gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

色素増感型太陽光セルがあるらしい

2019-11-11 09:41:59 | 日記
太陽光から電気取る方法で色素増感型というのがあるらしい、これを印刷で作ろうとしてるらしいがこれ印刷で出来るならひとつのセルを5mm平方くらいにしてそれを1枚10cmくらいに仕上げれば何とかなるのでは。セルの大きさ5mm四方にするのはセルを大きくすると出力が小さくなるとのことで実験価では5mm四方にすると最大価が出ているようなのでこの大きさで印刷すると仮定して、下シ-トをセルロ-ズナノファイバ-を敷きその上をさっきの5mm四方に仕切った上それを直列に繋いだ形に伝道性ペンキを塗りその上に黒鉛は5mm四方のところだけを塗り、そこに電解液になるものを塗り、その上に二酸化チタンを塗り重ねその上に伝導性ペンキを先と同じ形で塗り、その上を透明なセルロースナノファイバーを前面全面に塗り伝導性ペンキから電気が漏れないよう塗り固める。これをたくさん作って壁や屋根に張れば色相素増感型太陽電池セルができる。
コメント   この記事についてブログを書く
« 香港が解決しなければ米中貿... | トップ | 電力会社大競争時代 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事