gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

今でもできる新水力発電

2021-05-12 14:23:31 | 日記
大きな水力発電の下の滝つぼで直径100メートル、水深25メ-トルの池を2個作り、その取水口を発電ペラのすぐ下に設け、これでその池の浮体を浮沈みさす、浮体の大きさは直径100メートル、それを1時間に4回浮沈みさす、其れで取れる電力は浮体の重さ50メ-トル×50メ-トル×3.14×20メートル=157,000トンこれをgにすると157,000,000,000g、1ジュ-ルは102gの物を1メ-トル持ち上げる力ですから、これを102で割ると1,539,215,686ジュ-ルでそれに水位差5メ-トル取れれば、この数の5倍7,696,078,431ジュ-ルです。電力は1kwhは3,600,000ジュ-ルです。7,696,078,431÷3,600,000=2,137.8kwhです。これを1時間に4回浮沈みさすので8,551kwhです。これに池2個ですから17,102kwhになります。これは実際にある浮力のエネルギ-でこれを電気に取り出すまでには40%位のロスを考えても。1万kwh取れることになります。これは風力や太陽光とは違い24時間ず-と発電が続きます。ただ建設費がいくらかかるかは私にはわかりません。でも採算点には足りてるのではないかと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« 緊急事態宣言が飽き飽きでも... | トップ | ワクチンは2回打たないといか... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事