gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本国の財政を守るには

2021-10-12 10:24:38 | 日記
日本国の財政を守るには資産税を取って財源を確保して、今与野党が提唱してる、ばらまき政策をするか、それとも国債を出し続けてばらまき政策をするか、どちらにしても資金を低所得者に移さないと貧富の差が大きくなりすぎた。これを均す手を打たないと日本の経済はようならないと思います。金持ちの金の使い方は儲かった金の大半は資産投資に向かいます、消費財に向かう金は儲かった金の一部です、其れに比べ低所得者の金の使い方はほとんどの収入は消費財に消えます。それに低所得者はもっと消費財に出資したいのですが金が無くて消費に回せません、そこで低所得者の収入を少し上げただけで消費が増え日本のGDPが増えます。しかし金持ちが幾ら儲かっても消費財の消費には少ししか回りません。それを考えても日本の経済日本のGDPを上げるには低所得者の収入増の影響が多きことが分かります。でもこの前のコロナの10万円は消費に回ってないそれは社会保障がしっかりしてないから非常時の緊急用に少しは溜めておかなければと溜めた人がいるが使い果たして足りない人もいるはずです。そのように低所得者に金を回せばGDP画布から見国は豊かになります、でも其のばら撒いた赤字をどう埋めるかですけど。税金をたくさん取って埋める方法と国債を出して億歳で穴埋めすr方法とがあります。今どの政党も国債で穴埋めと言ってますが国債で穴埋めてると、いまではも払えないのではと言う人も出てきています、このまま毎年国債で穴埋めしてたら払えなくなります。その時どうなるかと言うと今の日銀を廃止し、今の日銀券即ちお札を廃止し円が使えなくなり、新し新日銀が新しいお札新円をは行して昔のお札をチャラにします。昔の円は使えなくなり、新円に切り替わりお金の価値が変わってきます、旧日銀がなくなることでそこで発行していた国債は借主が居なくなり払ってもらえません、そう踏み倒されるのです。そんな事が起きないよう税金を高くして税金で国債を払ったが方がよさそうだがそれでも低所当社は税金までは手が回らん、そこで不動産や預金、株等の資産に税金ををかける資産税と言うのがるのです。これを使て高額資産者に税気を払てもらって国債を払おうと言う意見も出ています。でも今度の選挙の公約には資産税を唱える政党はありませんでした、皆が嫌がる政策は唱えられない、しかし今皆が嫌わない政策国債で払う政策はのちに日銀を潰す大混乱を起こす政策なのです。もっと日本を考えた政策を出す政党が出るといいですね。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 財務次官の言ってることは事... | トップ | 日本が脱炭素化にダッシュす... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事