gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

原発の廃炉費用を国が持つよう電力会社が国に働きかけてます。

2014-06-27 22:46:10 | 日記
原発の廃炉費用を国が持つよう電力会社が国に働きかけてます。その言い分は廃炉費用を持つと経営出来ないとのことです。これは言わずもがな原発の廃炉費用を持つと電力会社がつぶれるからです。これを見ても原発が安い発電ができるというのは大嘘です。電力の供給が新電電でも出来ることになって、このままでは新電力に負けるから原発の廃炉費用を税金で処理しようとしているのです、これは原発が安いというのは廃炉費用とか事故の後始末代が予算にに入ってないことです。それらを費用に入れると原発の発電費用は安くないのです。これこそ原発の後始末を国にすなわち税金で処理せよとのことです。これは原発は高くつくことを認めている事で、原発の再開を望む電力会社の方針はなぜなのかと思います。高い原発を再開する意味が分かりません。電気の供給は黒潮で海流発電すれば日本の電気は十分賄えます。原発の再稼働は意味がありません。費用の件で高いものに付くのに原発をなぜ再稼働するのか」いみがありません。
コメント   この記事についてブログを書く
« 農業の進歩に | トップ | 日本が生き残る道 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事