの花が真っ盛りです。

アリが自分の体の大きさの獲物を運んでいました。まさかヒアリではないですね(ヒヤリ!?)。

コメント

カメムシ

2018年04月22日 | 自然

ヨコズナサシガメを見つけた。

シマサシガメかと思ったが、肢が白黒ではないことと、体のまわりの白黒のフリルがあるのでヨコズナに違いないと。

それにしても頭部が細長いなぁ~~

 

コメント

今日の収穫~えっ!シュン・・・?!

2018年04月21日 | 植物

24,5度という4月にしては暑い今日は、木陰を吹き抜ける涼風が気持ち良い。

昨日とは違う道を歩いてみた。

ブルーが眩しいようなカワセミが餌を狙っていた。ポチャン、狙った餌を鱗の生え方に逆らわないように頭から飲み込む。

飛び込む瞬間と餌を飲み込むところを撮りたかったが、間に合わず(;´д`)トホホ

 

お~~っ!やぶのあちこちにキンランが咲いていた。たまに日が差す場所が好みらしい。

 

キンランを撮っているとあそこにシュンランがあるよと親切にも教えてくれた方がいた。道から外れた場所なので見つけにくい。鉢植えでは見たことがあるが、自然の中では初めてだ。しかし草木が邪魔になって、撮りにくいことったら。

 

コメント

キンラン 二日目

2018年04月20日 | 植物

昨日は夕方だったので、午前中早めのお散歩を開始早々に、キンランの花が咲いている場所を目指した。

昨日花弁は少し開いていたが、今朝は花弁が半開きだったので、花弁は5枚とはっきりわかる。

 

藤の花も盛りだが、まだまだ房は伸びるだろう。

 

コメント

キンラン

2018年04月19日 | 植物

夕刻の散歩道で、キンラン出会いました。毎年散歩道のどこかでキンランに出会います。

一メートルほど離れた場所には茎が切られたものがありました。根こそぎ採らないだけ良心的なのでしょうか・・・

 

コメント

ユリカモメも夏姿に

2018年04月14日 | 野鳥

真っ白な冬羽のユリカモメの姿には見とれてしまうほどだが、今日、川で見かけたユリカモメの頭部は夏羽に換羽して黒色になっていた。

遅くも5月までにはユーラシア大陸ななど北とへと飛び立ってしまうから、この姿を見ることができるのもそう長くはない。

 

コメント

ムベなるかな

2018年04月11日 | 植物

ムベの花が今、満開でした。

ムベで変換したら「郁子」が出てきたので、一寸ビックリ。一つ覚えました。

「郁子」をすぐムベと読める方は博学ですね。

秋にアケビのような実がなるのですが、誰も採りません。鳥も食べないようです。

確かに実を割ると種ばかりで、種の隙間のうすーい果肉(?)だけを食べるのは苦労のわりには不味いです。

コメント